スピリチュアル

逆エンパスが嫌われる無意識の言動|実は人を恐怖に陥れているかも

エンパスの中でも逆エンパスと言われる気質があります。

逆エンパスはエンパスとエネルギーの保持形態が異なり、自分のエネルギーを他者に押し付ける状態があります。

言い方を変えるとエネルギー量が強いのですが、他者を自分の空間に取り入れてしまうほどのエネルギー量である特徴があり、気付くと自分の独断場となっていたりします。

すると無意識で何もしていないのに、周囲の人は逆エンパスの影響を受けて、心理を揺さぶられ、勝手に好きになったり嫌いになることがあります。

ここでは、私自身の経験と共に逆エンパスの人が嫌われる理由についてをお伝えします。

いささか、勝手に起きていることなのですが、見えない世界では気付かぬうちに他者を巻き込んでいます。

見えない世界での出来事とは言え、無意識の言動として他者との関わりにて心苦しめることをしていたりするため、「そこを自覚して意識できたらいいな」ということで、私の知っていることをまとめます。

逆エンパスとは

エンパスとは何者か?

初めに、エンパスについてを見ていきましょう。

エンパスは逆エンパスとは少し違います。

エンパスとは、感受共感力の高い人のことです。

大きな特性が3つあります。

  • 共感力が高い
  • 感受力が高い
  • 敏感性が強い

共感力から、自分以外の状態にも共感や感情移入します。

感受力から、自分以外の他者の感情や心情や意図を感じて理解します。

敏感性から、自分の感覚感受以外にも、波動やエネルギーを感じ、さらに他者のも同様に感じます。

感受共感力が高いことから、周囲にいる人の状態を感じ取るために、まるで自分のことのように目の前の人のことがわかり、感情も心情も読み取り、嘘を見抜き、思惑も企みもお見通しです。

素敵な能力のように見えますが、相手の状態や状況をそのまま受け取ることで、自分は健康でハッピーハッピーだとしても、突然奈落に落ちたかのような、ズーン感や喪失感を受け取ります。

また、周囲が幸せでポジティブな状態では、元気がなかったとしても、「なんか心が軽くなってきた」と、とにかく周囲の影響を受けやすく、非常に疲れやすくなり、忙しない状態で生きることになります。

※エンパスの詳細は、エンパスの特徴は全部自意識の強さ|感受力にスピリチュアルな不思議 をご覧ください。

エンパスの特徴は全部自意識の強さ|感受力にスピリチュアルな不思議エンパスとは共感力と感受力を持つ人のことで、心理学の概念とスピリチュアルの概念にて捉え方が分かれています。 エンパスの特徴はさまざ...

 

逆エンパスとは何者か?

エンパスとは別に逆エンパスがいます。

逆エンパスも同様に感受共感力が高い人のことで、定義としては同じです。

しかし、エネルギーの保持形態と使用方法が違います。

  • エンパスはエネルギーを受信する
  • 逆エンパスはエネルギーを発信する

受信か発信かの違いがあり、エンパスは他者のエネルギーをそのまま自分のものかのようにして、他者のエネルギー空間に自分が入れられる状態です。

言い方を変えると、感受共感力にて“同情”をすることで他者の世界に巻き込まれ、介入させられます。

逆エンパスは反対にエネルギーを発信しているため、他者に巻き込まれることはなく、自らのエネルギー空間で他者を飲み込みます。

そこには、“同情”か“共感”か、飲み込まれるか飲み込むかの違いがあります。

  • エンパスは同情にて他者の世界を読み取る
    ※同情とは、相手と同じ気持ちになり、情を合わせること。
  • 逆エンパスは共感にて他者の世界を読み取る
    ※共感とは、相手の感情を自分として理解する

どちらも、無意識に自然と他者を理解してしまいます。

エンパスも逆エンパスも気付くとドーンと沈む気持ちになっていて、目の前には超ネガティブな人がいたりします。

 

逆エンパスはエネルギー量が強く、自分のエネルギーを押し付ける

相手の感情や心情を自分のもののように感じてしまう感受共感力が高いことから、周囲の人の状態が自分のことのように感じ、嘘や真意を本人のように理解しています。

どんなに無表情で決めていても、焦らない振りをしていても、真意として汗だらだらで焦っていることを理解してしまいます。

嫌でも理解してしまうのが、エンパスと逆エンパスです。

逆エンパスは自分の世界を主観にしたまま、目の前にいる人を自分の世界に入れ込めます。

それは、自分のエネルギーを押し付ける行為ですが、無意識なのでどうしようもありません。

相手のことを理解してしまうことで、関わる際に真意と実際の行動のギャップがあると、「えっ?!なんで、本当は超絶にやりたくないと思っているのに、笑顔でお手伝いとして机運んでいるんだ?!」と思ってしまいます。

逆エンパスは自分の世界を主観にしているために、このように他者を読み取っておきながら、自分の意見を持ちます。

すると、無意識に他者の世界に干渉しています。

例えば、エンパスの人は他者のエネルギー空間に飲み込まれるので、自分の世界がそこになくなります。

すると、他者の世界が主観になるので、自分の本意ではないネガティブな状態に巻き込まれると、プリンを食べてルンルン気分だったにも拘わらず、急に「ゾーン、この世の終わりだ、ガーン」と気が落ち、気付くと目の前には振られたばかりの友人がいるじゃない、となっています。

しかし、逆エンパスはそのような同情で巻き込まれることはなく、自分を主体にして共感をします。

さらに相手に飲み込まれるどころではなく、飲み込んでいます。

そのため、目の前に振られたばかりの友人がいれば、自分がルンルン気分なのに、どこかで嫌な感覚を感じています。

「なんだこれ?!メチャクチャハッピーな気分なのに、同時に心地悪い感覚が心のどこかにあるぞ??」

「原因発見!」と目の前の友人を見る、そんな感じです。

すると、他者に嫌悪感を持って口が悪くなったり、攻撃的になります。または、自己嫌悪に陥り、自己否定や非難します。

共通して、他者の影響を基に生きることとなり、ポジティブな人といれば人生は幸せで何も考えることがなくなり、ネガティブな人といれば否定や批判や非難して、愚痴や文句を言いながら生きます。

逆エンパスは常に自分を主観にして物事を感受するために、自分の意見を持った上で他者のエネルギー状態を感じ取る
※自分を主観にして他者の影響を受けることに嫌われる理由がある

自分が主観であることを見失わないほどエネルギーを多く持ち、自分という存在が飲み込まれて消えることがないため、他者の状態を読みとった時に、他者にとって引っかかる言動をすることになります。

それが、他者の心理を揺さぶり、嫌われる理由を作ります。

※逆エンパスの特徴は、逆エンパスの幸せは明確な線引き|エネルギーの活用で気楽に生きる をご覧ください。

逆エンパスの幸せは明確な線引き|エネルギーの活用で気楽に生きる感受共感性が強いことで、他者の感情や心情の意図を読み取り理解する。 心理とスピリチュアルから見出される“エンパス”という気質があり...

 

逆エンパスが嫌われる理由

ここからは、逆エンパスが嫌われる、見えないところでの心理的な揺さぶりと理由をお伝えしたいと思います。

ちょいちょい私の経験も挟みますので、もしご自身の経験もあれば比較してみてください。

同一の経験があれば、最後に嫌われることの意味や理解をお伝えしているので、ぜひ読んでみてください。

逆エンパスは目立つ

初めに、嫌われる理由の前提理解として“目立っちゃう”状態があり、目立つ人は好かれたり嫌われたりが頻繁になります。

逆エンパスはエネルギー量が強く、他者を巻き込むことから目立ちます。

勝手に目立ちます。何もしていないのに常に中心的な立場にいます。

それはエネルギー空間を広げて、周囲の人を自分の世界に入れ込むからですが、本人は無意識ですので、そんなことしているとも思っていません。

逆エンパスは感受共感力があるために他者の状態を感じ取りますが、知らずの内に空間に取り込まれている周囲の人達も実は影響を受けています。

感受共感力がないので感じてはいませんが、エネルギーフィールドに入れられているためにアウェイ感があり、無意識の領域で何かを感じています。

それが、「あいつ(逆エンパスの人)、なんか気になる」という感覚です。

 

逆エンパスは知らずのうちに噂の中心

みんな感じています。

「あの人、静かなのに何かありそう」

そして、逆エンパスの人は感じます、「なんか見られているような気がする…いや、気のせいだ」

その内、「人って他人に干渉するな、みんなもこんな風にジロジロ見られているんだろうな」と思い、恒常化しようとします。

しかし、友人に言っても、「そんな見てこないよ、気のせいでしょ、自信過剰、はは」となり、疑問は深まるばかり…。

知らない所で噂され始めます。そして、勝手に好かれたり、嫌われたりします。
「あの人は明らかな冷たい視線を送ってくる、一回しか話したことないぞ、何した私?!」

えぇ、人間不信です。煩わしくなってきます。
「一体なんやねん、勝手にやってんなや」と。

なぜかリーダーにさせられます。目立ちたくないと心掛けていたのに、なぜか役回りも目立つようになります。

周囲の人の気持ちがわかってしまうので、なるべく人と関わらないようにもします。避けて影響を受けないようにします。

しかし、見えない所で常にエネルギーの影響を与えるために、常に中心的な立場になり、目立ちます。

そして、嫌われていく理由がジュワジュワ出てきます。

 

逆エンパスが嫌われる理由

それでは、逆エンパスが嫌われる理由を順番にご覧ください。

1、疑問が多く、納得に時間がかかる

逆エンパスは懐疑的で、「どうして?」と思うことが多く、質問や疑問が多いです。

自分の意見があるので、他者に比べるとすんなり納得しません。自分の世界の認識に当てはめて理解しようとするので、他者が言っていることや教えてくれることを受け入れるのにワンステップ多い。

 

2、納得いっていない感が隠しきれていない

納得しないと受け入れません。

やむを得ず受け入れる時も、「仕方ないな」という思考があり、不満がなくても“納得いっていない感”が真意として周囲に伝わっちゃいます。

それはエネルギー空間としても伝わっていますが、実際、顔にも表れています。

先生や先輩など、物を教える側の人にその感じが伝わるので嫌われます。

 

3、嘘をついている事実を遠回しに本人に伝えている

周囲に嘘をついている人がいる場合、それを無意識に理解しているために、「この人は嘘をついている」という認識を持ちます。

その状態で嘘をついている張本人と関わる場合、「嘘ついてますよね?」という無言のプレッシャーが言動に反映しており、行動や会話や話し方にスムースに行かない引っかかりを相手は感じ、「あれ、なんかおかしいことしたっけな?」と疑心暗鬼にさせてしまいます。

本人は嘘をついていることを自覚して、それを隠しているので心理として、「バレたくない」と思っています。

そこで、ニヤニヤしながら関わるような印象があり、「嫌なことを握られた」と勝手な推測をさせてしまい、嫌われます。

 

4、主導権を握られているように周囲に感じさせる

目立ってしまい、感情や心情を理解することから、人と接する時に相手にアウェイ感を感じさせます。

それは、「主導権を握りたい」と思っている人に限りますが、アウェイ感を感じることで既に自分にとって不利な状況が作られるために、勝手に“敵だ”、“邪魔だ”と思われます。

存在感があるので、いるだけでそのように感じさせてしまい、エネルギー空間の無意識の理解にて嫌われます。

 

5、本人の見たくないものを見せている

逆エンパスは他者と関わる際には相手の真意を感じ取り、心の中を見ている状態です。

すると、本人が隠している部分も見えてしまうために、関わりの中で意識しないと、気付かぬ言動としてその状態を鏡の反射のように伝えてしまいます。

給食の時間に、「えっ、なんでミルク飲まないの?」と疑問を逆エンパスは思います。
他の友人が、「ミルク嫌いなんでしょ、結構いるよ飲まない人」
飲まない張本人は、「まぁね、お腹弱いから飲みたくない」

逆エンパスは、「あっ、この前ミルクこぼした時に“お漏らしだ”ってからかわれたからだ、嫌われたくないんだ、怖いから飲まないんだ」と言います。

「ち、っ、ちげ、ちげ、ちげぇええ、ちげえよぉ!」となります、はい嫌われます。

真実は時に心臓をむしり取られるような苦しみがあります。

もし言っていなくても、「隠していることを知っています」という関わりになり、それが無意識であればあるほどに、真意との矛盾を相手に伝えています。

その際、意識的に相手が隠している心の内を紐解き、意識的に隠していることを露わにしないようにすることで相手に嫌われることはないのですが、無意識であればあるほどに自然な行動として、「あれ、これを受け入れないで受け入れたように振舞ってるんだ」と顔に書いて伝えるようなことになります。

 

6、恐怖を抱えている人に恐怖を与えている

上記の隠すことに繋がることで、自分を偽り、虚勢を張り、恐怖を抱える人ほど攻撃的で排他的になります。

本来の自分の姿を見ないようして偽りの中で生きているために、自分を見せられるようなことや、自分自身が偽っていること、恐れていることを感じさせる言動をすると嫌われます。

逆エンパスはその偽りが見えてしまうので、「オラオラオラ」といきっている人の心を刺すような、「ねぇねぇ何が怖いの?」というような視線を実は送っています。

逆エンパスの空間に入れられているので相手は嫌でも気付き、気になって仕方なくなります。

「否定されることを恐れる」「自分を露わにできない」「心の傷がある」「事実を認めたくない」など、恐怖から逃避するために考え方や生き方を作って生きている人に、“見抜かれている感”を与えます。

それは本人にとっては、自分の築き上げてきたものを壊される恐怖になり、自分の見たくない事実を見せつけられる恐怖となり、距離を置く防衛策として一方的に嫌われます。

もはや、「やめてあげて」と言いたくなるほどです。

 

7、エネルギー量が強いために反発が起きる

逆エンパスのエネルギーの強さは、波動が高いという言い方をします。

波動が高い人と波動が低い人は、波動状態やオーラの反発が起きます。

波動が低い人とは、自分を偽り、恐怖に苛まれている人で、エゴの強い人です。

自分で自分を認識できない人でして、エゴによって他人と区別したり比べることで自分を見出す人で、“自分が完全にない人”、“自分を見出す意志”がない人には、エネルギーが見合わないことから反発して嫌われます。

そのような人には逆エンパス自身も違和感を感じて、「関わりたくない」と思っていたりします。

 

逆エンパスが嫌われる理由 まとめ

一覧はこちらです。

逆エンパスが嫌われる理由一覧
  1. 目立つことで言動が気になる
  2. 疑問が多い、納得に時間がかかる
  3. 納得していない様子が露わ
  4. 嘘がばれていることを感じさせる
  5. 主導権を握られないことへの憤りを与える
  6. 隠している恐怖心を見せつけられる
  7. エネルギーの見合わない反発

見たくないからこそ隠す決意をしたのに、それを見せつけられることで強引に自分を露わにされます。そこで、自分自身を受け入れる準備が整っていない人にとっては、嫌なことをされている状態となり、嫌われます。

 

逆エンパスを嫌う人の共通点

逆エンパスを嫌う人には共通点がいくつかあります。

  • エゴが強く自分で自分を見出せない人
  • 恐怖から逃げる生き方をして自分を偽る決意をした人
  • 攻撃性を持ち、自分の存在価値を他人を利用して見出そうとする人
  • 嘘をついて生きている人
  • 認めてほしい、褒めてほしいと思っている人

全てに共通するのは、エゴを主体に生きていること

逆エンパスは真実を見せてしまいます。そのため、自分を偽り隠し事をする人に嫌われてしまいます。

目立ちたい願望があり、優越感やプライドを持ち、他人の評価や反応を何よりも大事にして、認めてほしいと思う人にとって邪魔な存在にもなります。

 

逆エンパスが嫌われるキーワードは『勝手に』

嫌われる理由を見ると、「知るかよ!」という一方的に嫌われている状態です。

逆エンパスが嫌われる話には、「勝手に」という言葉が欠かせません。

勝手に嫌われ、勝手に嫌い、勝手に真実を明かし、勝手に嘘をついていることを間接的に伝え、勝手に心理を揺さぶり、勝手に恐怖を感じさせ、勝手に目立つポジションを奪われ、勝手です。

人間は勝手ですね。

ですが、真実を暗ませ、事実を捻じ曲げ、真相を猫じゃらしという具合が世の常という人も存在します。

そのような人には、真実を見せる逆エンパスの存在は眩しい障害になり、ちらつくハイビームのように苛立たせます。

知ったことではありませんが、嫌われる理由にはそのようなことがあり、とてつもない勘違いが広がることは多々起きます。

※人間嫌いになる人はエンパスかもしれませんので、人間嫌いでいいじゃない。動物好きな特徴から見える意志と人間性 をご覧ください。

人間嫌いでいいじゃない。動物好きな特徴から見える意志と人間性人間嫌いと人間に興味がない人は明確な違いがあります。 興味のレベルではなく人間が嫌いで大嫌いな場合、闇があり、嫌いになる理由があり...

 

逆エンパスが嫌われない方法

最後に、逆エンパスが嫌われることの理解として、嫌われない方法をお伝えします。

といっても、勝手に起きていることですので、他者がどう思うかは知ったことではありませんし、どうでもいいことです。

しかし、知らずの内に他者に影響を与えているために、逆エンパスとしての自覚や理解が、人と関わる際や生きやすい人生を作るために大切になるかと思います。

 

逆エンパスであることを自覚する

最も大切なことが、自分は逆エンパス気質があることを理解することです。

逆エンパスであることの影響は、他者を読み取ること以上に、人との関わり方を変えてしまい、自分を変えてしまうことです。

逆エンパスは常に周囲の状態を感受するために、一人一人をしっかり認識しなくなる傾向があります。

そのため、嫌われたくない場合には、一人一人を理解して敬う気持ちが大切になります。

目立つものは目立ちますので、目立たないようにするとさらに目立ちます。すると、その言動からさらに嫌う人も出てきます。

そのため、逆エンパスが自分を偽ろうとすると、周囲に大きな影響を与え、空回りで目立ちまくります。

その状態は疲労度として教えてくれます。疲れがたまっている場合には自分のエネルギーが流れていません。

すると周囲にもその状況をエネルギー的に広めますので、「なんかムシャクシャする!」という状態を無意識の領域で与えもします。

初めに、自分が逆エンパスであることを理解することで、自分なりの生き方が作られる始まりになります。

 

自分を理解して確立させる

逆エンパスが自分を理解するとエネルギーのコントロールができるようになります。

すると、それはスピリチュアル能力へと繋がり、透視としてのリーディングと言われる理解になります。

自覚があることで他者に説明もできますし、自分の知らないところで勝手にいろいろ起きていることに翻弄されなくなります。

人間ですので嫌われる時は嫌われます。逆エンパスは知らないところで好かれてもいるので、嫌われるどうのこうの以上に、わけがわからない状態が自分自身を掻き回します。

勘違いや行き違いが起きるのは、無意識の領域での理解と言動に理由があるので、自分を知ることで起きていることの紐解きとなり、お互いの理解に繋がっていきます。

 

エネルギーを活用して空間を保持

逆エンパスはエネルギーがとにかく強いです。それを活用することで、ポジティブな空間を自分や他者のために提供することも可能です。

ネガティブもポジティブも自分を主観にするために、自分の状態が大切で、そのためにも健康状態と精神状態を整え、エネルギーを循環させます。

滞りをなくすためには、エネルギーの停滞を乗り除きます。

それは、我慢や忍耐、不調和や違和感の基となる、“自分らしくないこと”“自然体ではない状態”をなくします。

すると、エネルギーが循環され、他者を取り込んだ際に他者をポジティブで心地良くさせ、さらにそのエネルギーを感受することでエネルギーをより増大させて共有します。

自分にとって自然で心地良い状態が保持され、周囲の人に良き影響を与えるので嫌われることもなくなります。

※エゴが多く、自分を変える意志のない人にはより嫌われますが、波動の仕組みにて近寄らなくなりますので万々歳です。

 

ポジティブな人と関わる

他者の影響の中で翻弄されることで、一度ネガティブになると周囲にネガティブな人が集まり、良くないことや辛いことが起きるサイクルが生まれます。

そのため、周囲の人次第で自分自身の在り方や状態も変わるため、ポジティブな人と関わるようにすることで、周囲にもポジティブなエネルギーを伝播させて良き影響を与えることができます。

何も考えない気楽な人や、頭の柔らかい柔軟で素直な人は、エネルギーの影響を受けにくい人達ですので、関わっていて自分を翻弄しないフラットな人と関わることで、他の影響を受けない環境になります。

さらにポジティブな人と関わることで、周囲をポジティブに巻き込み、嫌われることで困ることを引き寄せなくなります。

嫌われることは嫌われますが、エゴが近付けないエネルギー状態となり、嫌われても関わりや接触がなくなり、嫌われる=関わりたくない人が離れていくという良きことになります。

※逆エンパスのように自分の世界を持っている人が嫌われる話は、変人が嫌われる理由がある|躊躇したらそれは普通の人だよって話 をご覧ください。

変人が嫌われる理由がある|躊躇したらそれは普通の人だよって話変人が嫌われるはずがない。 そんな思い込みと決め付けから始まる話。 変人は好かれるに決まっている? そんなことはどうで...

 

逆エンパスは嫌われる まとめ

以上、逆エンパスが嫌われる理由と対処についての話でした。

嫌われることは一概に悪いことではありません。しかし、攻撃や迷惑を被る際には、自分にも問題があるかもしれません。

その際には、逆エンパスかどうかは抜きにして、人として自分の行動や言動を確認する必要があります。

逆エンパスとして生きることで、人への敬いが自然と薄くなることもあります。

一人一人の理解をせず、個々の人間として捉えなくなることは、無意識な蔑みやエゴとなり、自分を自ら失う行為になります。

人のことが理解できることには意味があります。逆エンパスは生まれながらの気質なので、誰もが持っているものではありません。

人を理解できることを何かの役に立てるということではなく、理解できるからこそ愛を持って敬い、相手のことを考えることが他の人以上にできます。

それをする必要はありませんが、人それぞれに逆エンパスであることの意味を理解して、自分としての行動や意識に繋げることが大切かもしれません。

そして、逆エンパスである以上は確実に嫌われたり、人との関わりで苦労する経験があると思います。

嫌われたからこそ、自分を大切にすることも人を大切にすることもできるようになりますので、「ぜひ嫌われて行こー」というのはおかしいですが、大切な経験として、自分のために役立てていきましょう。

嫌われる理由や人との関わりにある心理を知ることで、より円滑な対人関係が起きることを願います。

それでは、逆エンパスが嫌われる話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

POSTED COMMENT

  1. ジュリア より:

    私は人の言葉から「あぁは言ってるけど本当はこう言いたいんだな」って感じてしまったり、相手の話の中からこれはウソ、これはホントって感じていたりします。でも、気を遣いすぎてとか自分の意見を引いてしまってとかエンパスの特徴が合わなかったので悩んでいました。逆エンパスの特徴を読んで納得しました。ありがとうございました。

    • 北斗 より:

      ジュリアさん、お読みいただきありがとうございます。
      参考になってよかったです。逆エンパスライフを楽しまれてください。

  2. tetsuya より:

    凄い内容で、感動しました。
    エンパス、サイコパス、逆エンパス。
    とても為になりました。

    このような凄い内容を教えて下さりまして
    感謝します。
    まだ理解しきれてないところもありますが
    熟読します。
    ありがとうございました。

    • 北斗 より:

      tetsuyaさん、どういたしまして。
      喜んでもらえて良かったです。
      ぜひ、ご自身のためにご活用ください♪
      こちらこそ読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です