スピリチュアル

【夢を見るスピリチュアルな意味】魂・ハイヤーセルフ・守護霊・神様が入り混じる夢物語

寝ている時、私達は類まれな個性を表現し、まるで本の中、絵本の中の世界を味わいます。

楽しみも嬉しさも、悲しみも怖ろしさもあります。

物語、感覚のみ、ストーリー性のない写真羅列、不思議な世界、明晰夢や悪夢、亡くなった人や龍神が現れたりと、人それぞれに見る内容が違います。

共通しているのは、意識と次元状態のスピリチュアルな解釈があることかもしれません。

ここでは、「夢にはどんな意味があるの?」という根底の疑問に対する深掘りを見ていかれてください。

  • 夢を見る心理的な意味とは?
  • 夢を見るスピリチュアル的な意味とは?
  • 夢とは記憶?ハイヤーセルフ?守護霊?神様のメッセージ?

これらを知っていただくと、寝ている時間を活用した自我意識の働きが判明します。

夢に関しては不思議で解明されていないことだらけですが、スピリチュアルな理解にてご自身の夢の意味を知る一つの考え方となれば幸いです。

夢を見るスピリチュアルな意味

夢を見る心理は自己願望表現

小さなボートに乗り、ある島に宝を探しに向かいます。

島が見えると波が高くなり、ボートはガッタンガッタン揺れ始めます。

「これから一体どんな物語が始まるのか?」とワクワクする主人公。

ボートの先頭に立って島を眺めると、全てが緑に覆われた大きな一つの山になっています。

山が一つ、緑。あとは山を囲むように、透き通るエメラルドグリーンの海が広がります。

山の頂上から雲が空に繋がり、大きくて真っ白なもくもく雲が、真っ直ぐと空高く伸びています。

ここは雲を作る島。

なんと綺麗な光景でしょう。見えるのは島の緑色、三角形の山から伸びる雲の白色、海は透き通る緑の光色、空は快晴の青色。

「この島にはどんな宝が待っているんだろう!?」

ワクワクしながらほとばしる声は高々と島に向かっていきます。

後ろを振り返るとボートには人が数人おり、その内の一人がこの島に来た目的を伝えます。

「整体だよ。あんた腰痛いんでしょ?! 整体のおじいちゃんがいるんだよ、ここ」

「宝って…整体?!」「そのために、わざわざ来たの?こんなとこまでえぇ…ぇ…」

はい、目が覚めました。

これは一つの例え、私がみた夢です。

夢は記憶を整理するために見ると言われており、今日まで作り蓄えた膨大な記憶を基に、「自己表現している」と考えられます。

夢の中にはメッセージ性、真意、願望、現状の在り方、気づきの意味があります。

例えば、上述の夢には、「野望に燃える目的は近くにあるよ」「もっと広く物事を見てごらん」というメッセージがあり、目的が明確ではなく、目隠しをしてまっしぐらな在り方と、色彩や雲や自然風景を求める願望があります。

解釈する際に必要なのは、夢の中の情動や感情、心意気や幸福度、恐怖心と愛の有無、夢の主観や物事の認識です。

人それぞれの認識や夢の内容によって意味が変わりますが、夢から読み取る解釈には共通した意味があると考えられます。

夢の心理的な意味
  1. 願望を表現する
  2. 認識を理解して、より自分を知る材料
  3. ありのままの姿を知り、在りたい姿を思い出す機会
  4. 深層心理にある恐怖心の有無を教える

 

夢を見るスピリチュアルな意味

夢の中の人や物や出来事は、全て記憶から創られると考えられます。

記憶をどの意識状態にて選別しているかが人によって変わります。

[顕在意識⇒潜在意識⇒超意識]

矢印が進むと徐々に肉体から意識が離れていくイメージです。

魂は顕在意識も潜在意識も超意識も全てを内包し、睡眠時に意識が肉体から抜けて魂へ向かうことで、保持している全記憶から夢を創って表現します

 

夢とは自分の認識を表現した世界

蓄積する膨大な記憶を基にしているため、深層心理として一切隠さずにありとあらゆる自分の構成材料が表れます。

自己理解にはとっておきの材料となるのが夢を見る時であり、夢の意味を全て理解できれば、完全に自分を知った全知全能と言えるかもしれません。

登場人物が他者の場合でも、自らの認識を投影しているため他者の記憶や認識ではなく、全ては現状の自分の記憶に基づく認識が公開され、人をどう思い、感じ、考え、評価・判断し、人の何を見て、どう解釈しているかなど、在り方や人間性も全てが表れます。

他者との共存による常識やルール、物事の考え方や価値観、自分にとっての社会性(他も含めた認識)もわかります。

現実に生きている時は、「働くのが当たり前」などのように既に存在する他の認識やルールが主観になることも多いですが、夢の中では全ての認識が自分主観になる特徴があります。

全ての認識が自分のものであるため、自己世界の表現となるのが夢です。

 

夢を見る際、自我意識が魂の記憶にアクセスして夢を創っている

わかりにくい内容ですので、ここはサラッと読まれてください。

全ての記憶を表現する基盤に“自分”がいます。

今自分だと思っている自分とは違い、魂にアクセスする“自我意識”のことです。

今の自分は物事を自覚して記憶情報を認識し、行動や思考を作って表現します。

「今、オレンジジュースを飲んでいる私が私」と認識するので、自覚した情報を基にします。

これを顕在意識と言います。
※自覚して行動や思考をする意識

夢の中では顕在意識以外にも潜在意識と超意識があり、記憶の量がとんでもなくたくさんあります。

潜在意識とは自覚のない行動や思考をする意識、さらに超意識とはワンネスとして、宇宙全ての記憶を保持します。

自覚のない記憶も使用して、さらに宇宙の記憶までも使用する“自分”が、魂にアクセスする自我意識。

膨大な記憶世界の中に存在する自分を自我意識が捉えて、自己表現するために夢を創ります

ここにスピリチュアルな夢の意味があり、無自覚の領域も含めた大量の記憶を基に夢を作ることで、現状の心理的な自分を表現する以外にも、より俯瞰(または細部把握)した自分が表現されます

 

夢は必要なサイン

記憶を使用するため、夢は見たいことも見たくないことも表します。

しかし、何でもかんでも記憶を表現している訳ではありません。

あらゆる記憶を捉えて表現する際、自我意識は深層心理にある願望を基に自己表現します。

心理的には、「こうありたい」「こうはありたくない」など、無自覚の願望も含めた真相を表現します。

スピリチュアルを含めると、使命や役割など魂として決めている事柄も記憶に含めた上での表現となり、夢を見ることには魂として必要なサインの意味があります

例えば、「今の夢って一体何?なんで急にパンダになった夢をみたんだ?」と思う時。

実際にパンダと関わることで自然保護に目覚め、動物に対する気持ちが強まる経験をして獣医になり、獣医の世界にはびこる闇を改善する役割があった。

なんて可能性があるイメージです。

人の真相のさらに奥に潜む記憶も含めて表現されるため、夢にスピリチュアルなサインが見出されます。

いくつかのサインがありますので、一覧でご覧ください。

夢のスピリチュアルなサイン
  1. 目的のために必要な気づきを与える情報
  2. ハイヤーセルフの目線を教える
  3. 守護霊からのサポートメッセージ
  4. 神様や天使や龍神様などのサポート状態
  5. この世とあの世を理解する臨死状態
  6. 次元状態を理解する魂の創造タイム

これらの詳細を見ていきましょう。

※睡眠のスピリチュアルな意味は、異常に眠いことに潜むサイン│睡眠のスピリチュアルは自我の重要活動 をどうぞ。

 

夢を見るスピリチュアルな意味:解説

夢をみている時は臨死状態

夢をスピリチュアル的に解釈すると、肉体から意識が離れて魂の中に入る状態と考えられます。

この世は三次元。意識が肉体から抜けると、脳の松果体という部位を通って四次元(別名幽界)へ向かいます。

三次元を離れた段階で魂の記憶を使用する状態。自我意識にある顕在意識を離れるにつれて、魂を認知する理解が深まっていきます。

三次元から四次元近くへ向かうにつれて魂の認知が高まります。そして、四次元に入って五次元(別名霊界)へ向かいます。

このように、肉体から意識が抜けて魂の認知が深まっていくのは臨死状態と同じです。

完全に肉体から意識が抜けず、顕在意識の認識を持った状態で四次元以上に入ると、明晰夢を見れます。

次元を五次元に近付けていきながらも、わずかに顕在意識を認識する肉体がこの世にある意識状態で、幽体離脱になります(離脱しようとすれば)。

レム睡眠とノンレム睡眠とで意識状態が違い、見る夢の内容が変わりますが共に夢を見れる状態です。しかし、次元が高まれば高まるほどに無意識の記憶なので、憶えていないことが多くなります。

意識と次元状態による夢を作る基盤の自分がどこにいるか(どれほどの魂の記憶にアクセスしているか)にて、創り出す夢や、意味の解釈の幅が変わります。

※レム睡眠時に起きる夢遊病の話は、夢遊病はスピリチュアルな楽しい時間│脳と魂による共同の仕組み をご覧ください。

 

魂への距離によって夢の意味が変わる

夢には、悪夢や予知夢、明晰夢や正夢など、さまざまな名前があります。

夢を作るためにどこまでの記憶を使用するかは人それぞれでして、意識と次元状態にて魂へのアクセス度合いが変わり、記憶量が変わります。

どれだけ魂を認識しているかの度合いにて、魂と自我意識の距離感が変わり、夢の意味と解釈がこのように変わります。

  • 顕在意識を主体に物事を認識している状態は、魂との距離が遠い
    …夢ではより自覚のある認識や理解、ありのままを知る意味が強まる
  • 潜在意識や超意識、魂と強く繋がる状態は、魂との距離が近い
    …目的を見据えた情報、ハイヤーセルフや守護霊との繋がり、神様や天使などのサポートやメッセージをもらう夢の意味が強まる

夢の意味が変わるかかどうかは重要ではありません。

夢の意味を知り、夢を分析してサインやメッセージを受け取ると活用でき、「無自覚の領域にある自分にとって大切なこと、必要なこと、知りたいこと」がわかります。

※夢を毎日見る詳細は、【毎日夢を見る人の特徴とスピリチュアルな理由】夢を見なくなる時との違いがある をどうぞ。

 

夢はハイヤーセルフの目線を教えてくれる

魂は潜在意識を含めるため、過去世も含めた膨大な記憶庫のようなものです。

潜在意識にはハイヤーセルフの記憶も含まれ、今の自分では想像できないような物事の見方や認識を夢で知れます。

驚きや感動のある内容、見たことも味わったこともない感覚、五感以外の気持ちとして、音を食べる、空気に色付く、肌が歌い、匂いを聴くように世界が混ざり、細胞側に立った未知の感覚など、さまざまに物事の認識が広がります。

夢によってハイヤーセルフの目線を知ることが可能です。

 

ハイヤーセルフの目線を知れた夢体験

詳細がわかりやすくなればと思いますので、私がみた夢を一つご覧ください。

私は海外のスーパーで買い物していました。

インド人女性と男性の二人が、レジ近くに積まれたコーラの前で揉め始め、言い合いです。

私は巻き込まれ、インド人女性と共に車で逃げなければならなくなりました。

カーレースをしたり、いざこざが続き、成す術なく困り果てます。しかし、インド人女性は何も解決を図らないので、私が勉強しまくって弁護士になり、インド人同士の争いを解決するに至りました。一件落着です。

そして、私は弁護士として生きていくこととなりました。えぇ、夢の話です。

すると突然、シーンが戻るようにもう一度同じスーパーで買い物している私がいました。

レジ近くのコーラの前でインド人女性と男性が言い合いを始めます。

私は光景に気づき、「知ってるぞ、これ!」と思います。

するとやはり知っている動きをして、予測通り私は巻き込まれます。

既に対処法や成り行きを知っているので、私はその場を離れて傍観者になり、距離をとって一部始終を見ます。

本来は私が巻き込まれて一緒に逃げるはずのところに、ヒッピー的な男性が入り、その人とインド人女性は一緒に逃げ、その後の結果は悲惨なことに。女性は苦しみ、ヒッピーは悪い奴で、てんやわんやのチャンチャン仕舞いでした。

はい、一旦カットです。

これがハイヤーセルフの目線です。

既に成り行きを知っているので、自分次第で未来が変わると知っている目線。未来にシナリオはあるけど別のシナリオも同時にあるよ、という意味でもあります。

夢をみている自分は多角的に俯瞰性を高め、見守る見方になり、登場人物の行動や思考を敬います。

夢は高次元の見方になり、俯瞰して見守る目線を教えてくれます。

 

夢をみている時の目線は自分を俯瞰している

ハイヤーセルフの目線を夢で知ると、一つ気づく機会になると考えられます。

夢は自己世界の映画だということです。

夢をみている時、カメラマンのように観ているかもしれません。

自分が主人公の時は目がカメラになり、主人公がいない時は夢の内容を一番観やすいカメラマン目線が自分の主観になります。

このカメラマン目線が、ハイヤーセルフの目線。そんなことがわかるのが夢という考え方です。

※ハイヤーセルフの詳細は、潜在意識とハイヤーセルフの関係性│違いを知ると見えること をどうぞ。

 

守護霊や亡くなった人が出てくる夢

亡くなった人がメッセージを伝えることがあり、守護霊も同じようにメッセージを伝える際に夢に現れます。
※未来の記憶から作る、または自分の記憶を投影して登場させている場合もあり

守護霊や同じグループソウルの人は魂の記憶を共有しているために、魂にアクセスする睡眠の意識状態になると、他者とコンタクトできます。

グループソウルとは、魂を成長させるために結託したチームのようなユニット。魂の記憶を共有し合う関係で、成長を見守り、守護霊を輩出する元です。

魂として繋がっているため、夢の世界で守護霊や亡くなった人を認識できます。

亡くなった人がメッセージと共に夢に出てくる(投影ではない)場合、同じグループソウルであるか、守護霊になっていると考えられます。

魂の記憶を共有するためには、自らが次元状態を上げて魂にアクセスする必要がありますが、睡眠時は意識が肉体から離れて次元が高まるため、アクセスしやすい状態です。

 

夢にある恩恵や幸運

夢にはありがたい恩恵を知らせる意味もあります。

守護霊、神様、天使、龍神など、サポートしてくれる存在からのメッセージです。

言語的なメッセージがあるかどうかは人それぞれです。

解釈が人によってバラバラなので、「こういうこと」という伝え方ができないのですが、共通しているのは波動が高まることです。

例えば、龍神が出てくる夢。

大きな神社の木があり、しめ縄を巻いて神として奉ります。

木を触って挨拶、「今日もいい日ですね」と言い、神社から帰ろうとして後ろを振り返ると、木の上から白い龍が空に昇り、踊るようにクネクネして空高く舞い、消えていきます。

見ていると心豊かになり、「やっぱ、今日もいい日だな」と感じて目を覚まします。

この世のものではなかったり、不思議なこと、強く印象に残っていること、他の存在によって自分を心豊かにしてくれる内容が夢にある場合、波動を高めてくれます。

神様や天使や龍神や守護霊など、見守ってサポートしてくれる存在による恩恵として、「ほれ、ご褒美」とスーパーマリオキラキラ状態にしてくれます。

波動が高まると引き寄せがポジティブに働き、良いことが起きたり、いい流れが作られたりという恩沢が作られる、そんな夢の意味です。

※波動が高まる詳細は、波動が高い人と低い人の特徴|高めな人は特別おかしいおふざけポンチ をご覧ください。

 

夢を見るスピリチュアル まとめ

これまでの内容をまとめるとこのようになります。

夢のスピリチュアルな意味
  1. 自分の望む世界を表現する
  2. 自分の認識を理解して、より自分を知る
  3. ありのままの姿を知り、在りたい姿から自分の真意を理解する
  4. 人生の目的のために必要な気づきを与える
  5. 臨死状態による魂の記憶へのアクセス
  6. ハイヤーセルフの目線にて俯瞰性を養う
  7. 自分の世界を観る映画鑑賞
  8. 守護霊からのサポートメッセージをもらう
  9. 神様や天使や龍神様などのサポートにて波動を高めてもらう

睡眠によって意識を変える作用があり、意識の変容によってあらゆる記憶をみて周る夢。

自我意識が願望を基に自己表現する目的を持ち、夢物語を創作します。

夢を分析すると自分を知り、ありのままの姿を取り戻す機会となり、メッセージや気づきをもらい、波動を高め、次元を高め、まだ見ぬ自己世界を教えます。

夢物語を作る無意識状態は、私達誰しもが映画監督であり、カメラを携えて記憶内を写し、内包された創造性・想像力を表してくれているのかもしれません。

夢には予知夢や正夢があり、予知夢にするか正夢にするかは全て本人次第です。

ハイヤーセルフの目線にて理解する俯瞰性として、今この瞬間に現実も未来もいくらでも変えられる事実があります。

夢はそんな記憶の普遍と、時間概念のなさを教える副作用もあります。過去も未来も、楽しい夢も悲しい夢も、知らない人がいても亡くなった人がいても、全てに意味があります。

そんな自分の世界の表現にて、夢の意味を紐解き、楽しい時間にされる一助となれば幸いです。

それでは、夢を見るスピリチュアルなお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です