スピリチュアル

時間が止まるスピリチュアル体験|突然起きた時間の概念がない教え

パナマを旅している際、私は5人組に襲われました。
その際、本能的に戦うことを始めた私に待っていたのは、時間が止まる体験でした。

旅をしているとさまざまな経験をします。パナマでの体験のおかげで今も生きており、大切な経験と学びとして知ったことは自分への理解と時間の概念でした。

ハプニングは実は楽しい時間停止体験であった話と、そこから見える時間の概念を共有します。

少し違う目線から物事を見ると、出来事によって受けた想いや経験の結果は全く違うものになるかもしれません。

そんな不思議なスピリチュアル体験と、そこから理解できる時間の概念についてをご覧ください。

時間が止まる体験

パナマでのハプニング

私が海外旅行にて南米からアラスカまで移動中の時でした。
南米のコロンビアからパナマへ無事に入国し、パナマシティに到着しました。
その時は2017年10月。コロンビアから計34時間の楽しいボート移動でしたが、常に何が起きるかがわからない移動となり、少し疲れていました。

パナマシティに夕方18時頃に到着し、そこからその日の宿泊場を探し歩きます。パナマシティの人ごみを離れ、少し歩いたところにゲストハウスを見つけたので、そこに宿泊しました。

そして、夕ご飯の買い出しをしようと、パナマシティの中心地へ向かいます。
そして早速ハプニングに遭います。

 

ハプニング詳細

夕方19時頃の薄暗くなった中、買い物のためにパナマシティの中心地へ歩いて向かいます。
中心地は建物、人、車が多く混在し、ゴミゴミしている旧市街をショルダーバッグに携帯と財布を入れて肩から掛けて歩きます。

テクテク歩いていると、中心地のど真ん中にある電車駅の目の前に辿り着きます。
駅は真新しく、辺りの道路は綺麗に舗装され、歩道も大きく作られている通りです。

その駅の道路を挟んで向かいには古びた解体跡地が残っており、周囲を壁で覆い、中はゴミが散乱している場所です。

買い物のお店を探しながら歩いている私が、その解体跡地の小さな入口に差し掛かり、真新しい駅を見ながら通り去ろうとした際です。
解体跡地の入口に若い現地人男性二人組がおり、私に声を掛けてきます。

入口にはドアもなく、壁のすき間のように空間が開き、解体跡地に入れる入口になっています。その入口の壁に背を持たれた二人組は私に手招きします。

「なんだろう?」と思った私は二人の元へ向かい、入口の前に立った時、そのまま解体跡地の中に押し込まれます。
その入口以外は壁で覆われているので、表の大きな歩道から壁の中に入ってしまえば、壁の中は見えません。

押し込まれて解体跡地に入れられた私はピュンピュン放つ武器を見せられ脅されます。
冷静を装った若い二人は私を解体跡地の中心へ移動させ、石のベンチに座らせます。

強引に奪おうとする二人ではなく、金を出すように言ってきます。
私は、「お金を渡す理由がない。渡すには何か対価があるでしょ」と伝えます。

すると二人組は、「待ってろ」と言い、白い粉を持ってきます。
そこは街の中心の中心なので、大きな音は出せず冷静に静かに事を終わらせたいようです。

明らかにおかしくなる欠陥粉だと思い、「そんなものにお金は出せない」と伝えると、二人の冷静さがなくなりイライラと落ち着かなくなります。

すると、物影に人が居るのが薄暗い中でわかり、「待ってろ」と言った際に仲間の応援も呼んでいたようです。
計三人の男性が追加され、三人が少しずつこちらに向かって来て、私は五人に周囲を囲まれます。

「どうしましょう」と思った瞬間に、私の後ろに居た一人が後ろからチョークスリーパーでプロレス開始です。
残りの四人は各部位に分かれ、一人が私の右腕を抑え、一人が左腕、一人が右脚を、一人が左脚を、私は首を絞められた状態でさらに宙に体が浮いて地面に何も着いていない状態になります。

そして、このハプニングはここから時間が止まる体験に入ります。

 

時間が止まる体験

五人組に一人一肢担当で抑えられ、最後の締めで首を絞めて心身の分離を試みているようです。

体は宙に浮き、空気量が少なくなり、「これはヤバイ」と思った時に時間が止まる体験が起きます。

詳しくは、周囲の時間がスローモーションで流れ、周囲の時間と私自身の時間との差が生じ、時間の概念に差異が生まれます。これは過去に何回か経験をしていることだったので、直ぐに時間差が生じた状況を把握します。

この状況では時間の概念がなくなり、人それぞれにある能力開花があります。

時間の概念がない状態での能力とは : 

・脳内の思考観察ができる
・目まぐるしく脳内が稼働し、自分の本気の解決能力を発揮する
・最善で最適な案を見出す自我の認識能力向上
・自分が確立され、案が出た瞬間に行動に移す瞬発性と即効性がある
・スローモーションでゆっくり動く周囲を冷静に俯瞰する状況把握能力に長ける

上記は私の場合の能力ですが、人それぞれの特性から能力が見出され、それは本当の自分が持つ、最大限の力である“本気”を知ることになります。

時間が止まる体験をすることで自我を認識します。そこには肉体と脳と心の構成から成る自分がおり、それらを全て統括しているのが自我です。

自我は脳内の顕在意識と、心の潜在意識に蓄積された記憶を持ち、それらを観察することが可能になります。

その際には脳内の思考はなくなり、自我である自分という存在を主観にして、脳内や意識の中を巡ることができます。

一瞬で最善の解決策を見出し、それをすぐさま行動に移して解決を図る行動力が一気に開花される。
脳内思考を第三者目線で俯瞰して観察する自我が現れ、全ての状況を冷静に、かつ迅速に解決するための指揮官となり、自分の中で最高チームが構成されるのが、“時間の概念がない瞬間”に起きる能力。

※時間が止まる体験から見える時間を止める方法については、時間を止める実体験。時間の概念と意識状態を知ることで成せる方法 をぜひご覧ください。

時間を止める方法を言語化。実体験からわかる概念と意識状態の新世界人間には脳があるので、どれほどの時間が経過したかを過去の経験と思考にて認識します。 そこには地球の時間の概念と特異性があり、宇宙の...

 

時間を止めると得るアイテム

時間の概念がなくなることで、周囲の時間がスローモーションでゆっくりになります。それを俯瞰して観察する自我が出てくることでこの状況を解決します。

脳の解決案により、首に隙間を作れば気絶せずに済むことがわかります。
そのために、首を何度どの方向に傾ける必要があるかがわかります。

その状況で自分の力からできる最善策が一瞬で計算される能力は自分自身でも驚きであり、選択の余地がない状況から考えている時間は全くなく直ぐに行動です。

時間が止まる体験をすることで、同時に併発するラッキーアイテムがあります。

時間を止めると得るアイテム

“ 筋肉のリミッター解除 ”

※普段の生活では、人間は100%の力を発揮しないように脳が筋肉に制限を掛けている。
全力を出すと体が壊れてしまうので、制限を設け制御することで、肉体を維持し生存を続けることを優先している。
例:リミッター解除して全力でボールを投げようとすると、300km/hくらいのスピードが出るが、腕ごとボールと共にポーンとなる。
全力で走ると踏込で足が地面に埋まり、足の骨は砕け散る。地面から抜く際に、膝が取れる、腿がちぎれるなどなど。

アイテムは窮地の場面や、生命の危険を感じた際に発動するもので、肉体維持よりも優先されると使用可能なアイテムの一つです。

時間が止まる時は思考がなくなり自我の意識状態になります。

脳の思考や生存本能や自己防衛としてリミッター設定をしている正常状態から、時間が止まる体験による自我の認識によって、脳や肉体を使用している自分が生まれます。

リミッター解除されると、スーパーサイヤ人状態に本気でなります。アドレナリンが放出され過ぎて痛みも感じなくなるので、使用方法によっては危険が伴います。

アイテムをゲットした私は、抑え付けられている状態から解放を目指します。

既に脳の能力開花により、首の角度を調整し気絶する状態を抜けています。その為、宙に浮きながらの私はいろいろなことを考えます。

空気がどこから流れるかわかり、どれだけ締めつけられても気絶しないことがわかった私は、「宙に浮いてるじゃん」と思いながら、「よし、行きますか」と気合を入れて腕を動かす余裕を持つことができます。

リミッター解除された人間を五人の力で抑えることは非常に困難です。
一人に抑えられている私の右腕を動かし、首を絞め続けている男性の右腕を掴みます。
ゆっくり動いていき、首を絞めている右腕と、私の押え付けられている右腕が対峙します。
そして、右腕は男性の右腕を握りしめ、そのまま首を解放するために動かします。

完全に首と男性の右腕に隙間が作られるまで動かした時、五人が一斉に逃げます。
「こいつヤバイ!」と思ったのでしょう。ヤバイ状態になっているので当然の反応だと思います。

解放された私の体の足は地面に着き、本能的になっている私は逃げた五人を追いかけます。
全てはとっさの動きで人格としての無意識の行動で制御ができませんでした。

五人が一斉に逃げた際、私の後方に三人が逃げ、前方に二人が逃げました。反射的に前方に逃げた二人を追いかけ、二人は左右に分かれます。

何も考えていない私は、その二人の左の方を狙います。
リミッター解除状態なので直ぐに追いつき、逃げている男性の首襟を掴みます。
その瞬間でした!

 

時間が止まることの理解

時間が止まる体験の結末

首襟を掴んだ私は動物状態です。
本能的に動いており、そこに思考はありません。食いちぎるかポコポコにするか、何をするかわからない状態のヤバイ私は、首襟を掴んだ瞬間にあるものを見せられます。それは自分自身によって見せられる神秘の体験物語でした。

首襟を掴んだ瞬間、後方に逃げた三人は距離を取ってこちらの様子を見ていることを、後ろを見ていないのに理解している私自身がいます。さらに、その三人がどういう隠れ方をして、どこにいるかもわかります。不思議な体験中です。

その内の一人がピュンピュン撃つものを持っており、その男性が切羽詰まっている状態である男性の情動も感じます。

首襟を掴んだ瞬間、“掴まれた男性は逃げるのを諦めてこちらを向き、面々で戦闘態勢に入り、リミッター解除の私はその男性に鉄槌を食らわします。

それをしている時に、ピュンピュンを持った男性が私の後方へ走って来て私をピュンと放ち、そして私は命絶えます”

という映像が一瞬で私の頭を駆け巡りました。

終りを理解した瞬間があり、その瞬間に思考から恐怖が襲ってきます。すると、首襟を掴まれた男性は覚悟を決めてこちらを振り返り、戦闘態勢に入ります。

私はその光景を今見たばかりです。見た光景が今目の前でリピートされています。今が現実です。

「今見た映像だ!」と瞬間的に感じた私は、その後にピュンとされる映像を見ていることから、同じように恐怖が襲ってきます。

その恐怖の感覚も「知っている!」と感じた私は戦闘を止めて、直ぐに入口から解体跡地を後に逃げます。走って逃げまくります。

全てが一瞬のことで、走っている時にスローモーションもなにもかもが終っていることに気付き、立ち止まります。

大きな歩道、人がたくさん歩く中、ゼーゼー言いながらの私は体の中で爆発しているかのような心臓の音を感じます。

時間が動き始め、時間が止まる時間が終りました。

今さっき起きたことは現実だったのか考えると、肩から掛けていたショルダーバッグがないことに気付き、「あぁ、現実だったんだ」とその場にへたり込みます。

時間が止まり、アドレナリンによる自我とエゴの分離により、新たな世界を垣間見たのは未来予測だったのか、妄想だったのか。

事実としては、ショルダーバッグがなくなり、心臓の高鳴り音だけが物理的に目の前に残ります。

直ぐに警察を叫び呼ぶと傍に警官がおり、直ぐに警察官と解体跡地へ行くが五人組はおらず、ショルダーバッグもありませんでした。

時間が止まる体験の結末
時間夕方19時、薄暗くなり始めた頃
損失携帯、財布(約$100所持)
出来事5人組10~20歳代グループとの時間が止まる体験
学び時間が止まる経験により、時間の概念を学ぶ
俯瞰する自分の出現により、エゴと本当の自分の区分けを学ぶ
リミッター解除による自分の可能性を広げ知る
予知能力探究への入口を知り、新しい世界を知る
知識パナマ警察の動き方や事件への対処法、治安状況を知る
当件の情報共有により、ハプニングへの注意喚起と啓蒙ができる
総合評価ハプニングを受け入れることで人間として意識が向上し、貴重な経験となった

 

時間の概念はない

体験にて時間の差異が生まれることがわかりました。

そこには、時間の概念は相対的であり、自分の中の時間概念と自分の外側の時間概念が違うように、一人一人に時間の概念があることがわかります。

それは、一人一人の中に時間の概念があり、外側である地球の三次元空間には時間の概念がないことを意味しているのかもしれません。

時間の概念がない標準があり、そこに人それぞれの認識によって時間の概念を作り、脳の思考や心の想いとのバランスによって時間への理解がなされます。

その為、一人一人の中にも時間の概念がない標準があり、脳があることによって認識を用いて、時間があるように感じたり思ったりすることができます。

体験にて自我の理解があり、肉体と脳の体、そして心を分離して見分けます。

それによって、自分は心を紐解くと現れる魂の状態であることがわかり、肉体と脳を借り物のように使用している立場を知ります。

自分の認識には時間の概念がない状態となり、外側は脳の思考にて認識しているので、時間の概念に差異が生まれます。

主観を心にするか脳にするかで時間の概念に対する理解が促され、脳の認識ではルールとして一秒二秒と理解しているので時間の概念が作られ、心にはルール設定がないことから、標準状態の時間の概念がない認識理解。

※時間の概念がないスピリチュアルは話は、時間が経つのが早い明確な訳がある。宇宙にはない地球限定タイムルール をご覧ください。

時間が経つのが早い明確な訳がある。宇宙にはない地球限定タイムルール時の経過を認識することで時間が生まれ、認識方法である時間の概念があります。 認識方法を変えることで人それぞれに相対的な時間があるこ...

 

時間が止まるスピリチュアル体験 まとめ

日常生活では、実にさまざまなことが突然にハプニングとして起きます。
ハプニングに遭うことでさまざまな想いを知り、自分を知る経験にも学びの時間にもなります。

体験があることでより自分を知り、世の中の仕組みを知る時間となります。

パナマシティに到着して、宿泊場が決まって買い物に出かける際に、財布からクレジットカードを全て取り出し、お金を$100に減らしてから買い物に出かけました。

普段このようなことをしたことがありません。財布は一つしか所持していないので、クレジットカードは常に現金と同時保管であり、現金も所持している金額は全て同時保管で持ち出します。

ハプニングが起きることを、感じている自分がいたのかもしれません。

そのように見えない概念が含まることでスピリチュアルな理解ともなり、不思議なこの世の認識を広げる体験となりました。

全てのことには意味があることを気付かせてくれる時間が止まる体験。
体験が発生する前には、道端で賄賂をせびってくる警察官もいました。全てには流れがあり、兆候があり、出来事があり、結果があります。

それらをどう観て感じ、どう想い理解するかが大切なのかもしれません。

本能的に逃げていく彼らを追いかけて、首襟を掴んだ際に見たものが予知なのかどうかはわかりません。しかし、それを見れたおかげで生きているのかもしれません。

それを見せられたのであれば、やはり起きることを事前に感じている自分がいたのかもしれませんし、それを感じさせている何かが私の内側にあったのかもしれません。

時間の概念がないことを知る体験にて自分を知り、時間の概念を学び、物事への気付きや意味への理解を学び、今後の行動への注意喚起を受ける。

日常の体験では、あらゆることは智慧に繋がるかけがえのない体験だと気付く出来事でした。

それでは、時間が止まる体験から知る時間の概念についての共有を終了します。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

※スピリチュアル体験がほかにもありますので、これまでに起きたスピリチュアル体験|普通の私がおかしくなった軌跡 をご覧ください。

これまでに起きたスピリチュアル体験|普通の私がおかしくなった軌跡スピリチュアルな不思議体験を聞きたい人がいることを知りました。 私はどちらかというと、実用的で効果的な地に足をつけたような話が人に...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です