人生哲学

人生はゲームであるネタばらし。攻略マニュアルにエンディング記載

人生という生まれた瞬間から始まり、終わりへ向かい続けている時間を、自分の世界という舞台を基に自由意志を持って生きていきます。

人生をRPGのようにゲーム化することで、自分の人生の主人公や登場人物を見えやすくし、起きる出来事の意味を知り、最終的にどこに向かって何のために生きているのかを明確にします。

そして、物事の認識を明確にすることで、現実に人生はゲームと同じであることに気付きます。

人生はゲームであることから、Game overがあり、ゲームのクリアがあり、エンディングは全員同じ映像をエンディングロールと共に見ます。

人生のゲーム化を言語で表し、見えにくいものを見えるようにしていくことで攻略マニュアルとして役立つことを願い、人生はゲームである仕組みをお伝えします。

 

人生はゲームである仕組み

人生はゲームの認識

自分の人生では、自分が主人公となります。
自分の人生をどのように生きるかは、人それぞれの自由な意志に基づいており、命の終わりを迎えるまでの限られた時間を人それぞれに過ごしていきます。

そこには、RPGゲームと同じ展開が繰り広がる現実があり、人生をゲーム化することが可能であり、実際に人生はゲームです。

人生をゲーム化することで全てのことに意味があることを知り、ゲームをクリアする喜びが生まれ、人生を遊び楽しむことになります。

人生のゲーム化をする際には、ゲームを操作する本人がいて、操作される画面の中の主人公がいます。

ゲームをする本人は、「ゲームをしたいからしている」状態です。それは、楽しいからしており、遊びの時間です。

これは、「人生を生きたいから生きている」前提があることとなります。

そのため、人生はゲームである理解には、生きていたいから生きているという認識が唯一必要な条件となります。

人生はゲームである認識 : 生きていたいから自分の人生を生きている

※人生はゲームであることを明確にするために、ゲーム化をする

もし毎日ご飯を食べているのであれば、生きていたいから生きているのは当たり前の話になるので、基本的に今生きている人は、人生はゲームである認識を持つことができます。

人生はゲームである認識を踏まえることで人生をゲーム化することができますので、初期画面に出て来るRPGゲームの設定を見ていきましょう。

人生はゲーム 内容設定

①ゲームをする目的がある
②主人公は自分自身
③登場人物が居る
④仲間集めができる
⑤敵が存在する
⑥ゲームのゴールがある

人生はゲームであることから、人生を生きる上でのルールとしての内容設定があり、人生をゲーム化する際にはこれらの設定を知ります。

ゼルダやドラクエなどのRPGゲームをする際と同じで、人生をゲーム化する際には、ゲームの中の自分(主人公)と、ゲームを操作する自分が居る状態となります。

ゲームの中の主人公と、ゲームを操る人は同じ人。
主人公を俯瞰して操作している人が根本の自分。

人生をゲーム化して認識することによって、全員に与えられた命や地球環境を基にしたこの世の人生はゲームであることを明確にして、気楽で楽しい時間としていきましょう。

 

人生のゲーム化のポイント

人生のゲーム化をすることで人生を楽しく生きやすくする仕組みがあります。

それは物事の意味を知り、自分の意志と選択で全ての行動をしていると認識できるからです。

それではゲームの内容設定について詳細を紐解いていきます。

①ゲームをする目的がある
目的は、ゲームをクリアすることの達成と同時に、ゲームをすることで伴う自己の成長。
ゲーム内では敵を倒すためにアイテムが必要であったり、仲間が必要であったり難題や難関があるので、経験値を得ながら成長することに目的があり、その成長がゲームをクリアさせる。

②主人公は自分自身
ゲーム内の主人公は自分であり、ゲーム内の自分を操作するのも自分。
操作する側は俯瞰的に自分を見れる状態であり、選択や意志の主導権を全て持つ。
主人公は自分なので、容姿を変えてゴツゴツにしたり、可愛くしたり、性格を急に優しくしたりはできない。
自分がどんなキャラクターであろうが主人公で、それ以外に主人公になれる例外はない。

③登場人物が居る
主人公の自分以外は全員が登場人物。
登場人物は主人公の人生の脇役であり、何かしらの意味があるので登場する。それは、敵を倒すためのヒントをもらったり、仲間を探すために必要だったり、アイテムを手に入れる過程で必要だったり、人生をデコレートしてデザインするためだったり、はたまた敵だったり、さまざまに意味がある。にわとり一匹にも意味があり登場する。

④仲間集めができる
ゲームをクリアするための仲間がいる。
仲間探しをすることで、仲間となる人や動物などが現れ、自分の選択によって仲間集めが可能。同時に、仲間になってもらえるかどうかも自分次第。
必要であれば仲間を探し、必要でなければ探さない。全てはゲームを操作する側の選択で決まるが、仲間となる登場人物はゲーム内のどこかに必ず存在する。

⑤敵が存在する
敵は弱かったり強かったりとさまざまに存在する。
敵の認識は人それぞれにあり、攻撃意志を持っていたり、ダラダラさせたりする。
敵の存在に意味があり、自分を成長させたり、ボコボコにされて弱められたりするので、ゲーム内の大きな役割を持った登場人物。

⑥ゲームのゴールがある
ゲームのクリアとなるゴールがあり、エンディングが流れる。
ゴールは、「ラスボスを倒すこと」
ラスボスを倒すことで手に入れる宝物がある。

人生をゲーム化すると、今この瞬間から人生はゲームです。
今生きている人生はラスボスを倒すために進み始め、人生のゲームをクリアすることで「宝物」を手に入れます。

ラスボスを倒すことでの人それぞれに違う「宝物」があり、エンディングロールの映像は全員が同じものを見るように設定されています。

※人生をゲームのように楽しく生きる考え方がありますので、人生を人体実験!真面目に生きるか、不真面目に生きるか をぜひご覧ください。

不真面目に生きるとどうなるか?!真面目をやめる人体実験結果人生は真面目に生きることと、不真面目に生きることが選択できます。 私は海外にて旅を約5年間続け、その旅の結末は人生をふざけることに...

 

人生をゲームとして生きる攻略アイテム

ラスボスを倒すために人生をゲームとして生きていく際には、さまざまな出来事が起こります。

出来事を乗り越えることで、経験値を得ながらのレベルアップとして“自己の成長”があります。

人生はゲームであることから、敵を倒したり難題が発生しますが、その際にレベルアップするための攻略アイテムがあり、使い方次第でとてつもなく強い武器になります。

そのアイテムとは哲学である思想です。

ゲーム内アイテムとは : 哲学

※哲学とは物事を認識するために、脳と心を使用して答えを見出す考え

人生を生きる上で哲学を駆使することで、敵を倒すアイテムとなります。
それは、物事の意味を理解し認識するために必要なものであり、「受け入れる」「信じる」「愛する」「強さを得る」「欲望」「食べること」「忘れっぽい」などの人間の行動に対する意味合いです。

例えば、敵として「押し付けをしてくる親」が登場します。
[テゥルテゥルテゥルテゥルー]バトルモードです。

「あーもー!勉強しなさいって言っているでしょうが!」
押し付けという攻撃です。

ここで、精神的な強さを持っていれば動じませんが、「くそー!うるさいなー!」とストレスを感じてしまう場合、これは既に攻撃を食らっている状態です。

ここで、哲学アイテム「妥協」を使用して自分を納得させることで、これ以上の攻撃は回避できます。
「逃避」もあり、「忘れる」も使えます。

かなり強いアイテムである「受け入れ」をすることで、親の言っていることを受け入れることができます。

人生における引っ掛かりや難題にあるのは、受け入れられない状態や状況が原因。
受け入れるためには目の前のことの“自分なりの理解”が必要であり、そのために哲学や思想を使用することで受け入れたり、受け入れないことを受け入れたり、自分なりの理解と解釈にて認識し、経験値としてのレベルアップに繋がる。

アイテムの詳細は一つ一つに設定されていますが、一つ例としてお伝えしますと下記のようなアイテムがあり、自分で理解することでアイテムは誰でもいつでもどこでも使用できます。

Lv.58 受け入れ 哲学アイテム

受け入れとは、相手を尊重すること。
相手を敬う気持ちを持つことで相手の意思を尊重し、受け入れることができる。
敬いの気持ちがなければ自分に不納得なエゴが生まれ、自分を取り繕い受け入れた演技をすることで矛盾のネガティブな思いを生み出し、自らを苦しめる。

ゲームの人生にて哲学アイテムを使用する際には、アイテムを理解するための経験が必要になります。
物事を自分自身で経験し、知恵とすることでアイテムを使用することが可能です。

ゲームの人生をクリアするために、哲学アイテムを活用することが可能。
アイテムはお金で購入するのではなく、経験にて購入する仕組みが人生のゲーム化にはある。

哲学アイテムにはさまざまなものがあり、人生とは時間のことなので、時間を理解することもアイテムとなり、空間となる自分の世界への考え方や、お金やスピリチュアルや科学の解釈や、感情や考え方や生き方を哲学として活用する。

目の前のことや自分自身の理解など、あらゆる不明点や不調和や違和感の基に対して使用できるアイテムであり、人生はゲームである理解に大切な哲学。

人生はゲームであるからには、全てのことには意味があります。
ゲーム制作側はゲームを作る際に一つ一つに意味があるから作りますので、その意味を理解し、一つ一つの物事を受け入れるために哲学アイテムを使用することでゲームの世界を見えやすく生きやすくして、ゲームクリアに繋がります。

 

人生はゲームの仲間集め

ゲームの人生を過ごす中で、敵を倒し自分を成長させるために仲間の存在が大切になります。
仲間がいることで共に敵を倒し、それぞれの成長を促し、何よりも楽しいものとなります。

人生のゲーム化では、敵を倒すことは強さでひねり潰すことではなく、生きる上でスムースにいかない心の引っ掛かりや不調和をなくし、自分の人生を邪魔する難題や難関を達成することです。

その為、敵の存在は自分の成長のためであり、自分をボコボコにされても人生は終わりません。

ゲームの仲間集めとは : 

ゲームの人生ではさまざまな障害や弊害があり、それをクリアすることにゲームのステップを踏んでいくので、そのための仲間集めが可能。
一緒に成長をする仲間であり、成長を促すサポートでもあり、共に敵やゲームクリアとなるラスボスを倒すための仲間を探す。
ゲームを操作する自分が仲間集めや仲間探しをするかどうかを選択し、そのためには人と出会う行動が必要になる。
全ては自分の意志と力で仲間とするが、自分のゲームのために利用するのは仲間ではないので、共に成長や、それぞれのゲームの人生に活用し合える協力や協調があることで仲間となる。

人生のゲーム化ではゲームの人生をクリアするためにラスボスを倒すことを目指しますが、ラスボスを倒すためには倒せるだけの人それぞれの自己の成長が必要であり、楽しいことや嬉しいことも必要となります。

敵をひねり潰しても、この世の登場人物としての敵はほぼ無限にいるので終わりがなく、レベルアップを見込みながら最終的にはラスボスという目的を持ちます。

そのためには、人それぞれですが仲間やサポート役が必要であり、そのために友人や知人、大切な人と出会ったり、家族がいたり、ペットがいたり、そして結婚をしたりという選択が出てきます。

結婚をするのも、一人では人生ゲームをクリアすることが難しいからサポートを望むのか、お互いの成長のためなのか、お互いのラスボス退治のためなのか、相手のためなのか、全ては自分の意志と選択によって仲間集めをすることが可能です。

結婚をする意味を知るために哲学アイテムを使用することも可能であり、離婚をしてもそれが経験値となり、より強い哲学アイテムを使用することに繋がり、人生はゲームである理解を深めていきます。

 

 

人生のゲーム化にあるラスボスの存在

人生のゲーム化のラスボスの正体

人生をゲーム化すると、ゲームのゴールとなる『ラスボスを倒す』ことを目指します。

ラスボスの正体を知ることで人生はゲームである意味を理解することとなります。

ラスボスとは、ゲームを操作している自分のことです。

ラスボスの正体 : ゲームを操作している自分自身

ゲームの中には主人公としての自分がいます。
主人公はラスボスを倒すために、経験値を積みながらレベルアップとして成長していきます。

自己の成長過程での敵はさまざまに存在しますが、実は全部の敵がゲームを操作している自分自身のことです。

その為、強さで敵をひねり潰すことに自己の成長はなく、自分のエゴを拡大して苦しみを作ることで自己の成長のきっかけにする意味などになります。

自分以外に、押し付けや強制や怒りを使用して攻撃する敵が存在しますが、実はその敵も自分自身です。
なぜならば、人生のゲーム化では全ては自分の意志と選択次第で決まるので、そこにあるのはゲームを操作している自分自身の認識です。

敵は登場人物の一つでしかないので、道端の野良犬と同じようなものです。

全てのことには意味があり、自分の人生に何かしらの意味を付け足して存在する登場人物であり、そこに重要度や影響度を見出すのは自分自身の認識です。

ラスボスも、飛んでいるカラス一匹も同じように存在し、何かしらの意味を持って自分の人生の登場人物となっています。

敵として存在する自分以外の人はいますが、敵とみなすのは自分です。
関わらなければ敵と認識しません。そして、関わる際も敵と認識するか、攻撃をされていると認識するかどうかは、全て自分次第です。

そこに社会の統一ルールを適応するかどうか、何が正義で何が悪かは、自分のみが理解できることで、人それぞれに認識が違います。

全ての認識は自分次第。
敵により損失や損害を被っても、それを敵として悪とするか、善として成長の機会とするか、人それぞれに受け入れが違う人生がある。

人生をゲーム化することで登場人物の存在する意味を見えやすくし、それは自分の認識によって全てが意味付けられていることを明確にします。

同じ人が登場しても、その人のことを好きになることでその人の存在意義や、登場人物としての名前が変わり、「大切な人」や「パートナー」や「家族」として認識が変わります。

同様に、敵なのか味方なのかそれ以外なのかは、全て自分自身の認識によりいくらでも変わります。

登場人物の存在と共に自分の人生を生きていき、その中で、「生きている意味」を見えやすくするのがラスボスの存在です。

 

ラスボスから見える人生はゲームの意味

「生きている意味」は自分を克服することであり、ありのままの自分として生きることです。
これを邪魔しているのがラスボスであり、一番大きな敵です。

敵の認識は人それぞれにありますが、敵である理由は、「ありのままの自分で生きることを邪魔する存在」であり、それによって受け入れられないことからの苦しみや不調和を作ります。

しかしそれは同義で、「自己の成長を最も促す存在」になります。

ラスボスの正体 : ありのままの自分で生きることを最も邪魔する存在、自分の成長を最も促す存在

→ 自分のエゴ

ラスボスを倒すことが人生のゲーム化のクリアであり、それはエゴの自分を克服し、ありのままの自分を確立することです。

人生のゲーム化をすることで、自分のエゴであるラスボスを克服し改善するために生きていることを見出します。

苦しみからの解放を求め、人生は気楽で楽しいものであることをどこかで望んでいる自分を見て、人生はゲームであることの意味が、幸せを求めて生きている人生だと教えてくれる。
人生はゲームであることは、生きている意味を見えやすくする理解があり、人生の目的はエゴの自分を克服し、ありのままの自分で生きることを明確にする。

※人生はゲームである自由な考え方は、ドロップアウトの人生はゲーム。実は何でもいいかもしれない生き方 をご覧ください。

ドロップアウトの人生は遊びのゲーム。実は何でもいい生き方と考え方人生では、さまざまな選択と覚悟をしながら生きています。 何かに執着したり、手放したり、疑ったり、信じたり、拒否したり、受け入れたり。 ...

 

人生はゲームのエンディングにある宝物

ラスボスである自分のエゴを克服することで待っているのはゲームのクリアを示す宝箱です。
その宝箱を開いた瞬間にエンディングロールの映像と音楽が流れます。

エゴを克服することで自己の成長が大きく伴い、宝物として『終わりのない幸せ』を手に入れます。

人生はゲームの最後にある宝物 : 終わりのない幸せ

『終わりのない幸せ』とは、自己の成長に伴う生きる喜びです。

自己の成長は自分のための利益であり、喜びです。
自分が成長することでエゴとの分離を果たし、ありのままの自分を手に入れます。

そこにあるのは満たされた自分であり、いつでもどこでも何をしても喜びを感じる幸せです。

成長過程で何を手にするかは人それぞれにさまざまですが、成長の先にあるものはみんな幸せです。

その幸せは、成長すればするほどもたらされ、幸せは宇宙のように制限なく無限に広がる喜びです。

人生はゲームのエンディングロールが流れる時、ゲーム内の主人公とゲームを操作している自分自身が同化します。

それはゲームの世界ではなく、紛れもないこの世の現実であることを知り、ありのままの自分として生きることで、終わりのない幸せをよりもたらしながら、楽しく嬉しく満たされて生きていくこととなります。

その時の目の前には、自分だけの自分の世界があります。

※自分の世界については、自分だけの自分の世界がある。人生のルールは主人公の自由意志のみ ご覧ください。

自分だけの世界は誰しもにある│自分の世界に入る人の特徴と方法自分だけの世界以外に存在する世界があるのかどうか? ない。 この世に存在するのは自分だけの世界ではないでしょうか。 存...

 

人生はゲーム スピリチュアルな見方

人生はゲームのスピリチュアルな見方

人生はゲームであることは、スピリチュアルな概念からの見方もあります。

スピリチュアルには、存在する万物や出来事などの全てに波動や心である魂としての捉え方があり、人間には心があることから波動や想いとして物事や目の前のこと、そして自分自身についての理解を持つことができます。

人生をスピリチュアルに見てみると、自分が認識していることが現実化される仕組みがあり、それを引き寄せの法則や鏡の法則と呼びます。

全ては自分を中心に自分が創造し、出来事や登場人物、目の前で起きていることや敵や仲間は引き寄せの結果であり、全てのことに意味が見出されて、人生は自分で創り出し、ゲームのように楽しめる時間であることがわかります。

人生はゲームであるスピリチュアルな見方 : 

・波動と心を基にした引き寄せの結果が目の前に現実化する人生
・自分の認識にて目の前のことを自ら創造している
・あらゆることを受け入れる前提があることで、出来事を自己の成長に繋げることができる
・自分を基に物事が起きて、創造され、意味を見出すことが可能

スピリチュアルな理解では、目の前の認識は自分の波動による引き寄せの結果であり、それはスピリチュアルでなくとも脳科学の知見でもあります。

地球は陰と陽の概念を主体に物事に良い悪いの判断や評価を脳で思考します。それによって良し悪しや善悪の見方が作られて、受け入れるか受け入れないの選択を作ります。

スピリチュアルな魂の概念では心を主体とするので、思考的な判断はなく、受け入れないという拒否やエゴがありません。

波動での認識では物事全てに意味が見出され、自分の周囲にネガティブで苦しいことが多ければ、それは自分自身がその状態であり低い波動を出していることを表し、周囲に良いことやポジティブなことが多ければその反対を表します。

何が良いか悪いかは全て自分がどのように認識しているか次第で決まり、スピリチュアルな理解での人生はゲームの見方は、全てを受け入れる前提で目の前のことや自分自身をどのように解釈するかに重きを置くことで、あらゆることは自らが発信者であり、自分の成長のために紐づけることとなります。

それは生きている意味を見えやすくして、幸せを感じる心を主体とすることで、人生はゲームである見方が生まれ、気楽で楽しく自分の意志と責任を持ちます。

スピリチュアルに心を主体にすることで、感覚や感性を基に波動を感じ、物質以外の概念も含めて物事の意味や理解を促す。
自らが主人公で創造の発信であることを知ることで、自分のために繋がる物事の意味を認識して、一つ一つの存在を把握して、人生はゲームとして楽しく気楽に生きることになる。

※全てのことに意味を見出すスピリチュアルについては、本当の自分がわかるスピリチュアル|本物は自分だと認識してくれないんです をご覧ください。

本当の自分がわかるスピリチュアル|本物は自分だと認識してくれないんです本当の自分とは一体何者でしょうか? 自分のことを考えると、自分の中には何人もの自分がいるかもしれません。 しかし、自分の内側...

 

人生はゲーム まとめ

人生のゲーム化は、人生はゲームである仕組みを明確にします。

自分の人生の主人公は自分であり、登場人物と共に共存し、自分にとっての成長をして生きていきます。
自分の成長に合わせて、人と関わり、仲間を集め、物事を経験しながら哲学アイテムを使用して、敵を倒し倒されながらレベルアップしていきます。

人生のゲーム化にある「Game over」は、ライフゲージがなくなった時であり、それは命の終わりの時です。

人から攻撃をされることでライフゲージが赤くなりますが、ゲームを操作している本人の選択によって、ゲージ回復を試みるためにご飯を食べて栄養摂取したり、病院に行ったり、リラックスをして精神回復をしたり、心の傷を癒すことができます。

ゲーム内の主人公は自分自身ですが、主人公を操作する自分が俯瞰した立場にいる前提があるので、主人公を大切にして休息を与えたり、栄養を与えたり、喜びを与えたりは自由に選択して操作します。

全ての認識はゲームを操作している自分自身にあり、全てを良しと捉えることも、全てを悪しと捉えることも可能です。

自分の人生に、他人や社会の常識やルールを適応させるかどうかは自分の意志と選択であり、全ては自分次第です。

この世の人生では、常識やルールとは別に法律があり、人生を生きる環境に社会性を活用する場合は法律を守ることが大切になります。法律を守りながら登場人物と共存し、より良い社会生活を育むことになります。

しかし、常識やルールとは人と共存する上での自分のための考え方なので、それをどのように捉えるかは自由です。

人生のゲーム化をすることで、人生を自分の意志と選択で歩んでいることを明確にし、自分自身の認識によって物事を捉え、意味付けをしていることに気付きます。

人生に登場する存在を存在として認識していることに、全てに意味が見出せる人生はゲームの仕組みがあります。

認識を変えることは人生はゲームである意味を知ることになり、世の中の見方も捉え方も全てが一瞬で変わることを知ります。

そこには、ゲームを操作して物事の認識をしている張本人の自分がいます。その自分にエゴがあることで敵を作り、克服を必要とする概念をゲーム内の主人公に感じさせます。

しかし、エゴのおかげでレベルアップを求める姿が生まれ、成長してエゴを克服したゲームクリアのエンディングには、宝物が待っています。

ありのままの自分を手に入れることで、人生は常に自分のしたいことをする心の引っ掛かりのない状態となります。
それは常に願い事が叶っていることを理解し、常に満たされて幸福であることを気付かせます。

人生のゲーム化ではエンディングになりますが、人生は終わりを迎えるまでエンディングは流れません。
ゲームをクリアした後には、ありのままの自分としてどこまでも成長して、どこまでも幸せを手に入れていいスーパーマリオ無敵状態として生きていきます。

それは一時的なものではありません。一生無敵なティンティントゥル、ティンティントゥル♪が流れ続け、光り続け、歩くのも早く活力がみなぎります。

人生はゲームです。人生をゲーム化してこの世を生きることで、楽しく遊んでいきましょう。

それでは、ゲームの始まりかと思いますので、人生のゲーム化についての説明を終了します。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です