心理

怒ると無視する人の心理と対処法│感情表現の孤独さを知ってあげて

突然の無視。

無視される側は対処に困るものです。

「どうして無視するのか?」
怒っても無視しない人にはわかりにくいものです。

無視する側には無視する意味があり、心理からの人間性があり、感情表現方法があります。

ここでは怒ると無視する人の心理と、無視された時の対処法をお伝えします。

  • 怒ると無視する人にある特徴とは?
  • どんな心理なの?
  • どうやって対処すればいい?

これらを詳細に知っていただくための、怒ると無視する側目線に基づく内容となっております。

私自身、“無感情で人の存在を自分の中から消す”という冷酷キッズだった経験から、無視される側が相手を理解する一助となり、無視してしまう側がご自身を知る一助となれば幸いです。

怒ると無視する人の心理

怒るとは

不平不満、憤りに不調和やイライラ、相手に対して怒る時に言い合い、喧嘩、罵声を飛ばし合い、唾を飛ばし合い、おかしな顔をして真剣に相手を責め立て、攻撃して否定して、これでもかと納得させ、自分が納得するまで続ける。

さもなくば殺す。

怒るとは実にアウトオブコントロール。とんでもない顔をしていることに気づかないほどに、何をしでかすかわかったものではありません。

それを知ったミニキッズの私は恐れおののき、怒りを表現したくないと思いました。

学校では毎日のように怒られる生徒だったために、「こんな変な顔をして、真剣に笑わせるつもりではない、これはシュールさを超越した笑いか?哲学か?」なんてことを考えざるを得ない中学生時代でした。

私のような自分を押し殺していた人間は、怒りをなかったことにします。まるで目の前の人が、その時間が、その空間が、自分自身がなかったかのようにパぁっと消える。

全否定、完全抹消する誤魔化しにて自らに嘘をつく方法です。

怒りの表現は人それぞれにさまざまです。

  • 怒りを周囲にぶちまける人
  • 自分の状態を、されたことを、言いたいことを、私はここに居るんだって誰かに知ってほしい人
  • 怒りのエネルギーのまま、相手から真意や理由を問い正し、納得するために攻め寄る人
  • 嫌なことをされた分、相手に嫌なおもいをさせてやろうと攻撃する人
  • 三倍返し、いや納得いくまで止めない人
  • 訳がわからず無意識で感情をはっちゃけさせる人
  • 怒りの対処がわからず、憤りやイライラにて悶々とする人
  • 制御不可、何をしでかすかわからないので、怒りをなかったことにする人
  • 無視して無言になり、反応しなくなる人

怒るとは認めている自分ではなくなることを表す感情です。

憤慨、激昂の怒り以外にも、悲しい、愁い、憐憫、虚しさ、憤り、イライラ、違和感、不調和などが、怒りの感情に含まれます。

怒った時に泣く人、自己否定、他者否定、虚しく喪失、空虚になる人も無視する人もいます。

※怒りの詳細は、怒りのスピリチュアルはエネルギー|愛と表裏の関係を持つキレる訳 をご覧ください。

 

怒ると無視する人の特徴8選

怒りの感情表現方法が無視の人。これがここでお伝えする対象です。

共通した特徴がありますので、順番にご覧ください。

1、理論派

感情を発散して、ストレスをなくして怒りに翻弄されないようにするのではなく、どうして怒り、どうして相手を怒らせてしまったのか、どうしてこうなったのかを理論的に考え、根本の理由や原因、今後のための予防線、対処にて解決・解消しようとします。

 

2、なるべく怒りたくない

怒ることは不毛で動物的、とまで思う人はいないかもしれませんが、怒ることをなくしたいと思っている特徴です。

怒りを表し合って共有解決したり、お互いに納得できる腹を割った時間にはなりません。

極端に表すと、「喧嘩するほど仲がいい? いやいや、喧嘩したら仲は悪いだけでしょ」と。

 

3、心を開く人が決まっている

怒ると無視する人は心を開く人が少ないか、特定の人に決めていたりします。

心を開く感覚はなく、無意識に自分を抑え付けて隠そうとする人もあります。

相手に心を開かない訳ではなく、頻繁には心を開かない特徴です。

 

4、自己解決意識が強い

怒りは自らが生み出している理解があり、どれだけ他から影響を与えられたところで、解決するのは自分の中にしかないと認識します。

他者が謝ろうが何しようが影響は少なく、最終的には自らが解消や解決する責任を持って、怒りと関わります。

他からの影響をなくす無視を活用して、自らと向き合うための邪魔を排除するという人もいます。

 

5、自己責任の念が強い

自らの行為には責任を持ちます。

怒りは自ら生み出しているので、自らの言動、相手の行為に自分の非があるか否かを気にします。

非があれば在り方や関わり方を変えようと努力する人もいます。

しかし、心を開く頻度が少ないために表すことがなく、気づかれません、言いもしません。

 

6、個を尊重、または主張する

怒ると無視する人は、自己解決、自己責任と、個への意識が強いです。

「私は怒った、だから私が解決する」
「あなたが怒っていることはあなたが解決する」と個を尊重、または主張してこじつける人もいます。

自分の行為に対して責任をしっかり持つ人もいれば、在り方に頑固一徹、変化を拒んで無視し続ける人もいます。

 

7、めんどくさいことが嫌い

テキトーで、何も考えていないとは別です。

理論的で、非を見極めて解決や改善を図ろうとする真面目さがありますが、人との関わりや、見えにくい感情や気持ちの触れ合いに若干の煩わしさを感じる人もおり、人と距離を取りがちです。

対処や理解できないことがめんどくさくなり、周囲の影響があると自分を見失うように訳がわからない気分を味わいます。

自己防衛や対処不能なめんどくささに、シャットアウトの無視を使用します。

 

8、平和思考、または攻撃性が苦手

平和を重んじるとは違い、思考が攻撃的ではなく防御的な特徴です。

攻撃したりされたりが苦手で意味がわからないので理解困難。言い合いや罵り合い、物理的暴力に精神的暴力など、相手を攻撃して追い詰めたり痛めつけることをしません。

以上が特に目立った特徴でした。

 

怒ると無視する人の特徴 一覧

上述の内容をまとめたものです。

怒ると無視する人の特徴 一覧
  1. 理論派
  2. なるべく怒りたくない
  3. 心を開く人が決まっている
  4. 自己解決意識が強い
  5. 自己責任の念が強い
  6. 個を尊重、または主張する
  7. めんどくさいことが嫌い
  8. 平和思考、または攻撃性が苦手

 

怒ると無視する人の心理

怒った時に無視することは感情表現の一つです。

無視が自分のためになる意味があり、心理が潜みます。

無視する意味は、怒りの共有空間をシャットアウトできることです。

めんどくさくて嫌なことをそれ以上感じずに済む防衛となります。

しかし、なかったことにするわけではなく、自己解決の道に進みます。

この心理には、[怒り=嫌なもの]という価値観があります。

 

怒りは生み出すべきものではない価値観

怒りの捉え方は人によって違います。

私の子供時代は、怒ることは人間としてクズくらいに思っていたので、自分が怒ることをとにかく拒んでいた時があります。

そんな人間は自分を正当化するため、人が怒ると笑って馬鹿にしようとします。

過去の記憶や、人間関係での強い経験によって怒ることに嫌悪があると、「怒りは生み出して良いことなんてない、どっかいけ、このこのー」と距離を取りたくなります。

怒りの表現は“見たくない自分を自ら作る行為”になるのでストップが入ります。
「ダメだよ、したくないことをして自分を傷つけちゃ」と声がする。

表現はやめて、自己解決するために無視という方法をとります。

相手に、「これ以上何も言わないで、怒るなんてばかばかしいことしたくない」なんて言ったら、「あんたどういう意味!?こっちは真剣に向き合っているのにー!!」と三倍返しも予想できる、よし、強制シャットアウト、ツーン。

「すいません、今それどころじゃないから、じゃあねピュー」と走り去っていくイメージです。

無視は、したくないことを自らに無理強いさせない心理であり、自己防衛です。

 

怒ると無視する人は個を尊重する

怒りは自ら生み出しているために、怒りを与えられたのではない理解があります。

「はい、これお土産だよ」とふたを開けたらうんこ饅頭、ぷ~ん。

怒って投げつける場合には他者が主観。自分が主観ならユーモアで返す。

「あ、これお返しと言っては何ですが」と本物の蛇が飛び出るビックリ箱をプレゼントです。

最高の喧嘩が始まりだっ。

とこのように、怒るかどうかは相手の影響があっても最終的には自分が決めます。

個を尊重する無視人は自分が主観。怒ってしまったのであれば、自己解決するつもりです。

怒ると無視する人の心理には、自分のことは自分で解決する意識があり、個を尊重します。

「私は私」「あなたはあなた」

「怒り合って、お互いに言い合って、納得し合おう」なんてことはしない、できない、経験ない。

他の影響にて動くのではなく、自らの意志で動く人間性があり、潜在的な真意であるために気づいていない人もいます。

相手が謝ったから許すのではなく、自分の中で解決できたら怒りが静まり、相手を正常に見れる。主観は常に己です。

 

怒ると無視する人は怒りの矛先を曖昧にする

少し特徴的な心理があります。

喧嘩をした時にもちろん相手にムカつきますが、無視にてシャットアウトして間もなく、怒りの矛先は相手から自分の中に向かい、ウネウネします。

人との共有概念が少なく、同じ空間で出来事を味わい、同調して調和して笑い合ってとはなりにくい在り方があります。

例えば、二人で喧嘩した時には二人の共有空間にて反発が起きます。

無視して共有空間自体を瞬く間になくし、共有空間を拒否することで怒りの矛先をなくします。

怒りの感情のみが己の内に残り、矛先をわからなくさせることができます。

無視を感情表現にする人は怒りが自分の内に残り、矛先をなくす術を持ちます。

この心理には、事実を誤魔化さずに誤魔化す人間性が潜みます。

言い方を変えると、誤魔化していないと思えるように誤魔化し、自分に対する嘘をつく心理です。

無視する人に無視する理由を尋ねると、自分も相手も納得できそうなことを考えて言います。

あなたのことをより考えられるように自分の世界に入りたいの。
これ以上相手を攻撃したくないから、無視にて何とか対処する。

嘘、でも本人は本当だと思っています。

怒りの矛先を曖昧にできる人は、その場しのぎや危機的状況の回避能力、逃避能力、逆境に強い人です。 

※怒ると怖い人の話は、普段は静か。怒らない人が怒る時は走って逃げた方がいいという話 をどうぞ。

 

怒ると無視する人の対処法

怒ると無視する人に知っておいて欲しいこと

誤魔化すために嘘をつこうが、誤魔化していないと嘘をつこうが、大切なことは怒りを抑制せずに、脳内で手ごねこねこね、怒りの感情をパンかハンバーグにすることです。

怒りを表現せずに無視することは、感情表現に孤独さがあります。

※表現とは内にあるものを他に伝えることですが、怒りを内に戻して独りで解決する

感情がある以上は発散するか、浄化するか、飲み込むかをしなければ心身に残ります。大概の人は発散します。

残ると滞留し淀み、水が腐るように心身が腐っていきます。

すると変化を拒むようになり、活力がなくなる、肌荒れや血流に影響する人もいます。

変化を拒まず、活力がなくなっていない場合には、無視して閉じ込めた怒りの感情を食べたことを意味します。

食べちゃう?!

自己解決が済んで納得した意味です。

怒った時に無視することは表現方法の一つなので、なんにも悪いことはありません。本人にとっては大切です。

無視が表現方法だと理解すると自分のためになり、腐らせずに対処する認識になります。

私はただ抑制して食べることをせず、滞留して腐らせてしまいました。挙句、怒りの表現を抑制できずになり、事あるごとに怒りをまき散らすミニゴモラ怪獣となり、小さな足音をウギャウギャ立てて雑草を貪ることになりました。

無視は大切な感情表現。抑制はせず、無視を活用して自らの解決フィールドを作り、明確に対処して怒りを野放しにされないでみてください。

適切な言い方をすると、怒りの対処法(抑制せずに思考的に納得するまでこねこねバーグ)を明確にすると怒りの滞留がなくなり、無視が人間性に見合う効果的な方法に。

 

怒ると無視する人の対処法

無視される側の対処法についてです。

対処と言っても人に対することではなく、怒りの出来事やお互いの関係性に対してですので、方法は相手を思いやることとなります。

具体的な対処法をご覧ください。

 

対処法①:放っておく、でも無視はダメ

無視ではなく放っておきます。

無視すると大変です。なぜならば、無視を感情表現に使用する人は、ただ単に無視するとは全く別物です。

挨拶しても無視、急に無視されるようになった、村八分なんて具合のいじめとして無視する人ではないので、万が一怒って無視されたからといって無視すると、一方的にいじめたいという意志表示になり、喧嘩を売っています。

ただ放っておきましょう。

影響を与えず、これまで通りに生活します。

時間が経てば自己解決が終わって平常化し、相手がなんだか優しくなったりします。

怒ると無視する人は、自分に非があるか否かをしっかり理解して納得に持っていくので、非があれば優しくなったり、なんか買ってくれたりします。

それを表現したりはしませんが、さりげなくしてきます。根は良い人です。

 

対処法②:謝らない

謝る必要はありません。

ある程度時間が経ち、謝りたければ謝ることも大切です。

謝らなきゃと思っている場合には謝ることが望ましいですが、自己解決時間を相手に与えるために放っておく不干渉が大切で、その後に謝ることで相手の納得に助力を与える効果となります。

一方的に謝ることは自分が納得したいために他者を利用する行為となり、自己解決を図る人は他者利用をしないので、利用されているか否かに非常に敏感です。

自分のために謝りたいのか、相手のために謝りたいのかを明確にしないと、無視する人に見透かされて怒りを与えますのでご注意ください。

 

対処法③:自分が何に対して怒っているかを自己解決する

無視されている時間を使って相手の気持ちを理解する考え方です。

無視する人と同じように自己解決を図ってみるというもの。

相手の気持ちを理解することに繋がり、どれだけ時間を置けばいいか、放っておけばいいか、謝るタイミングがわかるようになります。

無視する人の気持ちがわからない人は、無視という行為に対して、「一方的に心閉ざされた…シュン」と思うかもしれませんが、心を閉ざす山籠もりは人によって大切以上に必須です。

心を閉ざすのは相手を否定するものではなく、怒りと向き合い、これ以上相手に迷惑をかけないための対処方法ですので、見える所だけでなく、見えない人間性や在り方を知ることが関わりの思いやりに繋がります。

以上が対処法でした。

※不機嫌な人の対処話は、職場や家でのあからさまな不機嫌な態度│対処は境界ぶち壊し作戦のぶち壊し をご覧ください。

職場や家でのあからさまな不機嫌な態度│対処は境界ぶち壊し作戦のぶち壊しピリピリと、「今日の私は不機嫌なんです」とスピーカーで選挙活動しているばりのオーラ。 「バチバチ、痛っ」と本当に感じたことがある人...

 

怒ると無視する人の心理と対処法 まとめ

怒りとの向き合い方、関わり方は人それぞれに千差万別です。

怒りとは愛の裏返しの感情、とても幅広い自分との不調和を表すシグナルです。

怒りは自分の心理や内側を表す情報の塊。あらゆる人間味が醸し出され、人との関わりを知り、育む機会となります。

人によっては怒りによってお互いを知ることができます。無視という行為にはその人の生きてきた軌跡があり、過去の記憶と思いの結晶として怒りとの向き合い方があります。

怒りの対処が発散して忘れちゃう人もいれば、一つ一つの出来事をしっかり認識して怒りと向き合って対処する人もいます。

対処ができなくなると腐る原因となり、感情が腐ると心が腐り、体が腐っていきます。

すると、関わりの対処どころではなく、人としての対処になっていきます。

大切な意味をもたらし、他にも自にも大きな影響力となるのが怒り。人が怒りとどのように向き合っているかを尊重することは人間関係の敬いとなります。

無視は、お互いがお互いを知る創作になり、お互いのためになる思いやりを学ぶ時間になります。

そんな心理理解が、お役立ちできれば幸いです。

それでは、怒ると無視する人の心理と対処のお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です