生き方

一人暮らしで人生は変わる?!「自分」の捉え方によって結果が違う

一人暮らしで何が起きるのか?

千差万別の生活模様には、自分だからこその一人暮らしの恩恵と意味があり、人生を変えるための行動になります。

「人生を変える」とは大それたものではありません。自らの人生を自らの意思と意志によって捉え、生きる意味です。

そのためのきっかけであり、育みであり、行動の一つが「一人暮らし」です。

ここでは、一人暮らしで人生が変わる仕組みをお伝えします。

一人暮らしの意味とは?
一人暮らしで人生が変わるとは?
一人暮らしで人生が変わる人と変わらない人とは?
一人暮らしするか悩む時に大切な考え方とは?

一人暮らしには価値観ではなく、意識として合う・合わないがあります。

「自分」をどのように認識しているかによって、一人暮らしで人生が変わるきっかけにならない人もいますので、一人暮らしで人生が変わる人かどうかの見極めの一助となれば幸いです。

一人暮らしを活用した人生の捉え方、ぜひご参考にされてください。

一人暮らしで人生が変わる?!

一人暮らしする意味

実家やシェアハウスや宿泊とは一変する一人暮らし。

「一人」に何もかもの行動・手続き・契約・決定・責任が付帯します。

自らの意思決定によって物事が進む行為には、自責の育みがあります。

自らの思考と行動を自覚すること(自責)の恩恵が一人暮らしによってもたらされ、人生を生きる状態が明確化されます。

自らの足で動き、頭で考え、心で決める。このような自覚が増えることで自分で自分を信じる状態となり、「自分」という存在認知、自己理解が深まります。

 

孤独との関わりを知る機会

自己理解を深める一人暮らしの大きな意味となるのが、「孤独環境」です。

一人暮らしの自責が孤独との関わりを選択させ、より自分を知る環境となります。

人によっては逃げます。逃げることを誤魔化します。自覚しないように自責を放り投げます。

人によっては受け入れます。柔軟に人と関わり対応します。お金の使い方を変えて対処します。孤独と向き合って自己理解を深めます。

孤独の時間が自然と増える生活。時間・お金・人間関係に対する見方が一変します。

 

時間とお金と人間関係が変わる

あらゆる行動は自らが考え、決定し、行為するため、時間とお金と人間関係は明確に「自分のため」という目的が強まります。

「自分だけのため」
「自分のために他を排他する」
「自分のために他を利用する」
「自分のために他と関わる」
「自分のためが他のため」

人それぞれに目的の真意は違いますが、自分のために時間もお金も人間関係も使用し、利用し、活用するため、酸いも甘いも経験が増えていきます。

良いことも嫌なことも自然と増えます。

自信を付けていく人もいれば過剰になる人も、失う人もいます。

 

一人暮らしで人生が変わる人と変わらない人

一人暮らしの意味は良いも悪いも人それぞれです。

これをどのように捉えるかによって、人生が変わる人と変わらない人の兆候が表れます。

人生が変わる人は、「良いも悪いも経験」と捉えます。

人生が変わらない人は、「悪いことは嫌だ」と悪いことにフォーカスして拒否します。

違いにあるのが自責。自らの思考と行動を自覚しているか否かです。

実際、一人暮らしが人生を変えることは困難です。

しかし、自責を育むことができるため、自分次第で変えるかどうかの選択ができるようになります。

人生を変えるきっかけになり、人生を変える基盤の自分を作れるのが一人暮らしです。

 

一人暮らしは人生を変える自分になるための方法

自責なくなされるままに契約し、言われるままに判を押し、自炊せず、能動的にならず、生活的自立せず、社会的自立せず、経済的自立せず、精神的自立せず、自らの考えと覚悟がない一人暮らしの意味は別物です。

「恥ずかしくない、大人として、周囲に言われたから」という見かけ作りの行為にもなりかねません。

人によっては何か意味があると思いますが、人生を変えるとは大きく別概念の「一人で暮らす状態表現」となります。

しかし、自責を育む機会として一人暮らしすると、経験を経験として認識できます。

嫌なことがあっても、嬉しいこともあったと偏った見方をせず、良いも悪いも経験として受け入れられるのが自責です。

「自分でどう思い、どう感じ、どう判断する?」の認識を持ち、人生を変えるための基盤作りとして、自らの意思と意志で生きる自分になるために一人暮らしは活用できます。

※一人が重要な人生の詳細は、孤独を楽しむとは人生を喜ぶこと│一人であることを活用しない手はない をご覧ください。

 

一人暮らしで人生を変える意識

一人暮らしが合う・合わない意識がある

一人暮らしで着目したい意味は「自責」です。

自責は一人暮らしによって育めます。しかし、人によっては一人暮らしする必要がない人もおり、自責以上に大切なものがあります。

人それぞれの違いには、「自分」をどのように捉えているかの意識が関わります。

一人暮らしで人生を好転させ、自分を変える機会にする場合、一人暮らしに合う意識かどうかは大切な見極めです。

意識の違いはこちらです。

一人暮らしで人生を変える意識
  1. 一人暮らしに合う意識
    …「自分」を個として認識する
  2. 一人暮らしに合わない意識
    …「自分」を他の中の一部として認識する

「自分とは?」の捉え方が個や独自なのか、他との共同や集団の一部なのかの違いです。

 

個として自分を捉える場合には一人暮らしは重要な人生好転方法

自らを個として認識する場合、一人暮らしは人生を変えるきっかけになります。

「私は私」「個性がある」「独自性がある」

自分は自分としての単体意識があり、自己成長、自己理解、自己認識を育むことで、人生を自ら創り、生きます。

一人暮らしによって才能や能力を開花させ、活かし、向上させ、自らの力によって物事を進め、行動します。

この意識を持つ人には自責がとても大切。自責の育みがあると人生は好転し、変化を自ら作るために、良くも悪くも経験を増やすことで人間味が深まり、一人暮らしが活用的で目的と意識にフィットします。

 

他の中の一部として自分を捉える場合、一人暮らしの意味は全く違う

家族や他者や社会の一部として自分を捉え、共同体や集合意識を持ち、自らの能力は他との関わりにて発揮するタイプ。他者との調和や共有を重んじます。

「自らを明確にして、自己理解を深めて自分を知り、個として成長して人生を創るぞ」とは違い、「みんなと一緒にやってこうよ」「ゆっくり協力しようね」となります。

一人暮らしの自責効果は合わず、「一人暮らししたい」と思うことがほとんどありません(または一人暮らししても直ぐに他者との共存環境になる)。

実家暮らしで何不自由なく他者との共存を尊重し、一人暮らしをしようか悩むことはなく、「一人暮らししないの?」と聞かれても、「しないよ、実家があるもん」と一言で終わり。

自責以上に調和や共有や愛の育みによって人生を切り開き、他者や社会性と共に人生を創るタイプです。

 

一人暮らしを悩む時の考え方

「一人暮らしをするべきか、否か?」

一人暮らしを経験する前は悩むと思います。

悩む際には上述の意識を一度確認されてみてください。

傾向として女性は共同体・集団意識が強く、個を成長させる以上に他との関わりにて一緒に成長するため、一人暮らしを求めない人が多いです。

男性は反対に個を尊重し、主張する人もいるほどで、自己成長や向上を目指し一人暮らしを求める人が多いです。

一人暮らしをするかどうかには人それぞれの意識の合致が関わり、「自責が必要?」「それ以上に重要なことはない?」の価値観や性格の確認が大切です。

悩む場合には、潜在的か顕在的に「一人暮らしを求める何か」がある表れですので、無自覚の領域で自らの成長や向上を求めている可能性があります。

個への意識が強く、自らを強めて高める目的がある場合には、良いも悪いも共に経験して自責を育む一人暮らしは飛躍的に人生のためになります。

 

悩む際には目的を明確にして、意識を確認すると役立つ

悩む場合には、「何のために一人暮らしをしたいのか?」を明確にします。

  • 周囲に言われる
  • 年齢的に
  • 社会的常識に則って
  • 恥ずかしい思いをしたくないから
  • 周囲に否定されたくないから
  • 自立したいから
  • 自分の時間が欲しいから
  • ‥‥

人それぞれに目的がありますが、「自責」「自己成長」の二つに触れる目的がある場合、個への意識の表れですので一人暮らしをおすすめします。

※人生を変えるおすすめ方法は、つまらない人生を変えたいなら変人がおすすめ│変えたいという気づきが答え をどうぞ。

 

一人暮らしの成長は多彩

「一人暮らしをどのように捉え、何のために活用するか?」
「一体自分の何になるか?」
「一人暮らしで何を得たいか?」

目的や意味は人それぞれにあります。

人生を変えるきっかけにする場合には、自責を忘れずに自らを成長させる認識が大切です。

一人暮らしの成長はとても多彩ですので、成長によってもたらされる恩恵を一覧でご参照ください。

一人暮らしの成長項目
  1. 自己理解を深め、自信を持ち、覚悟と意志の強さを得る
  2. 責任感を持ち、自覚を増やして自己認識が高まる
  3. 自己認識力の向上にて能力と才能開花が紐づく
  4. 自分の意見を持ち、自律を持ち、他者に翻弄されなくなる
  5. 時間は学びにも満たしにもなり、自分のための使い方になる
  6. お金は自己投資となり、無駄をなくし、価値と見返りを考えて自分のための使い方になる
  7. 人間関係は一変し、自らの意見を言い合い、執着を少なく馴れ合いや利用し合いにはならず、尊重し合いながら関われる
  8. 孤独との向き合いにて自責から自立へ向かう
  9. 人生を自ら創る意識になる

 

一人暮らしで自責を育まない際の注意点

全ては自らの思考と行動と自覚にて進む一人暮らしは、一人で暮らす状態表現か、自責を育む方法か、どのように捉えるかによって成長も意味も何もかもが一変します。

自らの思考も行動もなく一人で暮らす場合には、一人の時間を持つための時間、ホテル代わり、親元から離れるため、見かけ作りなど、一人一人個々に大切な意味がありますが、人生を好転させる自己の成長とは別物です。

「一人で暮らしている状態」という見かけだけを自分の評価や体裁のために使用すると、身に付く自信はうぬぼれや自己主張となることがあり、一人暮らししたからこそ自分を見失い、他者に執着し、承認欲求に苛まれて自己支配が起きる可能性があります。

一人暮らししたから自立するわけではなく、自責を育みながら日々の努力と成長によって自立が少しずつ芽生えるため、形にフォーカスすると一人暮らしの中身がなくなり、お金と時間だけ消費し、自信が異形を極めていく危険性があります。

実際に一人暮らしをしてみると、人それぞれにどういう認識を持っているかの違いがはっきりとわかるようになります。

自ら稼いだお金と自らの人生の時間を費やす一人暮らし。

「人生を変える」という意気込みや、「一人暮らししようか悩む」と考える時間があると、人生を好転させる方法として活用できることと思います。

※実家が近いのに一人暮らしする意味は、【実家から通えるのに?!】一人暮らしする心理と意味は自己投資 をご覧ください。

【実家から通えるのに?!】一人暮らしする心理と意味は自己投資一人暮らし、シェアハウス、実家、友人宅の徘徊、居候、住み込み、テント、野宿、牢。 さまざまな選択肢がある中でも、実家が安泰の地であ...

 

一人暮らしで人生は変わる まとめ

人生を変えるきっかけ、自責の育みの機会となり、人生を変える基盤が作られます。

どのように一人暮らしを認識し、どのように自らのために使用するか。

一人暮らしの意味を捉える気持ちを持つだけでも物事は大きく変わります。

私達は一人一人に価値観と観念があり、考え方も生き方も何もかもが違います。

根底には意識という自らの認知基盤があり、個として捉えるのか、他の一部や集団として捉えるかによって、一人暮らしの必要有無も変わります。

個を尊重する人は一人暮らしをぜひご自身のためにされてみてください。

一人暮らしによって実家での生活や、他者との共存環境での恩恵や意味がわかるようになります。不利益やネガティブな面もわかります。

経験は常にリアルを体感させ、自己理解を深めさせてくれます。

他者との共存をしている場合には一人暮らしを。
一人暮らしをしている場合には他者との共存を。

両方を知ることで成長は高まり、一人暮らしの意味がわかりやすくなります。

自らの行為をどのように認識するかによって、意味も恩恵も気づきも変わります。一人暮らしという考え方も生き方も一変する環境を活用するならば、少しも逃すことなく自分のために吸収されると、良き時間とお金と人間関係の理解となります。

意識が合わなければ自らに違和感と不調和を作ってしまいますので、「自分」をどのように捉えているかを今一度確認されて、一人暮らしと向き合われてみてください。

そのための考え方としてご参考になれば幸いです。

それでは、一人暮らしで人生が変わるお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です