人それぞれ

目立つ人は嫌でも浮く秘密の在り方を持つ|答えはスピリチュアルと心理

世の中には目立ちたい人と目立つ人がいます。

“目立ちたい人”は明白の理解として、目立つことを目的にして行動しますので、努力が伴います。

その際には思考や心理、物質的なアイテムや容姿の影響があります。

“目立つ人”は嫌でも目立ち、努力なく目立ち、何をしても目立ちます。

理由なく人が人を魅了することはできません。そのため、何かしらその人を認識する理由があり、そこにはスピリチュアルと心理の合わせ技としての隠された答えがあります。

そして、目立つ人はこのことを知っていたりします。

目立つ人に秘められた秘密は、声がでかいから、顔が整っているから、体がきわだつから、服が派手できわどいから、態度が騒がしいからではありません。

目立つ人の理解から、人が何を感じながら対人関係を作っているかを知ることになりますので、ぜひご覧ください。

 

目立つ人とは

目立つ人の定義

目立つ人の意味を初めにご覧ください。

目立つとは : ※引用 コトバンク

とりわけ人目をひく。きわだって見える。

とりわけなので、他者の中でも特にきわだって見える人が、目立つ人です。

すると、「他者が目立たない人ばかりであれば、目立つのかも?」「奇抜な服装や顔面ピアスでいけば!」と思うかもしれませんが、目立つ人をわかりやすくする存在が、“目立ちたい人”です。

目立ちたい人には明確な目的があります。
それは、「認めてほしい、褒められたい」「満足したい、納得したい」「自分の価値を教えてほしい」「優越感が欲しい」です。

これを承認欲求や自己肯定と言いますが、これらをする理由は、自分で自分を肯定できないためであり、それは恐怖を抱えていることであり、愛がないからです。

この状態、エゴイズムやエゴと言います。

自分のエゴを納得させるために目立つための努力をします。その際に、自分で価値を見出すことができないので、他者の評価や判断によって、「私に価値があることを教えてくれ」と願い行動します。

するとどうなるか、嫌われます

しかし、嫌われない人がいます。

それは、目立とうとしていなくても、社会的な価値観やルールにて評価される人で、容姿、成績優秀、性格良好、物質充実、安定した生活環境を持っています。

それは、“社会的に目立つ人”です。

社会的に目立つ人の特徴は決まっています。

社会的な評価にて目立つ人
  • 顔が奇麗
  • 体が美しい
  • 外見の彫りが深い(コントラストがある)
  • 影を持っている(闇と表面のギャップ)
  • 運動神経が良い
  • 頭が良い
  • リーダーシップがとれる
  • 優しい
  • 姿勢が良い
  • 声がでかい
  • 良く笑う

社会的な評価基準が満たされている人は、全て外見の容姿や見た目、性格の見え方などになり、それは思考による判断にて“好”と判断された人で心理も含まれます。

しかし、目立ちたい人とも、社会的に目立つ人とも違い、何もないのに圧倒的に目立つ人がいます。

学校であれば、「頭画君もカッコいいし、寸胴さんもかわいいし、さえずり君も運動できて、コネッタさんも頭が良いから目立つよね」
「だけどさぁ、何だかんだ言って、なぜかいっつもチョモレギ君を見ちゃうの」という会話が聞こえてきます。

なぜか気になる、なぜか目立つ、なぜかきわだっている。まるでその人の周りだけ明るいような気がする、というか場違いで浮いてない?

そんな人が本当の目立つ人です。

 

目立つ人と居ると自分を露わにされる

そんな目立つ人とはどんな人か、ご覧ください。

目立つ人とは無意識で目立ちますが、大きな特徴として、“大人しくありません”

それは、声ではなく、存在として大人しくないことでして、“行動量”が多いことで、“行動を抑えない”という意味です。

さらに、その場に居ることが目立つ人となる理由があり、目立ちたい人との明確な違いがあります。

それは、「目立とうとしない」「思考的に判断される立場にいない」ことです。

目立つ人とは : 行動を抑えない、目立とうとしていない、居る場所が違う雰囲気がある

※浮いている

目立つ人は明らかに浮いています。

「なんかこの人、ここは場違いな気がする」という人で、それは悪い意味ではなく、自分達とは違う領域に居る状態を意味して、「自分が追い付いていないからこの人のことを理解できない」という感覚を抱かせる存在です。

そんな人を一言で表しますと、「その人と居ると自分が露わにされる人」です。

目立つ人とは : 自分が露わにされる人

※目立つ人と一緒に居ることで、見たくない自分も、知らなかった自分も、隠れている自分も出てくる

目立つ人には隠れた無意識な魅力として、居るだけで目の前の人に、“自分を知らせる”という利益を与えています。

完全に無意識です。目立とうとしていないその人と関わると気になってしまいます。

 

目立つ人は自分の意見を持ち自立している

目立つ人と一緒にいることで自分を知る機会がもたらされるのは、目立つ人が完全に“自立している”からです。

言い方を変えると、自分の意見を持ちます。そのため自己受容がある特徴を持ちます。

目立つ人の特徴 : 自分を受け入れて自分の意見を持つ

※自己受容があり、自他を敬う

押し付けも強制もなく、思い込みも決め付けもなく、自分は自分として生きて他者にどう思われるかを気にすることがなく、自分の世界と認識と意見を持ちます。

例えば、会社の同僚である目立つ人とお昼ご飯を一緒に食べようと、会社のカフェに行きます。

大概は外食かお弁当か、カフェにある社食をみんな食べますが、目立つ人は白米に味噌とかだったりします。

食事の内容は目立つ人それぞれですが、あくまで自分の意見や認識を持って、意味を持って白米と味噌をお昼ご飯に食べます。

「白米に味噌は、腸の消化率と消化量が自分のお昼の体にとって最適なんだ」みたいなわけわからないことを自信満々で言ってきて、自分を敬っているので、「お金もったいないから何も食べない」やジャンクもりもりの概念はありません。

さらに、「好きな人に告白できない」などの話を目立つ人にすると、「なんで?」となります。
「恥ずかしいじゃない」とか、「勇気がでない」と言うと、「何が恥ずかしいの?」「好きなら好きって言うんじゃないの?」という具合に自分を受け入れている人の意見を持ちます。

すると、断られることを恐れている自分や、否定される可能性から逃げたい真意に気付き、自分のことしか考えていないことや、恐怖を恐れている自分を知ることになります。

会話でも押し付けや決め付けをしてこないので、言われたことが自分の違和感にグサッと刺さる一言だったり、誰も気を使って言わないことを悪意なく平気で言ったりします。

それは完全に自然体で体裁も気にしていないからであり、目立つ人はファンができて好かれると同時に嫌われます。

そこには心理的な理由があります。

※自分の意見を持つ人の特徴は、自分の意見がない人とある人の特徴|自分の考えを作る方法は遊びの創造 をご覧ください。

自分の意見がない人とある人の特徴|自分の考えを作る方法は遊びの創造自分の意見がない人には共通した特徴があり、社会的には批判の対象となる傾向があります。 しかし、日本だけを見ると、自分の意見を持つこ...

 

目立つ人は好かれるし嫌われる

ありのままに生きることで、行動を控えたり抑え込もうとしません。その為、目立とうという意識なく行動量が多くなり、「いつもやりたいことしている」という印象を与えます。

さらに、自然体な様と一緒に居ることで、自分の思い込みや決め付けをいちいち気付かされます。

それは自分を知る機会となるので、感謝を抱いて目立つ人を好きになります。

しかし、見たくない自分や隠していた自分が表れることを嫌がり、自分を知ることを拒否する人は嫌悪感を抱き、目立つ人を嫌いになります。

関わらなくとも好き勝手自由に行動をしている姿を見て、「なんか気に食わないな」と嫌われることもあります。

心理的に自分にはできないことや、求めているけどどうしてもできないことを軽々と躊躇なくするので、妬みや嫉みを抱かせて目立つ人は嫌われます。

目立つ人を好きになる理由 : 自分を知る利益に感謝を抱く
※自分を知ることで自尊心を高め、自己受容に繋がる
※新しい自分、知らない自分、見たくなかった自分を見せられることに感謝する

目立つ人を嫌いになる理由 : 自己評価を下げられることへの嫌悪
※自分のできないことをしている姿に妬む
※自己評価が下げられ、自己肯定できない不利益

人間心理にて、人と比較して自分の価値を高めようとする“自己肯定”を望む人は、自分より優れていると判断された人が近くにいることで、自己評価が下げられると思い嫌悪を抱きます。

その際には妬みを抱きます。

また、見たくない自分を見せられて直面できない自分がいることで、「嫌な思いをさせられた」と、自分の弱さを実感しないために責任を他者に転嫁して、自己の成長ではなく恐怖から逃れる現実逃避として嫌いになります。

目立つ人は好かれる人と嫌われる人が極端に分かれ、どちらでもいいと思う人はほとんどいなくなります。

すると、良い意味でも悪い意味でも印象がない状態がなくなるので目立ち、対人関係の時間が多くなります。

しかし、自然体であればあるほど、周囲がどうなっているかを気にしなくなるのが目立つ人の特徴でもあります。

 

目立つ人のスピリチュアル

自己受容にある愛と心の認知

目立つ人とはどんな人か、これまでお伝えした内容を初めにご覧ください。

目立つ人の特徴
  1. 行動を抑えない
  2. 目立とうとしない
  3. 居る場所が場違いな雰囲気がある
  4. 自己受容がある
  5. 自分の意見を持つ
  6. 一緒に居ると自分を露わにされる

目立つ人が行動を抑えないのも、目立とうとしないのも、自分を露わにする存在となるのも、全ては自分の受け入れである自己受容によるものです。

自分を受け入れることにはスピリチュアルな認識があり、高波動を伴い、“居る場所が違う雰囲気”を体からモワモワと発します。

目立つ人は、『自己受容』がキーワードです。

自己受容とは : ※Wikipedia 引用

今置かれている状況を愛し、満足すること。いまの時点の自分を評価し、検証し、受け入れ、サポートすることを、自分自身と合意すること。

そのままの自分を他と比較せずに受け入れることであり、「できない自分」や「ダメな自分」もそのまま受け入れて愛することが自己受容で、目立つ人は自己受容ができていることで自然体になります。

自己受容をする際には必ず愛が必要になり、それは自分を愛する気持ちです。

自分を愛することで波動が高まり、今この瞬間に起きている感覚や感性の気持ちのみの認識となり、物事を感じながら生きていきます。

愛の認知は心が今感じていることの認識であり、それによって心を主体にして生きる生き方が作られ、思考的に行動を抑制したり抑えつけることをしなくなります。

それは他者への攻撃や排他を含まない自分を愛する行為として、自己を尊重して行動するので、周囲に自信や自尊心を披露して心地良く清々しい疾走感の印象を与えます。

自分への敬いや自尊心の高まりによって波動はますます高まり、目立つ人のスピリチュアルな特徴を生み出していきます。

※自分を愛することのスピリチュアルな認識は、自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識 をご覧ください。

自分を愛する方法はスピリチュアルな自己中心|自分勝手とは違う認識自分を愛するとは気付くことかもしれません。 自分を愛することは、環境を活用した上での完全なる自由を与える生き方であり在り方です。 ...

 

高波動はポジティブで他者への敬いの気持ちを与える

波動が高くなることで、オーラの大きさも勢いも美しさも輝きも変わります。

活力的で清々しい行動から見えない雰囲気を醸し出し、目立とうとしなくても明るい雰囲気となり、肌に艶が出て視覚的にもオーラとしても輝きます。

肌艶があることとオーラが輝くことで容姿とは関係なく美しく見えるので、容姿が整っていなければいないほどに、余計に目立つことになります。

波動が高くなることで周囲に居る人や関わる人も同様に高波動の人となる引き寄せが起こり、複数でいればより目立ちます。

自分を受け入れることで自分も他者も敬う気持ちを持ち、関わる人に好印象を与えますが、目立つ人はあまり集団でいません。

他を敬う気持ちを自分にも持っていて、満たされた気持ちがあるので控えめで謙遜があり、自然と落ち着いていきます。

自分のしたいことを行動する際は活力的でポジティブに、自分を愛するために喜びや楽しむことに集中しますが、物質や物体を求める物欲があまりない特徴があり、欲しい人がいればその人を優先して、控えめで優しくなります。

目立つ人は自分を持って満たされていることから、他者を敬う気持ちがあり、行動は落ち着きながらもやりたいようにやり、謙虚で優しさを忘れません。

例えば、もらい物のお団子があってお腹を空かしている人がいればあげます。その際に、「はいどうぞ、ブー」とおならをしながらあげて、笑顔でバイバイという具合です。

自分を抑えませんし、敬いの気持ちも忘れませんし、自分が楽しむことも忘れません。

高波動にて愛が強くなると同時に、魂としての意識レベルが高い状態となり、それは周囲の人に“場違いな雰囲気”を醸し出して浮きますので、完全に目立つこととなります。

波動が高まることでオーラが変わり、美しさと大きさと輝きを増していく。
愛が強まり、他者を敬う気持ちを持って落ち着きを得ていく。
心の認知が高まり、意識レベルが高くなって肌艶が変わり、雰囲気から場違いな存在となって浮くことで目立つ。

 

逆エンパスにてエネルギー空間を広げることで目立つ

場違いな雰囲気や、好き嫌いが極端になり、なぜだか気になる存在であることから、何もしていなくても目立つ人は“逆エンパス”です。

エンパスとはスピリチュアルと心理学にある、感受共感力が強い人のことを言います。

感覚に敏感で、感受性が鋭く、共感能力が高いことから、周囲の人の感情や意図がわかり、自然と心情や嘘を理解します。

そんなエンパスには逆エンパスと言われる人がおり、エンパスであることには変わりありませんが、感受共感の仕方が自分の意志を持った上で、他者を読み取る人です。

逆エンパスは自分のエネルギー空間があり、その中に他者を包み込むことで、他者のエネルギーから感情や心情を読み取ります。

目立つ人は逆エンパスであり、自己受容にて自分の意志が強く、自分のエネルギー空間を常に広げます。

目立つ人は逆エンパス : 自分のエネルギー空間を広げ、その中に周囲の人が入ることで目立つ

エネルギー空間に入ることでその場は既に目立つ人のテリトリーとなることから、目立つ人の世界に自分が入っている状態となり、「なぜか気になる」という感覚が生まれます。

その状態で逆エンパスの人と関わることで、その人の行動や言動から自分が露わになる状態が生まれ、逆エンパスを中点として自分を捉える状態となるので好きになったり、嫌いになります。

逆エンパスの人は周囲の人の感情や意図が無意識でも自然と読み取れてしまうので、疲れやすく、心が翻弄しやすくなり、一人の時間を大切にします。

何もしていなくてもエネルギー空間を広げてしまうことから、リーダーを任されたり、頼み事が多かったり、相談をされやすくなり、嫌でも目立つ人となります。

※逆エンパスの目立つ理由は、逆エンパスの幸せは明確な線引き|エネルギーの活用で気楽に生きる をご覧ください。

逆エンパスの幸せは明確な線引き|エネルギーの活用で気楽に生きる感受共感性が強いことで、他者の感情や心情の意図を読み取り理解する。 心理とスピリチュアルから見出される“エンパス”という気質があり...

 

目立つ人のスピリチュアルな特徴まとめ

これまでの内容から、スピリチュアルな見方による目立つ人の特徴をまとめるとこのようになります。

目立つ人のスピリチュアルな特徴
  1. 波動が高い
  2. 愛の認知が強い
  3. 心を主体にして今を生きる
  4. ポジティブで自分の喜びや楽しさを尊重する
  5. 心が満たされていて他者を敬う
  6. 謙虚で落ち着きがある
  7. 一人の時間を大切にする
  8. オーラが美しく大きく輝く
  9. 肌艶が出て綺麗に見える
  10. 関わりたいけど手が届かない雰囲気を意識レベルの高さから出す
  11. 逆エンパス

自由でありながら人に愛を与えて、自分の好きなように今を生きるという具合です。

オーラや波動にて、ポジティブなことや幸せなことが引き寄せられる恩恵も自然と伴い、行動を抑えずに続けることで、常に何かしらのことが対人関係として起きるのが目立つ人です。

その為、一人の時間を大切にする特徴もありながら、「なんか凄い人がいる」という具合に浮く雰囲気を心地悪さなく醸し出し、周囲の人は気になってしまいます。

※人が寄ってくる人のスピリチュアルな理解は、人が寄ってくる人に秘密あり。人が寄ってこないスピリチュアルな理由 をご覧ください。

人が寄ってくる人の人間性は一つ|特徴からわかる人が寄ってこない訳人も動物も、人に寄るのには理由があります。 そのため、人が寄ってくる人になるには明確な理由があり、人が寄ってこない場合の理由もあります...

 

目立つ人のスピリチュアル まとめ

目立つ人は目立つ意識なく自分のことをします。自分のために行動をして、喜びと楽しみのためにポジティブに今という瞬間を生きようとします。

思考的な思惑も企みもなく、自己受容のある人は自然と目立っていきます。

自分を受け入れることで、波動を高めてオーラが変わり、意識レベルの向上と共に魂からの雰囲気を醸し出し、周囲の人々に関わりづらいけど関わりたいと思わせるような気持ちにさせます。

目立つつもりなく平気でおならでも何でもして笑っていますので、嫌でも浮きますし、その際に恐れや不安を出さないことで、関わる人の真意や内側の気持ちを露わにして、自分を知らせるきっかけを自然と与えます。

そこで、感謝を抱かれたり、妬まれ嫌悪にて嫌われたりと、極端に好き嫌いが分かれ、どちらでもないという中立の意見がなくなることで、良い意味でも悪い意味でも目立つ対象となり、常に人の目がつきまとい対人関係での出来事が頻繁に起きます。

しかし、人との距離を自分のために取り、あえて集団で行動する意志はあまりなく、組織の中でも一人でいることでさらに目立つことになります。

自分を我慢させたり抑制する概念があまりなく、自分も他者も敬う気持ちを持って接し、自分を受け入れて満たされていることで落ち着きがあり、好きになる人はファンになって自然と人気が出るようなったりします。

目立つ人は自分にないものを持っている状態が波動として雰囲気にでており、自由な姿や自分を抑制せずに我慢をしない姿が爽快感や清々しさを覚える心地良さにもなり、日本人だからこその目立つ人という概念にもなります。

海外でも場所に寄り切りですが、日本人ほど自己評価を気にする人はいませんので、目立つ人になることで嫌われるというのは、日本ならではかと思います。

目立つ人はスピリチュアルと心理にて理解すると、“逆エンパス”です。

自分のエネルギー空間を広げて他者を包み込むことで、他者の感情や心情や意図を自然と読み取り理解します。

すると、行動や言動が逆エンパスと関わる人それぞれに必要なものとして表現され、自分を知るきっかけや、知りたくない恐怖を抱く自分を目の当たりにしたりと、何かしらの影響を周囲に与え続けます。

私達が人と関わるのは自分の利益のためであり、それは喜びのためです。そのため、人に喜びを見出す人は目立ちます。

それは、目立つ人を嫌いになったとしても同一です。嫌いになっても目立つ人は気になるものです。なぜならば、目立つ人を嫌いになっているわけではなく、自分を露わにされることに対しての嫌悪感を押し付けている状態ですので、実は嫌いなのは目の前の人ではなく自分だったりします。

人と関わる際には、無意識でも意識的でも人を選別します。それは恐怖から逃げるためか、自分に喜びがあるかです。

そのどちらの影響も与えるのは、関わることで自分を露わにしてくる人であり、それが目立つ人です。

目立つ人はそのことを気にしているとストレスで大変ですので、好かれようが嫌われようが影響を感じず、自分の喜びのために好きになってくれる人に感謝して、お団子でもおすそ分けする様子です。

それでは、目立つ人のスピリチュアルと心理からの理由についての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

POSTED COMMENT

  1. ちっち より:

    この記事は、私そのものです。
    一言、すごい!
    よくわかってらっしゃいます!

    そんな貴方も同じような方でしょうか。

    • 北斗 より:

      ちっちさん、読んでいただき、ありがとうございます。
      私もそんな一人です。

      • ちっち より:

        ご返信ありがとうございました。
        これにより、いつもいつも取越し苦労やら苦しみを乗り越えてきました。

        今は本業と+プロカウンセラーをめざしている私です。

        ”同じ” って嬉しいですね!

      • ちっち より:

        実際お会いして、共鳴&共感してみたいですね。(笑)

        • 北斗 より:

          ちっちさん、カウンセラー楽しまれてください。
          同じですね。何か機会があれば会うかもしれませんね。

          • ちっち より:

            同じですよね!
            共通点があるって面白いですよね。
            そうですね、ご縁がありましたら、どこかでご一緒になるかも?
            しれませんね。

  2. れい より:

    あハハ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です