悩み

人生どうでもいいと思った時の対処法│それは大切な合図だった

人生がどうでもよくないことがあるのでしょうか?

人生は、マヨネーズとソースの味がしていれば“おいしい”と思うお好み焼きと同じようにどうでもいいことで、そんな話もどうでもいいことです。

人生に疲れ果て、自暴自棄になり、「人生なんてどうでもいい」と思う場合には、少しここで休息していかれてください。

ここでは、人生は本当にどうでもいい考えを真意としてお伝えし、人生についてをご自身で観る機会にすることが目的です。

人生はどうでもいいと思っている方。
何もかもどうでもいいけど何とか対処したい方。
どうでもいい状態を理解したい方。
を対象にした内容です。

考えを見つめる機会になれば幸いですので、私が人生どうでもいいと思った経験からわかる理解と対処法をご覧ください。

全部読むと10分ほどかかりますので、気楽にどうぞ。

人生どうでもいい

人生がどうでもよくないのは何故か?

人生がどうでもいいと思う際には、人生がどうでもよくないという考えが前提に必要です。

何もない真っ新な状態を前提にすると、そこに“認識”があることで、良し悪しや善悪の判断や評価をします。

物事の良し悪しは自分にしかわからず、唯一人生の良し悪しを決めることができる存在が自分です。

「何もかもどうでもいい」と思うための前提材料となる、人生どうでもよくない認識は自分が存在することで作られます。

 

どうでもいいもよくないも自分の有無で決まる認識

人生どうでもいいもどうでもよくないも、共に自分が消えてなくならないことで抱く認識です。

自分の有無によって両認識の狭間が作られ、「どうでもいいと思い込みたい、どうでもよくないと思うのが邪魔、どうでもよくない認識を抑圧しよう、どうでもいい理解を現状維持の対処に使おう」などの動きを作ります。

自分の有無とは、自分を自分で認識しているか、自分を他者で認識しているかによって分かれます。

 

人生がどうでもいいとどうでもよくないの狭間にある心理

狭間で揺れ動く心理によって、人生どうでもいいことの理解がわかりやすくなりますので、順番にご覧ください。

自分の意見がなくなると人生の答えが決まる

人生どうでもよくないと思うのは、社会の教科書にそう書いてあるからかもしれません。

表現の自由、個人の自由、個への思想です。

社会環境の中で生きている以上、法律は大切なものですが、常識やルールは自分で受け入れるかどうかを判断して選択します。

一人一人に認識があり、みんな違う特色や個性があり、顔も言語も違い、生きてきた環境も食べるものも量も、何もかもが違います。

社会性を活用するのか飲み込まれて従うのかによって、自分の意見があるかないかが明確に分かれ、意見がなくなることで、“普通”、“一般”、“大衆”として常識やルールに準じて生きる道を言われたように歩き、言われなければ困り、叫べば保障制度が出てきて守られます。

そこから逸れることへの恐怖を同時に貰い、安泰への欲求を糧に大きな塗装路を一定速度で歩く人生が決まります。

意見を持つか持たされるかは、人生を生きるか生かされるかを分けます。

 

人生の答えが決まると人生はつまらなくて何だかどうでもよくなる

人生の答えが決まると、生きている意味を見出すのが、刺激や快楽、疑似現実に身を投じる脳内生活になります。

言い方を変えると、脳内快楽ホルモン分泌、脳が喜ぶ刺激に癒し、非日常を夢見る幻想ライフです。

外部情報にて“生きている感”を得ることで自分を認識するようになり、他の情報や評価、反応や体裁、常識やルールのために生き、何もかもどうでもよくなる時が来るまで突き進みます。

知恵の輪の答えを見てから解き、それを隠して他者にできたことを披露して、思考を満足させることで喜ぶというイメージです。

他の反応が自分の人生を決める状態を作ることで、同じことを三度ほどすれば嫌でもつまらないことをしていると気付きます。

 

人生に変化と成長がなくなると人生はどうでもいいものになる

人生の答えが決まり、主観が自分ではなく“他”になることで人生に変化がなくなります。

決められた人生となることで、人生を作って切り開く意志はもうありません。

成長意志がなくなり、新しいことへの挑戦や学びのために積極的に行動する気もなく、恥ずかしいことや困ることがなければいいと思い、安泰維持、苦痛や危険回避を求めるようになります。

そのまま疑念も自分の意見もなく生きることで、人生どうでもいいと思うことはありません。

しかし、現状を見直し、変化や成長を求めようとする気持ちがあると、「人生どうでもよくない」と認識していた自分が出てきます。

が、行動を抑制して、諦めや興味がないと思うための“思考”が先行することで、人生どうでもいいと思って行動しないことの正当化を試みたりします。

自らの意志を持って自分として生きようとすることで、人生はどうでもよくない認識が蘇り、それを抑え付けてなかったことにすることで、人生どうでもいいと思います。

少しややこしいですが、「人生どうでもいい」と思うことは、自分が消えていないことの自覚を意味します。

どこかに居る。

しかし、意見を作る労力や醜態の危惧、成長や変化を求めず、安泰を求め、苦痛回避を優先していれば、「人生どうでもいい」と思うことで現状維持を図る方法としたり、自分がないことを自覚せずに現状を正当化して貫く方法になります。

人生どうでもいいと思うか、どうでもよくないと思うかの狭間で揺れ動く心理は、喜びを求めるか、不安や恐怖の苦痛逃避を求めるかによって作られます。

※人生どうでもいいことの意味は、人生どうでもいいことの真意は楽になる気付き│経験を自分のために をご覧ください。

人生どうでもいいことの真意は楽になる気付き│経験を自分のために「人生どうでもいい」と思う経験があることで、人生の意味や生きている意味を考えることになります。 臨死体験や死にかけたことがある方は...

人生どうでもいいと思う人の特徴と理由

人生どうでもいいと思う人の特徴

人生どうでもいいと思う人には共通した特徴があります。

1、真面目過ぎる

糞真面目という意味です。

真面目とは自分の意志と選択に誠実で真っすぐであることですが、糞真面目は社会性や常識やルールに対して、ピッタリ当てはめて一切ずらさない頑固な様のことです。

社会のレールやみんなが言うこと、テレビが言うことを“正しい”として、そこから逸脱しないように努力を一生懸命にする人で、忍耐と苦労とストレスを伴う生き方をします。

するとある日気付きます、“自分がないことに”

 

2、自分を見失う

自分がないことに気付いた時、“喪失感”や“虚無感”を感じます。空っぽです、何もなかったんです。

これまであると思っていたものは全て社会性にて作られたもので、何一つ自分のものはなかったことを自覚すると、人生どうでもいいと思います。

 

3、何もかもが自分の思い通りにならない

何をしても自分の思うようにならない時、人生どうでもいいと思います。

それは、何もかもを言いなりにしたいという願望があり、支配欲が強いことを意味します。

「あれはこうなるべきだ」「これはこういうものだ」と全てを自分ルールで決め付けて、思い込みの固定観念で塗り固めることで、他者との共存社会では思い通りにならない現実が起きます。

 

4、完璧主義

思い込みや固定観念を持つのは、完璧主義に基づきます。

完璧主義は自分の思う通りにならないと気が済まず、意見を押し付けます。

不満足と不納得を抱え、ストレスを自ら作ります。

 

5、エゴ

自暴自棄になる場合、エゴに苛まれて思考的にしか物事を考えることができなくなり、心の気持ちがありません。

エゴとは自分を他者と区別して見出す意識のことで、自分で自分を認識できない状態の時にエゴが大きくなっていきます。

他者と比較・区分けし、攻撃性と排他性を持ち、否定や文句、批判や非難をするようになり、人生どうでもいいという投げやりな気持ちを作ります。

※どうでもいい人生をやめちゃう話は、人生をやめると見える気楽さ│全部放り投げると気付く真意とやめる方法 をご覧ください。

人生をやめると見える気楽さ│全部放り投げると気付く真意とやめる方法生きている人の中には人生が楽しいと感じる人もいれば、人生どうでもいいと思う人もいます、何も思わない人もいます。 その違いには何があ...

 

人生どうでもいいと思う理由

人生どうでもいいと思う人の特徴は全てネガティブです。

それらの特徴を作る理由がありまして、それは自分を見失った最たる理由となり、エゴを作る初めの要因となる、“存在否定をされた経験”です。

 

存在否定される経験にて人生どうでもいいと思う

人生どうでもいいと思うまでには人それぞれに過程や軌跡があります。

最終地点を“人生どうでもいい”と思う状態にすると、一番初めの人生どうでもいいと思う原因がエゴを作る時にあり、自分を見失う時間=自分を他者にて認識する始まりとなる幼少期に遡ります。

小さな頃の経験には“否定”となる、“押し付け”、“強制”、“強要”、“決め付け”などの支配をされた記憶があります。

押し付けや決め付けの強制・強要には、統一的に、「あなたの意見は聞きません、興味もありません、言われたことをしていなさい」という存在意義を喪失させる否定行為があります。

言い方を変えると、愛を無視され、愛を受け取らず、愛を与えもしないという試練。

人生どうでもいいと思う場合、されたことと同じことを周囲に、他者に、そして自分にしている可能性があります。

 

否定する自分が違和感と虚無感を作り、人生はどうでもいいと思う

自分が否定された記憶がある人は、人のことを想う気持ちを抱き、優しくなります。

否定された時の悲しい気持ちは絶対に忘れません。忘れようと努力しますがどこかに潜んで保持されており、されたことをしている自分を観て、その時の情動や心情や感情を感じて認識しています。

ですが無意識です。

無意識に自分のしていることと思っていることの差を感じ、違和感を感じ、その違和感を正面から見ないように逃避することで虚無感や空虚感となり、それを感じた時に自分がいないことに気付きます。

 

人生どうでもいいと思う理由は全て自分

人生どうでもいいと思う際には、思い通りにいかないことや悲しい現実を突きつけられたり、周囲での出来事や影響の外的な要因が考えられます。

それは、認めたくない現実があり、最愛の人を亡くしたり、騙されたり、裏切られたり、さまざまに衝撃や落胆や喪失があります。

自分の期待や思い込みや決め付けの結果を求めれば求めるほどに、起きる現実との差が生まれ、落胆度や喪失度が高まります。

自らが人生を作る意志が希薄になるほどに衝撃や落胆や喪失を作りやすく、人生どうでもいいと思う材料になります。

例えば最愛の人を亡くした場合。私がそうだったのですが、亡くなった時に何が悲しいかというと、依存と執着をしていた自分にこれ以上喜びがなくなることが一つでした。

そして、自分に非があり、否定する怒りを持って自暴自棄になりますが、それはあくまで自分を納得させるための行動です。

亡くなった人のことを想うならば、供養したり、安心して逝けるように自分を保ち、心配をかけるようなことをしません。

なかなか立ち直れない時間を過ごしましたが、自分のことしか考えていないことに気付いた時、本来の自分とはかけ離れていることを実感しました。

 

依存と執着と恐怖への逃避が自分を失い続ける

人やものに依存や執着するのは、自分の利益のみを考えて優先しているからです。

そこに愛はないエゴです。

根底には否定をされた過去の傷からの恐怖心があります。これは心理になりますが、恐怖心を克服するか、逃げ続けて現実を見ないようにするかにて未来は真逆へ向かいます。

自分を見失うことでネガティブな意味として、“人生なんてどうでもいい”、“何もかもどうでもいい”と思います。

全てを紐解くと幼少期の否定された記憶から始まり、自分の存在意義を見出せなくなることと、存在価値を見失うことを恐れる自分がいると考えられます。

人生どうでもいいことの真意と対処法

人生どうでもいいことの真意

人生はどうでもよくないと思う理由となるもの全ては、“思考で人生の見える範囲を抑制している”ことがわかります。

これは、“思い込み”と“決め付け”です。

思考により自分を牛耳られるように支配されることで、生かされていることを認めず、執着を認めず、完璧主義を認めず、エゴを認めずと、認めない=自分を信じないことが起きます。

そこで、思い込みや決め付けの支配を手放し、パァーっと解放されると本当にどうでもよくなります。

思考があれば、「人生はどうでもいい」とネガティブに思い、思考がなければ、「人生はどうでもいい」とポジティブに思います。

何もかもどうでもいいかの如く、自分がない状態でネガティブになるのか、何も考えないことで変化も成長も求めずポジティブになるのかの違いとなります。

これは、ネガティブに人生どうでもいいと思う理由である、自分がない状態は人生において大切であることを意味します。

「現状は意味と理解がある大切な人生の一部だ」と思えることに人生どうでもいいの真意が表れます。

それが、“自分を見つける”こと。

自己変革の時です。

 

人生どうでもいい時の対処法

どうでもいいのネガティブ側を理解した状態の次にあるのは、ポジティブ側の理解です。

それは紛れもない成長、変革の時が来たことを意味します。

対処法は、どうでもいい状態の活用による“自分の理解”です。

せっかくの辛く苦しい経験を使わない手はありません。

 

自分の理解のためには意志を持って探す

自分を探すことが第一です。

自分とは喜びを自ら作る姿です。成長意志、向上意志、理解意欲を持つことが大切で、そのために意志を明確にしましょう。

意志があることで、自分の目と頭と心で物事を見て、認識して、意見を持つことができます。

意志を探すために必要なことは、行動に集約されます。

 

行動することでどうでもいい真意を捉えられる

必要なことは、変化を求める意志行動のみです。

意志のために行動が、行動のために必要なことはやる気です。

やる気を見出して行動することで、意志を得て自分を知ることができ、人生どうでもいいのポジティブ側、それは人生どうでもよくないと思う経験が促されます。

ネガティブとポジティブの両方を知ることは、陰と陽の真ん中を知ることを意味し、物事の一面ではなく全体を理解させてくれます。

それは、人生どうでもいいの真意と、人生どうでもよくないの真意を知ることです。

物事の真意の理解のためには、経験と行動に勝るものはありません。

悪い人を知らなければ正義を知ることがないように、人生どうでもいい状態を実感する経験によって、人生どうでもよくない状態を本気で理解することができます。

それが、人生どうでもいいと体感できた恩恵であり、経験しているが故にできる成長を促す対処法です。

人生どうでもいいもどうでもよくないも、全て“自分”の中にある認識であるために、人生とは自分を表します。

詳細に人生を知るための支援プログラミングがおすすめ。
人生の目標、本当の価値観の発見、コミュニケーション術に自己変容などなど、人生を知り、自分を知る内容が盛りだくさんです。
いつでもどこでも学習できるオンラインセミナーに教材、公開セミナーのプログラミングが揃っていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

毎日を活き活きと過ごす人生の躍動を得るために、自由と自分らしさを手に入れられてください。
やる気のパートナー「やる気研究所」

 

人生がどうでもいいと思えるのは大切な合図

最後に、人生がどうでもいいと思えることには大切な合図がある話を、私の経験からお伝えして終了します。

私は家庭環境のユニークさから自分を見失い続けて、中学生の頃には喪失感と空虚感がおぞましくなっていました。

しかし、学校の友人がいたことで自分を保ち、お金がなくて食べ物がないことから映画のような日々を送り、人生の経歴を作らざるを得ませんでした。

そして、高校生まで何とか生きて、完全なる家庭事情の崩壊と共に私は解放されて喜びました。しかし、そんな日々は長く続かず、全てに興味関心がなくなってしまい、お好み焼きにはマヨネーズなしで食べられない状態でした。

「何もかもどうでもいいな」と確信のように思い込みました。

その後、人生の年月を重ねますが結局命を終える勇気を出せず、生きることも終えることもできないために膝から崩れ落ちる状態が続きました。

しかしその後、自分を見つけることができた時に気付いたことは、高校生の時に、「人生どうでもいい」と思ったのは自分からの合図だったことです。

 

どうでもよくなれるのは本来の自分との不調和を教えている

どうでもいいと思えることは、「今の自分は自分じゃないよ」と教えてくれる合図でした。

過去を振り返ると、「何もかもどうでもいい」と思っている時の行動や言動、全てのことは自分の意志に反することをしていました。

当時は気付いていませんでしたが、苦しくなることをあえて求め、不幸で、可哀そうで、ダメなやつで、しょうもないんだと思えるように、見るものも聞くものも何もかもの認識を制限していました。

本当は直ぐ横を見れば幸せで楽しくて喜びのあるものは置いてあるのに、それを見ようとしない自分は行動しません、やる気がありません。

そんな自分がいることによって、違和感として“人生どうでもいい感”を教えてくれています。

何が本意なのかを見つめてみると、「何もかもどうでもいい」と言いたいだけだったりもします。

大切なことは、自分として生きているかどうか、そのために行動できるかどうかだと思います。


人生どうでもいい、何もかもどうでもいい話 まとめ

以上が、人生への考え方を見つめるどうでもいいことへの見方でした。

人生どうでもいいと思えることは現状がエゴの末端を表します。それ以上は下に行けませんので、あとは上に行くだけです。

大切なことは自分を知ること、そしてそのための行動ですので、心の気持ちを感じられるように自分を大切にされてください。

糞真面目をボッと燃やし尽くし、ふざけるを追加します。会社での挨拶は今日から一週間は「ナマステー」です、手も合わせます。

自分を知るためには行動動機を与えることです。

しかし、何もかもどうでもいい状態では喜びを求めることは困難です。そのため、周囲の人の協力や助けを得ることを優先してください。

独りで考えることに向上はありません。向上があるのは行動です。

現状の理解と自覚、そしてご自身を大切にすることが何よりも重要ですので、何か良き気付きがあらんことを願います。

それでは、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

※行動するためのやる気アップ支援、人生を学ぶ多彩なプログラミングセミナーについては、こちらからもどうぞ。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です