人それぞれ

大人しい人は嫌われるかモテるかが明確│人との関わりにある魅力と毒

大人しさは物静かなおしとやかさになり、無口は目障りになり。

どうして見方がこうも変わってしまうのでしょうか?

人間とは残酷で、無念で、救いようのないゴミであり、調和的で、道しるべで、神のような光でもある。

なんて偉そうに言ってみましたが、人間模様には全く両面からの見方があります。

“大人しい人”という物静かで無口な人がいますが、人間模様を明確に表してくれる存在です。

ここでは、大人しい人がどうして嫌われるのか、どうしてモテるのかの理由と違いにある人間性をお伝えします。

私自身が大人しい人間だった過去があるので、経験から理解した改善方法が役立つことを願います。

大人しい人は嫌われる

大人しい人とは

初めに、“大人しい人”とはどんな人なのかを明確にしたいと思います。

字の如く、大人なんですね。

大人っぽさがありながら、物静かで多くを語らず、縁側で緑色のお茶をズズズ。

そのため、大学生までの若年時で大人しい人が周囲に居れば、目立ちます。

大人しいと目立たなそうですが、子供だらけの中に大人が居る場合には嫌でも目立つという具合です。

何をもって大人なのかは年齢でも見た目でもなく、精神性です。

もちろん、年齢が高く顔にシワでもあれば、「おぉ、大人しい」となります。

「いや、ならねぇわい」と。

大人しいってなんですかね?

意味をちゃんと知っていきましょう。

 

大人しいとは大人らしい

大人しいの基は“大人らしい”です。

辞書にはこのように書いてあります。

大人しいとは:

[形][文]おとな・し[シク]《「おとな(大人)」の形容詞化で、大人らしいが原義》
性質や態度などが穏やかで従順なさま。
騒いだりしないで、静かなさま。比喩的にも用いる。
色・柄などが落ち着いた感じがするさま。また、大胆さがあまり感じられないさま。
他と比べて際だったところがないさま。抑制しているように感じられるさま。
大人びている。大人っぽい。
 思慮分別のある年長者らしい。主だっている。

※コトバンク引用

大人らしさを持つことでので穏やかさ、物静か、落ち着き、自分のコントロール、思慮分別。

大人らしいとは大人びていることです。

 

大人しいとは心の余裕

大人だからと言って静かで無口な大人しさがあるかどうかは人それぞれです。大人とは少ないのかもしれません。

大人しいの意味である“大人びている”とは、周囲の人々よりグンと違う空間に居る状態です。

20代であれば20代とは思えない大人らしさがあり、30代であれば30代とは思えない大人らしさがあることで、大人びている印象を周囲に与えます。

しかし、無口かどうかは関係ありません。どうして静かになるのでしょうか?

余裕です。

ガツガツしない大人しさは心の余裕であり精神的な懐の許容広さ。

自己主張に顕示欲、支配欲に承認欲求など、「これが私なのよ、知って」「これが私の意見、曲げない」などの“固”に“着”がなく、“柔”に“許”があります。

保育園児と遊ぶ時、周囲を囲まれた大人のあなたは、主張しまくる子供達に対して、「もううるせぇな」と同じように自分を主張するか、「はいはい、そうだね」と受け入れて物静かに見守るか。

周囲の人々より大人びていれば、そこには余裕があることからの大人しさがあります。

※大人になる話は、大人になるって何なんだ?子供の時を思い出すとわかる大きな人 をご覧ください。

大人になるって何なんだ?子供の時を思い出すとわかる大きな人大人になることはとても大きなことだと思っていたことを、今でもよく思い出します。 大人への憧れがあり、子供から大人になる時がいつかわ...

 

大人しい人の種類

余裕には、心だけでなく頭や体もあります。

ジジババだらけの中で筋肉ムキムキ夫婦が紛れている!

余裕があるかどうかは環境次第で変わります。肉体的にエネルギーや細胞に満たされ、体の稼働に余裕があれば調子に乗る人もいます。

「ヘイヘイ、比べもんにならないほど俺は元気だぜ」とどや顔でお酒を飲んでいたら、体育大学ラグビー部がお店に集団で入ってきて大人しくなる。威勢消沈。

頭の余裕も同じです。記憶力や試験のやり方を知り、周囲と比べて調子に乗る。周囲の人が変われば威勢空しく空き家に鶏がらチョン。

余裕とは自分で認識するものなので、他者と比較して見出すものではありません。

そのため、大人しい人とは自制してコントロールできることでの“心の余裕”、または精神性による許容=物事を受け入れる許しを意味します。

自制がコントロールなのか、支配なのかにて大人しい人は全くの別人に分かれ、種類が見出されます。

大人しい人の種類

  • 余裕がある大人しい人・・・自分をコントロールしている
  • 余裕がない大人しい人・・・自分を抑制されている

※自制しているか抑制されているかの違いがある

抑制されることで大人しい人は嫌われる傾向があります。

詳しく見ていきましょう。

 

大人しい人は嫌われる

自分を抑制されることで大人しい人は周囲から目立ちます。

強制ギブスを全身に付けているからです。

「なんだこの人は?!」と他の人とは違うために目立つ。

目立つからといって何もありません、「何してんだ?」「どうしたんだ?」という浮世離れ感です。

ここで、強制ギブスにて抑制されてうまく動けない状態から、利益を求めて攻撃する輩がいます。

別名ハイエナ、ガルル。

弱いハイエナは、自分より弱いと判断した時に襲います。大人しい人は抑制されているので格好の餌食です。

嫌われている訳ではありませんが、攻撃されます。

ですが、周囲はその様から距離を取り、関わらないように離れます。

さらに、別の理由にて正真正銘の嫌われ方もします。

 

一緒に居て嫌な気持ちにさせる人は嫌われる

ハイエナ的な人達であれば攻撃してきますが、それ以外の人に嫌われることには嫌われる側に原因があります。

大人しいことに良いも悪いもありませんが、他の人との違いから嫌でも目立ちます。しかし、「おらおら、喋れよ」と言う人間はハイエナ以外にそうそう存在しません。

そのため、物静かで無口なことは、一部の動物に攻撃されても嫌われる理由になりません。

嫌われる場合、抑制されている様から相手に嫌な気持ちを与えています。

自分で好き好んで抑制しているわけではないので、大人しいことに喜びがなく=自分だと認めておらず、人と関わる際に喜びを与えることがありません。

大人しくて嫌われる人は、人と関わる理由が楽しむためではなく、自分を喜ばせてもらうため、または独りで居ることから恐怖を味わわないためです。

嫌われるのは、「利用されている」と相手に気付かれることが理由です。

抑制されて大人しい人は演技を頻繁に使用します。それがバレると嫌われます。

直接関わらずとも、抑制されている自分を護ることに精一杯=自分のことしか考えていない様が周囲に露呈して嫌われます。

見えない消費行為は毒への反応として嫌う結果を伴い、余裕がないために、大人しい人と真逆の状態です。

 

嫌われる大人しい人の特徴

余裕がない大人しい人には共通の特徴があります。

嫌われる大人しい人の特徴
  1. 自分を抑え付ける
  2. 嘘偽りにて誤魔化しの演技を多用する
  3. 自分を否定されることへの恐怖が強い
  4. 他者からの見られ方、反応、評価を気にする
  5. 自分の保身意識が強く、その人をその人として見ない
  6. 本心を表さない
  7. 自分も人も信じていない
  8. 自信と自尊がない
  9. 思考過多で決断に時間がかかる
  10. 無意識に周囲を観察している
  11. 人に直接関わらずとも良い悪いで評価・判断する

大人しい人が嫌われるのは、抑制されて自信と自尊がないことが大きな理由です。

それによって、自分の保身を護るように“価値”と“存在意義”を見出して見失わないことに勤しむ人間性が作られます。

すると、誰にも本心を表せず、相談することもなく、「悩みを打ち明けたら自分のことを知られる」と、自己表現を止めるようになります。

恐怖です。

ハイエナに狙われることで、否定され非難されと攻撃を食らいます。それによってより自己表現をせずに、否定されないように保身へ走り、他者を考える余裕がなくなっていきます。

人の行動や言動が一つ一つ気になり、思考過多でファンタジーを広げるように妄想の世界へ入り、疑似現実として世の中を認識する傾向があります。

無意識に人を観察して、常に恐怖から逃れる道や策を頭の片隅に置いて、事前の計画として、「こう言われればこう言おう」「こうされればこうしてやればいい」と一歩引くことを前提に考えます。

頭の中で思ったとおりになることで自己納得という対処ができるため、人の観察と思考過多が止まらなくなります。

嫌われるからには嫌われる理由が必ずあります。

ですが、元々人間嫌いや人に興味がないことから、嫌われることを気にしない人もいます。

※人間嫌いの話は、人間嫌いでいいじゃない。動物好きな特徴から見える意志と人間性 をご覧ください。

人間嫌いでいいじゃない。動物好きな特徴から見える意志と人間性人間嫌いと人間に興味がない人は明確な違いがあります。 興味のレベルではなく人間が嫌いで大嫌いな場合、闇があり、嫌いになる理由があり...

 

大人しい人がモテる理由

大人しい人はモテる

大人しい人は嫌われるかモテるか明確に分かれます。

その違いは周囲から、「この人のことを知りたくない」と思われるか、「この人をもっと知りたい」と思われるかです。

「知りたくない」と思われる人は嫌われる人。
「知りたい」と思われる人はモテる人。

両者の違いは、“魅力”です。

辞書の意味にある大人しい人はモテます、好かれます。

心に余裕があるために周囲から浮世離れした大人しさがあり、「この人を知りたい」と思わせる魅力を放ちます。

そんな魅力がどうして出るのかには、大人しい人間性の心理となる、抑制されているか自制しているかの違いがあります。

 

自制することで自然と大人しくなる

肉体の過労やホルモン分泌の関係性、血流や気の循環にある生活習慣、食べ物や刺激物の量などなど、さまざまに大人しさへの影響がありますが、若くとも大人しい人はたくさんいます。

その理由が自制です。

言い方を変えると、自分を知っていることです。

自分の理解が育まれることで、ジジババが大人しくなっていくように心が落ち着き、精神が穏やかになります。

自分を制御することは自分を理解すること。無理矢理抑え付けるのではなく、自らの意志を持ってコントロール。それは、物事の認識を広げることです。

すると客観的に見る認識が育まれて俯瞰性が付き、空から見ているように物事を捉え、余裕が生まれます。

大人しい人完成です。

若年であればあるほどに自分をこれから知っていく段階ですので、主張して支配して、抑制したりされたり、固執したり執着したり、意見を誇示したり頑固になったり。

食べ物も刺激物を多くエナジーモリモリ、血を加速させてリンパ液を雪崩のように流し、動脈を行き静脈を戻り心臓バクバク、肉体も激しく思考も激しく、心躍るアルコールがパーリパーリ、Let it go!と。

子供らしい人完成です。

気付けば、「クマさんのグミしか食べないもん」と言い出しかねません。

 

大人しい人の対義は騒がしいではない

「大人しいがあれば、うるさっ」とはなりません。

大人しい ⇔ ややこしい が対義語です。

自制がない状態では余裕も自分の理解もなく、他者の意見や世界が入り、押し付けや干渉からの影響があり、強制に強要の支配があり、常識やルールによる文化や観念があり、習性からの本能に心理があり、コントロールを逸脱してわけわからん。なんだかたくさんです。

これはもうややこしい。見ている側もややこしく、本人もややこしいから自分がわかりずらい。

誰かの真似をして服を選び、化粧して、流行に乗って、SNS命、お金大切、お金要らない、生きている意味があって、そんなものない、好きとはこうで、愛とはこう…ややこしい。

人間ってややこしい、思考って煩わしい、自分ってわかりにくい。

そんな中で大人しい人がいれば浮きます、目立ちます、興味湧きます、知りたくなります。

モテます。
「何あの人、興味湧くー、意味深ー、深めだよね、闇かな、謎キャラー、キャー」

異性という抑制はなく、男女から人として好かれ、モテる意味です。

※他と違う人はモテる理解は、モテる変人の特徴は内面から溢れる|無意識な性エネルギーの秘密 をご覧ください。

モテる変人の特徴は内面から溢れる|無意識な性エネルギーの秘密変人がモテる際の理由には外見からの理由がありません。 そのために、「あの人かっこよくないのになぜかモテる」「可愛くないのになんでモ...

 

大人しい人が嫌われる改善

大人しい人が嫌われる場合に知りたいこと

同じ大人しい人でも、嫌われるのかモテるのかで全く違います。

さらに、余裕があるかないかでは真逆の在り方です。

しかし、大人しい人が嫌われていても、改善すると他のややこしい人以上に大人しい人になれる可能性が高くあります。

それは、「抑制されているからややこしい」と理由が明確だからです。

理由がわかれば、ややこしさをなくして大人しい人になる道が示されます。

そんな道を少し切り拓いて行きましょう。

 

抑制されているもとを突き止める

嫌われる場合には大人しいかどうかは大きなことではありません。けっこうどうでもよかったりします。

周囲の人々に、「この人のことを知りたくない」と思われることに理由があり、抑制され、保身に着目して他を見ないことに理解の紐解きがあります。

自分が恐怖を感じないこと=否定されず、価値を下げず、存在意義を見失わないために人と関わっている可能性があります。

恐怖になるのは自信と自尊のなさです。そこには、自分も人も信じられない経験や記憶があります。

信じなければならないことなどありませんので、現状に改善が必要かどうかの“自分の意志”が何よりも重要です。

おかしいと思うことがあれば、信じていない自分を見つめることで、抑制のもとを突き止めることができます。

※恐怖の対処と付き合い方は、恐怖との関わり方が重要|正体を知るとわかる恐怖必要説 をどうぞ。

恐怖との関わり方が重要|正体を知るとわかる恐怖必要説あはははは。楽しくて無我夢中、ワクワクしたからジャンプしてみたら、それは崖だった。 同じことに対して、恐怖を感じる人と感じない人が...

 

ややこしさのもとを知り、人をどう認識しているかを知る

抑制されているもとがややこしさを作ります。

嫌われる理由を知るためには、「人をどう認識しているか?」。そんな自分を知ることが方法です。

どうして人を観察しているのか、こういう見方をするのか、人を判断するのか、評価するのか、関わっていないのに決め付けるのか、話していないのに良い悪いと思っているのはなぜか?

自分を護るためであれば観察対象の人自体は見ておらず、外観や話す内容、誰と関わっているかなどなどの外部情報がどれほど自分に危険を及ぼすかが焦点となり、実際に観察しているのは自分の恐怖の動きです。

人の見方に対する自分の意見を確かめることで、嫌われる理由を知ることができ、改善に繋がります。

 

大人しい人が嫌われる 改善

人間観察が好きな人がいますが、大人しい人に多い傾向があります。

それは抑制された大人しい人。

大人しい人は人を良く観ています。観ることで客観性や俯瞰性が養われます。

しかし、観察だけして趣味のように終わると、人を外部情報のみで知ったような気になり、評価や判断を下して自己満足します。

何も悪いことはありませんが、嫌われる理由になります。

大人しくて好かれる人は、ジーッと観て自分のためにだけ利用しません。

洞察して意味を理解し、その人との関わり方に活用します。

改善方法は、観察を洞察にすることです。

少しわかりにくいかもしれませんので、洞察の意味をご覧ください。

観察と洞察の意味

  • 観察とは・・・物事を注意深く見る、ありのままに知る
  • 洞察とは・・・物事を観察して本質を見通す。原因と意味を理解し、見抜く

嫌われる場合の人の見方は観察です。
知ったことを自分のために利用し、その様が人間性として表れます。

しかし、観察で終わらせず洞察することで、人を知ることができます。

あくまで動物的行動や心理を外観から捉える望遠鏡ジーと、その人そのものを捉えて人を知ることは全く別の意味になります。

 

人を知ると大人しさは自分らしさになる

人を本当に知ることで、人との関わり方が見えてくるようになります(あくまで知った人との関わり方)。

そのためには、自分を少しでいいので知ります。それが抑制の基を知り、人をどう認識しているかを知ることです。

必ず自分を知ることから改善は始まります。

そこから人を知ることへ向かい、嫌われないように気を使って保身するのではなく、目の前の人と関わることに意味を見つけます。

人と人が関わるので自分だけでなく相手がおり、共に意味を見出す関係になることでコミュニケーションをとります。

その際に人に興味がないことに気付くかもしれませんし、本当は大人しくないことに気付くかもしれません。

どれも自分ですので、大人しさは個性であることに気付く機会にもなります。

 

自己主張すると嫌われない、けど好かれもしない

大人しくて嫌われる改善として、自信や自尊を付けるために自己主張することも方法です。

ですが、主張とは頑固であり、固執であり、自己支配と執着を意味しますので、好かれはしません。

嫌われないけど好かれない方法です。

嫌われないのはハイエナから攻撃されない、またはそれを見ている周囲の傍観者が距離を取って当たり障りなくすることを止める効果があります。

そのような人々と関わりたいかどうかは人それぞれですので、人によっては自己主張も重要な方法になります。

主張にて自分を見出すように知ることで、本当は大人しくないことに気付くかもしれません。

※大人しい人の仕事の話は、大人しい人が仕事を突然辞めるのはなぜ?能力が高いのか演技者かの違い をご覧ください。

大人しい人が仕事を突然辞めるのはなぜ?能力が高いのか演技者かの違い大人しい人は何だか突然に事を起こす。 突然決断し、突然仕事を辞め、突然居なくなる。 どうして突然なの? いえ、突然では...

 

大人しい人は嫌われる、モテる まとめ

大人しい人はモテます。

しかし、抑制されて大人しくなっている場合には嫌われるという内容でした。

そこには、他者の影響にて抑制されているのか、自制しているのかの違いがあり、他者の影響が強いことで保身への意識が強くなり、否定されることを拒むために恐怖心を抱える人間性を構築します。

自信と自尊がなくなることで怯えてオドオドし、人の観察が自分の対処のためになり、人との関わりが利用概念になってしまい嫌われます。

ですが、その理由が明確にわかることで、大人しいの対義であるややこしさを解消する道が見えてきます。

物静か、無口。話さなければならないことなどありません。コミュニケーションは会話以外にもたくさんあります。話すことは数ある方法の一つでしかありません。

人と人が関わることで好き嫌いの感情が生まれ、変化して、循環していきます。

そのため、嫌われるからには改善があり、好かれるからには目の前の人と関わっている真の姿があります。

カステラか銀杏か、縁側でお茶には、鳥のさえずりで心満たされることでしょう。なんでもいいです、ややこしい。

目の前におばあちゃん?それともおじいちゃん?

どちらでもいいです、ややこしい。

でも、おばあちゃんならおばあちゃんと関わる時間があり、意味があり、お互いの理解があります。おじいちゃんならおじいちゃんと全く別のものがあります。

大人しいとさまざまなことを言語以外から得とくできます。私達には五感があり、感情があり、気持ちがありますので、ぜひ体も脳も心も使用した関わり方をされてみてください。

そんな大人しい人の話、何かに役立てば幸いです。

では、ありがとうございました。ん?ありがとうございます。

ややこしい。

【人生が始まるストーリーを電子書籍にて販売中!】

奇妙に核を突く人生物語の本

※少しばかしおかしな人間なもので…少しばかしおかしな経験をしました。
アラスカの森で起きた、奇人となるまでの変貌ストーリー。
一風変わった刺激物として、ふざけた人生を大真面目にお伝えしております。


楽しく読める内容となっている実話ですので、ぜひご覧ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です