スピリチュアル

人生に試練は付きもの?スピリチュアルな解釈では目的と結果は同じ

人生を生きていると、「これは試練だ」と思うことがあります。

試練には辛い状況があるかもしれませんが、試練をどのように捉えるかは完全に自由意志に基づき、人それぞれに自由に決めます。

辛い試練と思う人もいれば、変化の時と思う人もいれば、自分を見直す機会だと思う人もいれば、「創作タイムだ」と自分で生きる時だと思う人もいます。

ただ、試練には共通の状況がもたらされます。

そこにはスピリチュアルな解釈があり、共通の目的と結果が生まれます。

しかし、目的と結果は自分が試練を乗り越えた時に限ります。

ここでは、私の試練体験を題材にして、人生の試練にあるスピリチュアルな理解と意味についてをお伝えしたいと思います。

あくまで人生の試練の理解と意味の共有で、試練を受けている方への応援とは違いますので、ぜひこの機会に試練のスピリチュアルな見方をご覧ください。

それでは、人生の試練とは何か、試練は必要なのか、何をもって試練なのかを見ていきましょう。

人生の試練にあるスピリチュアル

人生の試練とは

初めに人生の試練とは何かをご覧ください。

試練というと、「辛い」「過酷」「苦しい」「不幸」などのイメージがあるかもしれません。

人生には辛い環境や、親との関わり、学校での友人や教師との関わり、大切な人との別れ、不幸な出来事など、さまざまに過酷なことが人それぞれに起きます。

「過酷だったな」と思う経験を思い出してもらうと、それは全て人との関わりだと思います。

関わる人は“自分”か“他人”の2パターンです。
そして、他人との関わりにて起きることは試練ではなく、「悩み」です。

試練とは“自分”との関係における辛さや過酷さがあり、「乗り越えられない」と思ったもの。

 

試練とは自分の恐怖を乗り越えること

他人との関わりでは、逃げることができます。しかし、自分との関わりでは逃げることができません

そこに、悩みと試練の違いがあり、試練とは恐怖を乗り越えることを意味します。

試練の原因となる辛く苦しいことは、全て自分の中にある恐怖と不安によって作られます。

不安とは恐怖か喜びに繋がる空虚な気持ちで、辛くなる際には恐怖に繋がっているので、試練とは恐怖との対峙に限定されます。

簡単に乗り越えてしまったら、「試練だこれは」と思うこともありません。

それは、ゴキブリが本当に苦手な人が、ゴキブリだらけのごみ屋敷に住まなければならないことと、これまで積み上げてきた自分の功績と評価がバラバラと崩れ落ちてしまったのが同じように、目の前の状況を乗り越えるための出来事として試練が生まれます

そのため、「試練かどうか」、これは完全に自分が決めることになります

試練に逃げてしまう人、乗り越えるための出来事が起きた時になかったことや、見ないことにする人、または恐怖を持たない人の人生に試練などありません。

言い方を変えると、自分に嘘をつく人の人生に試練は見出されません

試練とは自分との関係にて起きることで、逃げることができません。そのため、嘘をつくことはエゴを作り、自分を見失う行為となり、試練を悩みに変えて、恐怖との対峙をしない人生を作ります。

 

試練を乗り越える意志がある人に試練が起きる

人生に試練がある人とは、辛いことや過酷なことだとしても乗り越えようとする意志があり、自分に嘘をつかない人、または嘘をつきたくない人です。

「乗り越えられない」と必ず思う前提があり、その上で「負けない」「負けたくない」「乗り越えたい」などと思う気持ちがある人は、一度逃げたとしても、いつか自分の恐怖との対峙を試みます。

自分の恐怖と対峙する準備ができた人は、試練を試練として受け入れ、乗り越える意志を持ちます。

 

辛ければ辛いほどに試練を受ける意志が強い

「嫌いなお肉の入った給食を完食しなければならない」
「両親がいないから、自分の力で生きなければならない」

これらは同じ試練ですが、両親がいないので自分の力で生きようと思うか、保護施設へ行くかは自分の選択です。

そのため、試練の状況は多岐にわたり、人に協力を得たり、国の制度を受けたり、または誰かにお肉を食べてもらったり、試練のレベルを変えることができます。

もちろん、逃げることもできるので、試練だと思わないこともできます。

しかし、試練が逃げられない状況や辛いと思う状況であればあるほどに、恐怖を乗り越える意志が強いことを意味し、そこにはスピリチュアルな試練の意味があります。

 

試練のスピリチュアルな理解

試練のレベルとは人それぞれにあり、辛い試練、軽い試練というのは本人のみわかります。そのため、“親がいないから辛い”、“五体満足ではないから過酷”などの概念は統一的に持つことはできません。

試練とは、「乗り越えられない」と思う前提があり、「乗り越えてやる」という意志がある人が、「これは試練だ」と認識します。

そこには、恐怖に対峙して克服する意志があり、それは“自分を成長させる意志”を持ちます

 

試練は自己の成長をもたらす魂の成熟機会

人生における試練のスピリチュアルな理解には、魂として自分を成熟させる機会としての見方があります

それは、恐怖を克服することで自分を見出す意味があり、人としての成長がもたらされます。

魂の成熟によって人としての成長をしますが、成熟とは“受け入れる許容を広げる”ことでして、それは“愛を強める”ことを意味します。

  • 自己の成長とは → 魂の成熟(魂レベルを高める)
  • 魂の成熟とは → 受け入れ許容を広げる → 愛の認知度を高める

自己の成長となる試練には順序があり、初めに“自分を知る”ことが起きます。

 

試練とは気付きのこと

自分を知るために試練として逃げられない過酷なことが、自分の意志によって起きます。

それは、自分を知るための“気付き”の意味があり、試練がなければ自分に気付く機会がなく、成長することができなくなります。

人との関わりにて自分の恐怖が出てくることがあるので、試練だと思っていなくても無意識に、「これを乗り越えるの大変そうだなぁ」と思っていれば、恐怖があることを意味する試練となります。

「これは試練だ」と認識しやすいのは辛い状況があればあるほどで、それだけ強い恐怖と対峙する意志があることを意味します。

スピリチュアルな理解では試練とはなくてはならないもので、試練を乗り越えることで自分を知る気付きの機会があり、成長を促す。
成長は魂の成熟となり、魂レベルを高める意味がある。

※試練は魂レベルを高める意味がありますので、魂レベルの高い人と低い人の特徴|愛の距離感は口が悪くても意識が高い をぜひご覧ください。

魂レベルの高い人と低い人の特徴|愛の距離感は口が悪くても意識が高い魂にはレベルや年齢なるものがあると言われます。 魂レベルが一人一人にあることで、人としての人格や人間性に表れ、それは個性になります...

 

試練と悩みは全く別物

人生にて気付きの機会となる試練ですが、試練を乗り越えていない場合には、「この辛いのは試練だ」と思うことはできません

試練と認識する人は、恐怖を克服して乗り越える意志がある人で、恐怖と対峙する準備のできた人です

しかし、試練を受け止めず、逃げることで“悩み”となり、乗り越える意志はなくなります。

そうなると、自分自身の内側の在り方、考え方、生き方にて試練となる恐怖が作られている認識ではなく、「外部の環境や他人によって辛くさせられている」という認識になり、脳内思考にて、「どうしてこうなったんだ?」「なんで自分だけ?」「くそぉ、あいつのせいだ」と理由を探し回って脳内巡りをしている状態です。

悩みとは考えないことで作り出す、心の拠り所のようなものです。
そのために、悩みを持つことは苦しみも作るのですが、依存性があり、悩みを作るのを止めたがらなくなります。

試練と悩みには意志があるかないか、恐怖を見るか見ないか、問題それ自体を捉えようとするかしないか、そして、対峙するか逃げるかの違いがある。

 

幼少期の出来事は試練ではない

スピリチュアルな認識では、生まれる場所、親、兄弟、容姿は自分で決めてきます。

親を決めてくることで生活環境も同様に決まります。親がお金持ちとか、貧乏とか、危険な親か神のような人かなどです。

そのため、幼少期の生活環境は生まれてくる前に全部決めてきます。そこで決まっていないのは、自分という人格と気質が加わることで起きる現実の現象です。

事前に決めているために、幼少期の生活環境で起きることは試練ではなく、環境の一つになります。

辛いことや大変なことが起きて、さらに幼少期の思考能力にて逃げる考えもないことが多いと思いますが、辛いかどうかを実は本人はわかりません。

わかるのは、周囲と比較した脳のエゴです。

 

自分を見失う悩みが試練には必要

スピリチュアルな理解では、自分を見失うことが成長をもたらす基盤作りとなります。

そのため、生まれてから自分を見失う機会を誰しもが必要とします。それがエゴであり、自分を否定される経験によって増長させていきます。

自分を見失う機会を作らない人は、成長するために自分を見出すことが必要ないか、別の目的をもって生まれてきます。

障害や病気を患う場合には、自己を知ることでの成長以上に、周囲に影響を与えることで愛の認知度を高める意志を持ちます。

綺麗な容姿で生まれてくる場合やその反対では、自然と周囲の反応や関わり方にて自分を見失うことが容易になりますので、人それぞれに自分を見失う環境の中でほとんどの人は生きていきます。

その際に必要なのが悩みであり、原材料となるエゴです。

 

試練を認識した時に自分を知る

悩みによってエゴを作り、自分をますます見失っていきます。

そして、そこに自分を知る機会となる試練が起きることで、エゴの基である恐怖との対峙の時間がやってきます。

スピリチュアルな人生の試練では、意識レベルが高いから試練が起きるかどうかは関係がありません。誰しも悩みを持っていれば、「乗り越えられない」と思う恐怖を抱えることができるので、試練が起きます。

ですが、試練と対峙しようとする意志が強いかどうかにて、どれだけ成長を求めているかどうかが人それぞれに見られます

自分の恐怖を認識して、試練の時に立ち向かう意志が強ければ強いほどに、「これは無理」だと思うことにも闘います

試練は、「自分の恐怖との対峙の時間」であり、「自分を知るための成長機会」だと認識することで、自分の恐怖を知り、自分を知ることになります。

 

試練を乗り越えるために必要なことは一つ

恐怖を乗り越えるために必要なことは、肉体の強さでも精神力でもなく、心の強さである恐怖に負けない意志です。

意志は自分を確立するため、受け入れる許容を広げるため、愛を強めるための心の認知による自分を表現します。

どれだけ逃げ続けても、自分に嘘をついて試練を見ないようにしても、試練とは常にある恐怖の認識であるために、生きている以上は常に自分を知る機会としての試練が大小かまわず存在します。

いつか準備ができた時に、試練の認識をして、自分の恐怖を知ることで乗り越える一歩目が歩まれ、恐怖と対峙して自分を知ることで、人生の試練を乗り越えます。

 

スピリチュアルな試練の体験

中休みとして、私に降りかかった人生の試練について、スピリチュアルな試練の意味を理解する参考として、ご覧ください。

試練の内容

私が海外を旅していたひと時です。

2018年2月9日
旅でのバス移動中にことは起きました。

メキシコの首都メキシコシティから、南にある街サンクリストバルデラスカサス(以下サンクリ)へ移動する為に、夜行バスを利用。
夜19:00メキシコシティ発 - 翌朝8:00サンクリ到着予定。

バスは順調に進み、夜中2:00頃に高速道路にてトイレ休憩。
私はトイレに行き、戻ると「バスがない!」

「置いてかれた!いや、ドライバーにやられた!」と思います。

私の当時所持していたバッグ、楽器はバスの中。

所持品:着ている洋服、履いているサンダル、携帯電話

途方に暮れている私を、別のバス会社とその乗客のメキシコ人みなさんの助けによって、無償で途中の街まで乗せて頂く。
さらに、同じくサンクリへ向かうメキシコ人のお客さんが、途中の街からサンクリまでを私を隠してバスに乗せてくれたり、さまざまな助けをもらいながら、サンクリまで辿り着く。

到着時間:朝9:30頃。
本来のバスの到着予定より少し遅れて到着し、直ぐにバス会社へ行くが、荷物はない。
バスは清掃にて別の場所へ移されており、バスを探し出し、街の郊外にて発見。バスドライバーもその後発見するが、既に車内には何も残っておらず。
荷物を全て失う。

チーンという感じですね。

事実はわかりませんが、ドライバーにやられたと決めています笑

この件を“試練”と呼びたいと思います。

 

試練の始まり

バスの中を見せてもらい、ドライバーと話し、「もう荷物はない」と確認した時、全てを認識しました。

私はバスを降りて、地面に突っ立ちます。
太陽がカンカンと踊り照らす中、私は足の裏に根が張ったようにしっかりと地面に立ち、空を見上げます。

「今日も綺麗な空だな~」と呟いたその時、「カーン!」と鐘の音を聞きます。

合図です、始まった合図の音です。
私は直ぐに理解します、「サバイバルタイムだね」と。

道具は自分の不安感を取り除き、安心感をもたらすアイテムです。
その道具に頼ることで、自分の力がなくとも生きられる“安泰”を求めており、そこには娯楽と楽しみはあるけど成長がないことを忘れていた自分に気付きます。

それはある意味ショッキングな気付きで、「知りたくないこと知っちゃった」という感じでした。

道具やお金などの自分以外のものに依存して執着して、ベトベトしたヘドロのような格好をしてバッグにしがみ付いて、バッグが旅しているのか私が旅しているのかわかりません。

試練を乗り越える時間が始まったのは、自分として自分の力で本気で生きる時間が始まった意味。

 

自分のできることをして生き残る

試練の始まっている私は、自分の恐怖と対峙します。

「生活はどうしよう」「お金がないから何もできない」「知り合いも誰もいない」「ってかここどこぉ」という状況で、何もできないと思っている自分を見ます。

試練を認識することは、恐怖の自分を見て、自分を知ることです。恐怖は煩わしいので一度見れば十分です。

この後、私はたくさんの人と出会い続け、お金を貰い、段ボールでお菓子の歩き売りをして、資金が増えたので路上パフォーマンスを訳もわからず始め、ヘナという植物で肌染めをするヘナタトゥにてアートを始め、最終的には絵を描いて販売するようになります。

そして、二ヵ月後には資金も溜まり、パスポートも再発行して、荷物は少なくなりましたが、いつでも旅が再開できる状態となり、絵描きになっているという結果でした。

 

試練が辛いかどうかは自分が決める

試練は辛いものとは限りません。

辛いかどうかは本人にしかわからないことで、辛いと思う理由は恐怖が強いためです。

試練は自分を知る機会を与えるので、自分が何を恐れているかを観察することができます。

それは何に依存と執着をしているかを明確に教えてくれるので、路上パフォーマンス用のイスなどの機材を持ちながらタコスの屋台の前を通ると、「タコス食べたいんだなぁ」と心から実感します。

その時に、「なんでこうなっちまったんだ、5枚で100円なのに買えないぃ」と涙するか、「くっそぉ、タコス焼いてるおっちゃんみたいに食いまくって太ってやる!」と気合入れるかは自由です。

悩みにするか、自分を知って成長する機会にするか、同じ材料から結果がどうなるかは人それぞれで、私の場合、この試練は非常に楽しい時間でした。

毎日たくさんの人と出会い、会う度に必ず何かしらをくれることに気付きます。
それは、パンツをくれたり、歯ブラシをくれたり、石鹸をくれたりもそうですが、アイデアをくれたり、意見をくれたり、試練を乗り越える知恵を貰い、そして、優しさの気持ちを頂きます。

 

試練の目的と結果は同じ

人生の試練の際には、目的と結果は同じになります。

私のタコス食べたいがための試練では、状況を乗り越える目的を持ち、毎日さまざまなことを経験しました。

目的の“試練を乗り越えるため”に行動をしていて、結果は恐怖を克服して、より自分を知るというものでした。

これは、試練のスピリチュアルな意味として、恐怖を乗り越えると自分を知ると同時に、恐怖は本来の自分が持つものではないことを教えてくれました

「本当は恐怖なんて持ってないんだよ」と教えてくれることが人生で起きる試練の意味でして、幼少期からの恐怖を抱く経験にて、辛いことも苦しいことも不幸なことも何もかもがエゴを作り、エゴが恐怖を作ります。

エゴを作るためには周囲からの否定や押し付けや強要があり、乗り越える意志も何も持てない幼少期であれば、素直に恐怖を植え付けられて、自分を見失っていきます。

しかし、試練を乗り越える目的を持つことで、結果は常に自分の恐怖を理解して、自分を深く深く理解していきます。

 

試練となる事故とトラブル

試練は、事故やトラブルとしても突然起きます。

試練と事故には大きな違いがあり、試練とは事故やトラブルが起きた際の自分を受け入れることでの成長があります。

事故とは出来事や現象を受け入れることで、自分の行動修正をしたり、自分を見つめ直す機会があります。

事故やトラブルには守護霊が大きく関わり、出来事や現象を受け入れることにも成長があり、魂レベルを高める意味があります。

成長機会として、守護霊のサポートによって事故やトラブルが起き、出来事や現象を見ない振りして逃げると、不思議なことが起きます。

「トラブルが続く」

ちょっと怖いですよね。

事故やトラブルにもスピリチュアルな意味があり、守護霊が関わっていることから、受け入れることをしないと、立て続けに起きます。

しかし、事故やトラブルを受け入れることで自分の行動修正となり、見直しとなり、成長ともなるため、「事故が起きて良かった」と思える恩恵や利益がその後にあったりします。

※事故とトラブルのスピリチュアルについては、事故やトラブルにメッセージが聞こえる|厳しくて優しい気付きのサイン をご覧ください。

事故やトラブルにある気付きの機会|厳しくて優しい守護霊さんのサイン事故はいつでもどこでも起きる可能性があります。 常に突然起き、予想や予測では抑えられないことがほとんどです。 起きたからには...

 

人生の試練 スピリチュアル まとめ

人生には常に試練が付きものかもしれません。

しかし、試練と思うかどうかは人それぞれに自由で、試練のスピリチュアルな意味として、試練に乗り越えることで恐怖を持たない自分が標準であることを教えてくれます

今、試練の真っ最中である方は、ぜひ試練の理解として、“恐怖を知る”と“自分を知る”ことを認識してみてください。

悩みを作ることは逃げです。しかし、逃げることはエゴを増やし、その後の試練を乗り越えた際の自分の理解幅を広げる作用もあります。

全てのことには意味があります。恐怖を知ることで、恐怖と対峙する意志があるかどうかの自分を把握します。

準備ができていなければ恐怖と対峙することはできません。それはまだなんです。

試練を乗り越えるために必要なことはただ一つ、“自分の意志”です

恐怖に負けない意志は恐怖をボコボコにしたり、打ち勝とうとすることではありません。

負けないことは恐怖を受け入れる意味があり、受け入れる許容を広げることが魂の成熟度を上げて、愛を強く持つ人としての成長に繋がります。

試練のスピリチュアルな理解があることで、試練の捉え方や見方が変わり、それは自分の環境や現状の在り方を変えることに繋がります。

全ては自分の意志にてこの世をどう生きていくかが決まりますので、ご自身の理解と認識にて、試練の捉え方が見出されることを願います。

それでは、人生にある試練のスピリチュアルな理解についての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

霊感・霊視・透視のちからであなたの心の霧を晴らします

【有名鑑定師に24時間いつでもどこでも相談可能】

恋愛・不倫・復縁・仕事・人間関係、現代では多くの煩雑とした悩みが私達を取り囲みます。

その悩みや不安を、電話占いで解決しませんか?

電話占いウィルではメディア出演多数の実力派鑑定師が多数在籍中。

なかには、霊感・霊視などスピリチュアルな方法で鑑定する占い師も。

初回鑑定3,000円無料・初回優先鑑定など、嬉しい特典がたくさんあります。

困難な問題への解決法、運命の切り開き方を知りたい方は、一度鑑定を受けてみてはいかがでしょうか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です