人それぞれ

自由人とは何者?│特徴と性格に自由になろうとしない人間性

自由を求めることは時に厳しく、時に涼しく、時に優しく。それはもう何でもいいと。

自由に生きて良いことがあるのか、最高なのか、それとも見返りがある生き方なのか。

自由に生きても現実をコントロールできるわけではありません。しかし、自由に生きる自由人は起きる現実に良い悪いの縛りを作らず、自らが選択して現実を好きなように認識する力があります。

傍から見たら幸せそうには見えない、しかし本人は自由だと喜ぶ。
傍から見たら何だか大変そう、しかし本人は何不自由なく笑う。

周囲から見ても、自由人とはどんな人かわかりにくいものです。

ここでは、そんな自由人を明確にするために特徴と性格をお伝えします。

そこには飽きない人生を何不自由なく生きる哲学的な生き方があり、そこに思想はないという自由な様があります。

そんな自由人を知る一助となることを願い、最高の人生を過ごす人間の掘り下げをご覧ください。

自由人の特徴

自由人の特徴15選

自由人の特徴を順番に見ていきましょう。

1、自由を求めない

自由人の大きな特徴です。

自由を求めることはなく、求めようとすることで自由ではなくなることを知っています。

 

2、権利やお金や評価など、他者の存在にて成り立つ利益を求めない

他者によって成り立つ利益を求めません。

上述の自由を求めないと同じで、他者の反応や評価、社会性の基準や常識にて利益を見出されるものに関心がありません。

あえて自ら求めませんが、来るものは拒まないのが自由人です。

 

3、利益は自ら作る

喜びや満足や嬉しさや楽しさや納得となる利益。それは金でも愛でも成長でも、利益は自ら作ります。

お金であればお金になる価値を自ら見出し、自らの力を披露したり発揮したり提供したり。

その際に社会性が必要であれば利用や活用をしてお金を得ますので、常に自分を主観にして社会性や他者の存在に従うことがありません。

 

4、自分も他も俯瞰している

他である人や社会性、体裁や羞恥の醜態を気にかけて自らを飲み込まれることがありません。

そのため、恥ずかしいことも醜態も何もかもをさらけ出すことに抵抗がなく、他を気にして自分を偽り誤魔化すことがありません。

そこには自分も他も俯瞰して捉える認識があり、何にも飲み込まれず従わない様を持ちます。

 

5、自分の喜びと欲を支配しない

支配欲が全くありません。

他者はもちろん、自分に対する支配もしないため、自らの喜びや欲に対してもあるべきように受け答えして、抑制や我慢や誤魔化はしません。

起きる現実をそのままに認める人間性があり、自分の在り方や見られ方、他者の考え方や社会性を自分の思うままに変えようとする支配をしません。

言い方を変えると、起きる現実をそのままにして、我欲を押し付けて現実を拒否したり、他を変えようとしないことです。

 

6、孤独

自由人は人といるかどうかも自由に決めますが、集団に属すことはありません。

一時的に複数と居ることはありますが、独りで孤独に過ごす人が多いです。

孤独に寂しい悲しいという固定観念がなく、孤独であるからこそ楽しみ喜びがあるために孤独を選びます。

ですが、楽しみや喜びがあるために孤独を選ぶことが多いだけで、時に人と、時に集団に入ったりと臨機応変です。

 

7、人付き合いが浅く広い

常に俯瞰して、自分の喜びは自らが作るために、他者に執着することも寄りかかることもありません。

喜びなどの利益を作るため、可能性や機会を増やすためにも幅広く人と関わります。

それは関わる人数が多いことではなく、さまざまな人間性、性別や年代や職業など何にも縛りなく、子供と砂遊びしてから午後は近所のおじいちゃんと縁側でお茶、ぼー。

 

8、関わる人は綺麗に線引きと選択をする

人付き合いする人をきっぱりはっきり選択します。

「この人とは関わる、この人とは関わらない」、ズバッと切るように線引きして、態度も人によって全く変わります。

関わる人には笑い、関わりたくない人に興味ゼロ。極端です。

 

9、物事の認識が明確で常に選択する

常に自分を持って物事を見て、感じて、考えて、想って、認識します。

そのため、自分の意見が明確にあります。しかし、それを他に伝えるかどうかは自分の好きなようにします。

そこには選択があり、自分を主観に認識した後は常に選択します。うやむやにすることはなく、あっち、こっちと選択し、自分の価値感も人生観も明確に物事を選択します。

 

10、経験が豊富

自分の認識で選択する特徴は経験が豊富なことが理由です。

人生経験が多種多彩、物事の見方は一辺だけでなく四方八方から見ます。

辛いことも嬉しいことも、喜びも恐怖も、愛もエゴも、陰も陽も体験しているため、常に自分の選択に自信を持ちます。

 

11、当たり前でもはや自信と責任の認識がない

自信を持っているのが当たり前であるため、自信を持っている認識が無意識になっています。

自信とは、自らの意志や行動や選択に責任を持つことでして、自らを信じて疑わないために常に自分のことには責任も持ち、それも当たり前過ぎて責任を持っていない状態です。

実際には無意識に持っているので、わざわざ自覚や認識することはなく、自信があっても根拠のない自信しかないという状態です。

 

12、信念がある

自由人の大きな特徴には信念を貫く様があります。

その信念とは“自分として生きること”であり、自らの意志を明確にして、過去の強い記憶となる経験によって信念化しています。

行動一つ一つに動機と目的を持ち、「自分のため」または、「他者のためが自分のため」という具合に、選択の際には信念を基に意志を認識します。

 

13、正直者

他を主観にして自分の利益を見出そうとしないので、「人を助けた」「人のためになった」などと他者から評価されることに喜びも悲しみもありません。

自分を善人だと思わず、「自分のしたいことをしている」と認識します。

認識に他者の反応や社会性に従うルールが入っておらず、かと言って反社会性として基盤に反発する“社会性に従うことでの反旗”も持たず、現実としてそのままの見方をします。

 

14、昨日の友は今日の敵、昨日の敵は今日の友

自由人は一瞬一瞬の今を生きています。

そのため、過去の栄光や思い出にすがらず、昨日までの大切な人が今日は憎たらしい敵かもしれません。

同様に、過去の怒りや憎悪の記憶にすがらないため、昨日の敵とは親友になるかもしれません。

過去にも未来にも執着せず、先のことを考えて悩んだり、期待して楽しんだりすることがありません。

他者にも自分の人生にも執着せず、自分を大切にする欲に忠実に生きます。

 

15、人生に飽きない

最後となるのは、「自由人と言えば」の特徴です。

人生に飽きることがありません。

常に何かしら目的を持って突き進むことがあるためでして、それが“欲”です。

自分の好きなこと、したいこと、やるべきこと、目的、使命、生きがい、役割…。言葉は何でもいいのですが常にすることがあり、その動機に“自分を大切にする、喜ばす”などの欲望があり、忠実に行動し続けます。

仕事や趣味に飽きても別のことをして興味を持つという具合で、何か一つをし続けたり、常に移り変わる気持ちがあったりと、己のそのままに対して支配せず、空を飛んで風に流されるようにフラフラと漂います。

以上が、自由人の特徴です。

 

自由人の特徴 一覧

特徴の一覧はこちらです。

自由人の特徴
  1. 自由を求めない
  2. 権利やお金や評価など、他者の存在にて成り立つ利益を求めない
  3. 利益は自ら作る
  4. 自分も他も俯瞰している
  5. 自分の喜びと欲を支配しない
  6. 孤独
  7. 人付き合いが浅く広い
  8. 関わる人は綺麗に線引きと選択をする
  9. 物事の認識が明確で常に選択する
  10. 経験が豊富
  11. 当たり前でもはや自信と責任の認識がない
  12. 信念がある
  13. 正直者
  14. 昨日の友は今日の敵、昨日の敵は今日の友
  15. 人生に飽きない

 

自由人の性格

自由人の性格15選

特徴にさまざまな人間性が表れますが、自由人をより知りやすくなる“性格”がありますので見ていきましょう。

自由人はいろいろ考えた結果、何も考えなくなった

自由人の性格は何も考えずに空をフワフワと、です。

しかし、天真爛漫で何も考えないということではなく、過去の経験にてたくさんのことを考えた経過があり、考える状態を超えて何も考えなくなった人です。

何か起きた際に何も考えずに好きなように行動しますが、常に自分の意見と認識として考え、見て、捉えます。

ただ表に出しません。あえて出さない訳でもなく、「出すのがめんどくさい」などの理由です。

常に自分の喜びを主体にする性格があり、自ら喜びを作り、喜びのないものには関わりません。ましてやめんどうなものであればポイッと投げ捨てるように離れます。

善人面する気も、他から認めてもらおうという気もありません。でも認めたければどうぞと。

 

ある人は大好き、ある人は大嫌い

自由人の性格は他者から好かれるか嫌われるかが極端です。

本人が関わりたくないと選択すれば一切無視、または平気で直接毒づいたり、唾ぺっぺっと最低な野郎になります。

しかし関わる選択をすれば、凄い笑顔で楽しみ喜び、同じ時間を共有するために敬い調和する最高な野郎になります。

それは好き嫌いではなく、興味があるかないかに選択理由があり、常に選択して生きていることを自覚して、興味がないのは喜びがそこにないから、興味があるのは喜びがあるからと認識しています。

純粋なる自己満足を求める自己中心性を持ち、他に執着しないので人が周囲にいなくても何も気にしない意志の強さと孤独を楽しむ余裕があり、独りを好む人が多いのが自由人です。

 

自己表現が豊かで何でも遊びにする

悲しければ泣き、嬉しければ大声で笑う。愛しければ伝え、興味がなければ顔に書いてあるように無、ツーン。

そこに他を気にして我慢する認識があっても自らの喜びがなければ抑えません。喜びがあれば抑え、我慢している自分を観て内心ケラケラ笑っていたりします。

自己表現の豊かさには遊びの概念があり、自らが自らを客観的に観ることにも楽しみがあります。

何事も楽しみ遊ぼうとする性格があり、楽しいことが好きです。

感情移入せず常識に自らの意志なくは従わないので、“苦しみはダメ、喜びは良い”という決まったルールはなく、葬式で死人の顔を見て大笑いするみたいなことも起きます。嫌われます。

あらゆることに遊びを見出すため、創造性に溢れ、芸術や音楽や料理などの創作が好きです。

その際、「得意だからする」のではなく、「好きだから=楽しいからする」という認識を持ち、心理や哲学などの探求も好きです。

哲学でも過去の哲学者の意見に興味ない人も多く、自らの経験と認識にて創ろうとします。それも楽しいからです。

 

飽き性でこだわりがない、興味に絶えない

自由人の性格はとても飽き性でこだわりがありません。しかし、一度ハマるとどこまでもハマります。

飽きても他への興味が絶えず、常に遊び楽しむための方法を考えて行動します。

行動力があり衝動的なところがあるため、思い立ったら吉日、パッパッと行動。気付けば全く違うことをしていたり。

特徴でお伝えしたように人生に飽きることがなく、“常にやることがある”という素敵な人生を一生謳歌します。

 

自分のペースがある

せっかちだったりゆったりだったり、自らのペースを持ちます。

そして、ペースは時と場合によってコロコロ変わります。

言わばペースなど何でもいいと。
あるのか無いのか、何でもいいと。

その時その時の自分の体調や状態、心理や精神や健康状態、することや関わる人によってありのままに適したペースを持ちます。言わば、“今の私のペース”は毎回変わると。

そのため、ふざけているように思われます。

「この前はあんなに仕事の作業早かったのに、今日はまるでど素人だ」

でも気にしません。どう思われようが気にしない時のペースは常に一定です、「ほえ?それがどうした?」と。

 

責任は持つけど負わない

自由人の性格は他者がどうなろうが感情移入しない非情なところがあります。

「サイコパスか」と思われても仕方がない素行です。

それには訳があり、自由人は自らの行動や認識に100%の責任を持っています。そのため、「起きることは全て本人が責任を持つのが当たり前」と、死のうが生きようが何だろうが起きることは自分という存在にしか起きないので、自らが現実を認めて責任を持つ自然な認識を持っています。

「人の人生に他者が口出しするの?まぁ人それぞれだから何でもいいけどね」という具合で、保険でも保障でも自由に自らの選択で使用する前提の上で良いも悪いも思わず、結局自分の身に起きたことは自らしか責任持てないと思っています。

それは、責任は負うものではなく持つものという自覚でして、自らの行為・認識・意志に基づいて生きている前提理解があります。

自分に責任を持たない人間がいれば一切の興味なく離れ、関わることはありません。

同時に、執着することも責任を持たない人間性となるので、めんどくさいと思えばズバッと関わらなくなります。

 

攻撃性がなく、執着しない

自由人の性格は攻撃性がありません。そのため、他者を否定したり批判したり排他することはありません。

「この人性格悪いよー」なんてことは言わず、ただ興味がなければスーと離れるだけ。他者に加担することはなく、派閥が分かれればどちらにも入らず、楽しそうであれば自分のチームを作ります。

社会性や既存のルールや人々の在り方に良い悪いの評価をすることはなく、「本人が良いなら良いんじゃない」ともはや興味がないほどに干渉しません。

お金があればあるで大切にします。

しかし、執着しないのでお金にコントロールされて意志や認識が薄れることはなく、一度お金を稼いだら仕事を全て辞めたりします。

そして、お金が無くなれば再度仕事を始める自由人もおり、執着がないので未来を含めて生きておらず、その時その時を楽しく過ごします。

 

自我が強い

自由人は“自分”という認識が当たり前の前提としてあるため、全ての主観も主体も己です。

それは自我意識が強い性格を表します。

そのために自らを大切にする欲が強く、あらゆることに興味を示し行動し猪突猛進フワフワフー。

人それぞれに癒しまくり、遊びまくり、笑いまくり、楽しみまくりと、自分を大切にする方法は千差万別です。

その際、自己顕示欲や承認欲求、自己主張に肯定強制のマウントなど、他者の反応や評価などにて自らを見出す“エゴの欲”はなく、常に己を敬い大切にする“愛”が強くあります。

しかし、固定観念がないので、「エゴが悪い、愛が最高」なんてことはなく、自らが良きと思えば、「エゴ最高、フォー!」と騒ぎます。

 

人に助けられも助けもする

自由人は人に助けられることや、人を助けることに躊躇がありません。

選択をしたならば、わき目もふらず完全に助けられることを望み、何も考えず助けることもします。

損得勘定なし、「助けられたから次回は助けます」ということはなく、困っている人を助けて恩を売るようなこともなく何度でも助けます。

「助けられたからなんだ、助けたからなんだ」という認識で、そこにあるのは“自分がそうしたいから”という意志と選択のみです。

以上が自由人の性格です。

 

自由人の性格一覧

自由人の性格一覧はこちらです。

自由人の性格一覧
  1. 考える人であり、考えない人でもある
  2. 認識も選択もはっきり、好かれるのも嫌われるのもはっきり
  3. 楽しいことが好き、めんどくさいことはポイッと投げる
  4. 人の好き嫌いはない、興味のあるなしが極端で明確にある
  5. 自己表現が豊かで多彩
  6. 創造性があり、常に遊ぼうとする
  7. 芸術や音楽や料理、哲学や心理などの創作や探求が好き
  8. 飽き性でこだわりがなく、あらゆる興味が絶えない
  9. ルールに縛られず行動力がある
  10. 自分のペースが自由にある
  11. 責任は持つけど負わない
  12. 攻撃性がなく、執着しない
  13. 自我が強い
  14. 愛があり、エゴもある
  15. 人に助けられも助けもする

 

自由人とは

特徴と性格からわかる自由人とは、“縛りがない人”です。

縛りとは社会性であり、常識であり、フィルターであり、他の目であり、評価であり、反応であり、執着であり、支配であり、時間であり、空間であり。

そして、自分です。

自由人は他からも、そして自分からも縛りがありません。

お金や時間や物質など、他によって利益として成り立つものはあっても無くてもどっちでもいい人です。

それは自らが作れるからであり創れるからです。

絶対的な自信は認識することもなく無意識にあり、責任があるために後悔も執着も支配も押し付けも干渉もしない。

それは、起きる現実を認めたり拒否したりと、我欲のままに起きることを支配しようとせず、自分を支配しないフリーダムです。

するとこうなります。

良いも悪いも自分が決め、現実は自らが選択して認識して創造する。

縛りがないことで、自らが選択することは“良い”=自分の喜びになり、人生を創ります。

 

自由人とは愛でもエゴでも何でもいい人

自由人とは何も気にしない人です。

愛が良い、エゴが悪い。そんなルールは持ちません。

愛も良い、エゴも良い。自分が選択するならどちらも良いと。

良いも悪いもない、愛もエゴもない、陰も陽も偏らない人間性を持ちます。

あるものをそのままに認める正直者は嘘や誤魔化しをせず、現実を拒否したり否定したりしません。

お金があればあるで良い、なければないで良い、あったら生活が楽だから良い、それなら自分でお金を貰えるようにする、貰えたから飽きた、別のことをしよう、自給自足しよう、それも飽きた、お金じゃなくても価値を与えてみよう、自分の価値で食べさせてくれる人を見つけよう、ひもになった、それも飽きた、絵でも描いてみよう、お店でも始めてみよう、それも飽きた、アフリカに行ってみよう、僧侶になってみよう、宇宙に行ってみよう…。

一生続きます。

 

自由人とは解放人ではない

最後に、自由が混同されやすい“解放”との違いから、“自由人とは何者か?”を明確にして終了します。

自由に生きるためには、自由に生きている自覚を持つ経過があります。

そして、その前には解放的に生きる経過があります。

そして、その前には自由に生きられなかった経験があります。

自由人とは段階を踏む過程があります。

自由に生きている人は自由ではない時を必ず経験しています。

 

自由に生きる人と、解放的に生きる人は全く別

自由ではない人から抜ける時、解放的に生きることになります。解放人です。

不平不満の現状があれば、それを無くす。辛いから幸せを、苦しいから喜びを求める。

それが他者からの縛りであり支配からの解放を求めることです。

この状態とても喜びに溢れますが、いつか飽きます。

その先に自由があります。

執着、押し付け、干渉。他者を変えようとする我に、自らを変えようとする我を手放します。

そして明確になるもの、“自分の認識”“選択している自覚”“欲”です。

欲は自分を大切にする道しるべとなり、一生飽きることのない人生の材料です。

飽きるとは興味がなくなること。自分を愛することに興味がなくなることはありません。

そこには完全なる自由があり、自由人の正体を物語ります。

自由人とは自分を愛することに夢中になれる人です。

その結果、自由人は好きな時に好きなことをする生き方を選択します。

 

自由人の特徴と性格 まとめ

いかがでしたでしょうか。

自由に生きるためには軌跡があり、自由人は物事を俯瞰的に観る視野を持ちます。

フワフワしていてもあらゆる事実に気付いています。ですが、それを知ったところで楽しくなければ興味なし。

知ったような顔をせず、偉そうにせず、余裕の笑みをわざわざ見せつけず、己の存在を誇示せず主張せず、虫でも見て過ごします。

他者から評価されるために時間をあげるなんてもったいない、さようならピュー。

自由人は自由になろうとしません。

解放人の時に自由になろうとします。

自由人がもし自由になろうとすると自由ではなくなります。

身を売った瞬間、自由人ではなくなります。他者の存在ありきで生きることになるため、利益にすがり、欲に自らの認識を飲み込まれコントロールされます。

才能は身を売った時、価値と賞賛となり、天才にはならなくなります。

自由人に一切の縛りなし。

「エゴ、我欲、固定観念、押し付け、干渉、最高だね」ということです。

そんな自由人の在り方が、自由への道を切り拓く一助であることを願います。

それでは、自由人の特徴と性格の話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

『幸せへ導く』あなたの悩みを電話占いで解決

新規登録で最大10分間(2400円分)無料特典プレゼント

有名芸能人を鑑定したこともある実力派占い師が所属しているカリス。

鑑定件数100万件以上の実績があるので、電話占いに不安を感じている方でも安心して相談できます。

電話にて24時間いつでもどこからでも、あなたのお悩みを解決に導きます。

PR:Tphereth

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です