人それぞれ

自分を好きになる方法│そんなものはないという自分を愛する気付き

「この人が大好き。それは私自身のこと」

このようになれば、おそらく幸せだと思います。自分を好きになり愛すれば、全ての中心を自分にして、喜びをもたらす生き方に何の抵抗もなくできます。

しかし、どうやって好きになるか?

自分を好きになるために、自分に娯楽を?快楽を?買い物をたくさん?

自分を好きになる、愛するというのは非常に奇妙でおかしなことです。自分を好きになる意味を間違えると、人の愛し方がわからない時のような自分の見失いが作られます。

実は、スピリチュアルな魂の概念を含めると、自分を好きになる方法や、自分を愛する方法はありません。

しかし、「自分を好きになる方法などない」と気付くことが自分を好きになる方法になったりします。

そんな反抗期的な内容を気楽にご覧ください。

自分を好きになるスピリチュアルな意味

自分を好きになるとは?

初めに、「自分を好きになるってどういうこと?」という話をしていきます。

意味は言葉を知るとわかりやすいので、それぞれの言葉を紐解いていきましょう。

“自分”“好き”の二つのキーワードがあります。

 

自分とは

自分とは自我意識のことです。自分を自分だと認識する意識があります。

自我意識には肉体があり、脳があり、心があり、スピリチュアルを含めると魂に包まれるように存在します。

肉体は脳と共に顕在意識を自覚して使用します。さらに、心があることで潜在意識を無自覚に、自我意識として(肉体+脳+心)使用します。

それはすなわち、肉体も脳も心も繋がり合っている意味です。

そして最後に、魂があることでワンネス認知という、“全ては一つ”の万物一体意識との繋がりがあり、全宇宙の全ての記憶と繋がります。

ワンネス認知のある魂の中に自我意識が含まれ、心があることで潜在意識以外にも魂と繋がり、超意識やアカシックレコード、他者の潜在意識や魂と繋がることができます。

そこまで行くと話が飛ぶので、ここでは一旦忘れましょう。

以上から、肉体と脳と心は魂と繋がりながら、顕在意識と潜在意識を自我意識として使用して、自分を自分だと認識します。

自分とは : 肉体と脳と心の自我意識
※魂と繋がり、顕在意識と潜在意識と超意識(ワンネス)を使用する

 

自分を作る意志がある

この自分、魂の中にあることでさまざまな記憶との繋がりがあります。そこには過去世もワンネスとしての記憶もあり、過去の自分の全ての記憶を保持します。

すると、今世での肉体と脳によって記憶した、運動情報や知識や思考や感情以外にも、“自分”という土台となる“意志”が存在します。

意志はあらゆる記憶を保持した上で、「自分です」と言えるもので、絶対的な自信、というよりは自信しかありません。

なぜならば、自分の全ての記憶は主観も保持者も自分しかいないために、「自分を信じない」「これは私ではない」という嘘や誤魔化しがなく、自分以外という認識がありません。

写真データとして既に存在する記憶を全部並べて、「これが私」と言っているようなものが意志で、全ての記憶をありのままに保持します。

自分の意志とは : 全ての自分の記憶を受け入れて保持し、集大成として“自分”と言える自尊そのもの

自分とは自我意識であり、そこには魂との繋がりにある“全てを受け入れている自尊そのものの意志”がある。

 

好きとは愛にある自分のみの喜び

次に、好きとは何かです。

好きになる際には、“自分に喜びをもたらす”ことを対象に好きになります。

そのため、自分を好きになる際には自分のみを対象にして喜ばそうとする気持ちがあり、そこには愛があります。

愛の中に好きという気持ちが含まれるため、愛を知ることでわかりやすくなります。

愛とは曖昧なものに感じますが、愛する対象を想像すると愛の意味がわかりやすくなります。

例えば性行為は欲望の一つですが、そこに愛があるかないかがわかるのは、“敬い”です。

  • 敬いとは尊重であり、尊敬であり、意志を尊ぶこと。

愛があれば自分の意志を尊重します。同時に人の意志を尊重します。

愛の敬いには妥協や我慢や忍耐は皆無です。自分も他者も両方が対象です。

しかし、他者を敬うことで自分を敬えない場合には妥協や我慢となるので愛ではなくなります。他者を愛せるかどうかは自分を愛してからできるかどうかが決まります。

愛する際のポイントとなるのが意志を尊重することなので、自分の意志がわかっていなければ愛を知ることはできません。

愛とは : 自分と他者を敬うこと
※意志を尊重して、自分を理解することで愛を認識できる

 

敬いとは受け入れること

敬うことの意味を紐解くと、“そのままに受け入れる”ということになります。

尊重する気持ちなので、相手や自分のする行為全てに対して否定や批判をせず、干渉して押し付けたり決め付けたりと、人の世界をぶち壊すようなことはしません。

その言い方は、敬い、尊重、許しなど何でもいいのですが、全てに共通するのが“受け入れ”です。

自分であれば、自分が何をしようと受け入れて自分の意志を尊重します。

明確にわかるのは、敬いは行為や見栄えではなく、気持ちとして敬うということです。外見が敬っているような行為をしても、実際に受け入れていなければ嘘や誤魔化しとなり、愛とは正反対です。

実際に受け入れて敬う気持ちを自他に持つことで、愛することができます。
※他を敬わずとも自分を敬っていれば、好きになることができます。

※愛がわかりやすくなる話は、ワンネスにある本当の愛│全ては一つだからこそ生まれる真実と愛の意味 をご覧ください。

ワンネスにある本当の愛│全ては一つだからこそ生まれる真実と愛の意味どうしてこの人を愛しているのだろう? 愛の探求は、全てが一つに繋がっていることで答えが見出される。 愛の形とはとても幅広いものだ...

 

好きと愛の違い

好きとは、自分の喜びを求めること

愛とは、自分や他者を敬い受け入れること

全く違うようですが、好きの意味である“自分の喜び”を求めるためには、自分を敬い受け入れている状態がなければできません。

そのため、好きになるためには自分への愛が必要です。

愛がある上で好きという喜びを求めることができます。

他者を好きになる際に必要なのは自分への愛のみです。相手を敬い受け入れる必要はなく、自分のためのみを考えて好きになることで成立します。

ですが、他者を愛する際には、相手を敬い受け入れることで愛することができるので、他者を敬うかどうかに、好きと愛の違いがあります。

  • 好きとは…自分への愛を持って自分の喜びを求めること
  • 愛とは…自他への愛を持って自分の喜びを求めること

※他者を愛する際だけ、他者への敬いがあることに好きと愛の違いがあります(ですが、他への愛でも自分の喜びのためなのは同じです)。

好きと愛を知るとわかるのは、自分が主観で自分を対象にしている気持ちであり行為だということです。

自分を好きになっても他者でも、自分を愛しても他者でも、全ては自分の喜びを求めて自分を敬う共通がある。

自分を好きになることは、自分を愛することと同じ意味です。

 

自分を好きになるとは 結論

これまでの内容から、自分を好きになることの意味がわかります。

それは、“全てを受け入れる自尊を持つ自分の意志を受け入れる”こと。

長いので短くすると、“自分の意志を受け入れること”です。

あれだけ説明してこの短さです。言葉ってすごいですね、あんな一文字二文字にいろいろ含まれます。

意志とは全てを受け入れてそのままに自分と認めている自尊ですので、自分らしさの塊であり、一切抵抗のないありのままの自分です。もはや自分のことを自分だとも思っていないほどにそのままです。

その意志を“受け入れる敬い”があることで愛が生まれて好きになれ、受け入れなくする拒否や誤魔化しがあることで、愛はシュンッと消えます。

ここで矛盾を指摘したいと思います。

“既に自分の全ての記憶を受け入れている意志を受け入れる”ということは…「受け入れようとしているあんた誰?」と。

“自分を受け入れていない自分”というのがいます!侵入者です!警報アラーム、ファンファンファン!!

緊急事態です、誰か別の人がいます!!

…すいません、取り乱しました。

自分ではない何者か、それは自分のことを受け入れていない何者かが、自分のことを自分だとマスクを被り、自分を受け入れて好きになろうとしています。

そんなことはできません。

これは“自分”の話です。自分が自分を好きになる話ですので、自分以外が自分を好きになる場合は話が全く変わります。

自分の意志を持つのが自分なので、既に、自分を好きになる意味の、“自分の意志を受け入れる”状態です。

意識してなんとか自分を好きになろうとする場合、自分ではないことを意味します。

そこに、自分を好きになる方法の核心があります。

※自分を愛するスピリチュアルな意味は、自分を愛するスピリチュアルな秘密|完全な自由を与えられますか? をご覧ください。

自分を愛するスピリチュアルな秘密|完全な自由を与えられますか?どこまでも広くどこまでも繋がる空は宇宙です。この地球も宇宙の一つの星として宇宙の法則に順じます。 しかし、それは縛りではなくあるが...

 

自分を好きになる方法、自分を愛する方法はない

常に自分を愛している

これまでの内容から、意志を持って自分を認識していれば自分が好きも嫌いもなく、生きているだけで自分を受け入れて敬い愛しています。

その代表例が“赤ちゃん”です。

赤ちゃんはあるがままです。そのままの姿で行動と表現をして、もはや自分のことを自分だとも思っていません。

完全な意志そのものの状態です。

することなすことありのままで抵抗がありません。全てを受け入れているために、自分を止めません。

微笑んで笑っている時は意志がそうしたい時で、泣き叫んで嫌がる時は意志がそうしたい時で、意志を尊重して表現を止めたり我慢したりと、自分を受け入れないことがありません。

赤ちゃんが教えてくれることは、自分を愛することが標準で、生きている以上は常に自分を愛して好きな状態ということです。

自分として意志を持って生きている以上は、常に自分を愛して好き

 

自分を好きになることの気付き

自分を好きになるために最も大切な気付きがあります。

気付きをお伝えする前に、少しイメージをしてみてください。

新しい法改正が日本で発表されました。

「国民全員、自分の全財産を誰かに渡して交換し合う法決案、バンバン」

決まりです。必ず自分の財産を全て誰かに渡さなければなりません。見返りはなし、ただ自分が相手を決めて渡すだけです。誰が誰に渡すかは自分が決めます。

誰に渡しますか?

この法案、抜け穴があります。

「誰かに」とは、自分も含まれます。

どうでしょうか?

気付きとは、「自分のことを既に愛している」ことです。

「大切なものを誰かに」となった時、見返りを求めない前提なので対象は最も敬いを持つ人=最も受け入れている人=最も愛する人になります。

  • 自分であれば、最も愛する人は自分です。
  • 自分でなければ、自分が与えて嬉しいと思う人(または、不納得を抱かない人)です。

すると、自分であっても、自分でなくても自分の喜びを求めていることがわかります。

 

本当は自分を愛している

上記の話からわかるのは、本当は自分を愛していることです。

生きることは当たり前ではありません。ご飯を毎日何度も食べて、せっせと他の命を奪い取る行為を続けることで自分が生き続けている毎日があり、何かしら対価を払い、自分の意志を持ってご飯を食べる行為を続けています。

それは、生きようとする自分の意志を受け入れている状態です。

今生きているならば、自分を愛していない人はいないと思います。
ですが、愛していないと思い込んだり、そう思いたくないことはあると思います。

嫌いな自分がいる場合、「こんな私は私ではない」と受け入れません。すると、自分はいなくなります。

その状態で自分を愛そうとすることで自分を見失う方向を走りますので、おすすめしません。

自分を好きになるために必要なことは、既に自分を愛していることに気付くことです。

その気付きを受け入れた時、自分の意志がよみがえり、自分を愛して好きな標準が戻ります。

※人を愛することは自分を愛することである話は、人を愛するとは自分のみが対象│自分を敬うことが唯一でたった一つの愛 をご覧ください。

人を愛するとは自分のみが対象│自分を敬うことが唯一でたった一つの愛頭があり心がある。人の愛とはどこから生まれ、どこへ向かうのか。 愛の定義とは幅広く、愛する行為も認識も人それぞれにあるために、何を...

 

自分を好きになる方法はない

常に自分として生きているのであれば、「私は自分を好き、愛している」と思うこともなく、意識もしません。

しかし、自分がいない場合、「自分を好きになろう」「自分を愛した方がいい」と思うかもしれません。

そして、「私は自分を愛しています」「こんなに大切で好きな人は他にいない」と暗示のように思い込もうとするかもしれません。

何も悪いことはないのですが、愛する主観が“自分”であれば、そのようにすることはありません。

生きている以上、自分を愛している結果が今この瞬間です。そのため、自分を好きになる方法など存在せず、大切なことは気付きです。

自分を好きになる方法はないことの真意 :
嫌いな時、好きな時の自分に気付く

※自分として生きることを邪魔する抵抗を失くすために、自分を嫌う時間、または自分が好きな時間があることに気付く

自分を好きになる方法はないことには、1日の24時間ずっと自分を嫌う、または自分を見失っている訳ではない意味があります。

その時その時、自分を好きだったり嫌いだったり、脳を使用したり心を使用したりと、生き方も認識も変わります。

自分が好きで愛している時間があるからこそご飯を食べたり、空気を吸ったり、睡眠をとったり、仕事をしたりします。ましてやアイスクリームを食べるもんなら、大好きでしょうね。

同時に、自分が好きではないと認識する時間があり、「愛していない」「嫌い」「愛した方がいい」「好きになる方法は如何に」という自分を作ります。

気付けば、自分を好きになる方法を確実に知っています。あとは、自分を好きにならない自分を変えていくことで、物事は変わっていきます。

その際にすることはただ一つ、その自分を受け入れることです。

 

自分を好きになろうとすると起きること

「自分を好きになる方法がないなんて、何のためにこの記事を見ているのか」という感じですが、方法がないと気付くことで、自分を好きになる意味が見出されます。

自分を好きになろうとすることは良いことですが、自分の意志がなければ、思考過多になることで意志がより見えなくなってしまいます。

  • 意志とは魂の記憶との繋がり。
  • 繋がれるのは肉体でも脳でもなく、心。
  • 心は気持ちを認識して、感覚や感性を生み出す。
  • 感覚的であることが心の認識を育み、魂との繋がりにて自分の意志を見出しやすくする。

自分の意志を見出さずに、とにかく自分を好きになるために行動する場合、起きることがあります。

“自分を好きになろうとする自分を作る”ことです。

いくつか起きる副作用があるので、ご覧ください。

自分を好きになろうとすると起きること
  1. 自分を好きになろうとする自分を作る
  2. 思考にて頑張って楽しいことや喜びを見出し、自分の好きなことを新しく作る
  3. 好きになる対象は今の自分ではなく、架空の願望になる
  4. 自分にご褒美を上げても幸せにならないことにストレスになる
  5. 自分の意志ではなく脳の思考を喜ばそうとする
  6. 自分をより見失う

空回りというやつです。自分を新しく作ることは素敵なことですが、目的と行為の矛盾を作り、好きになる方法にならないので、“趣味を作る”という行動に合った目的の認識が必要です。

 

楽しいことなんてなくていい

自分を好きになる方法として、楽しいことや喜びのあることをするととても良い時間になります。

しかし、楽しいことや喜びのあることを探し出す場合には、新しく作ってしまいます。

なので、するならば思い出すことをおすすめします。昔好きだったことや楽しいと思っていたことで自分を癒す時間にして、自分を好きで愛していることに気付く機会になります。

ですが、思い出しても楽しいと思うことがない場合、そんなことする必要はありません。

自分を敬っていればそれで十分です。

風が吹いて、それを体感できたら十分じゃないですか?
カエルがゲコゲコ言っているのを聞いて、なんか十分じゃないですか?

「どこが?!」ですよねー。

しかし、楽しいことは探し出すものではなく体感するものです。なんせ自分の意志があれば、何が楽しくて何を好んでいるかを過去の膨大な記憶から知っています。

そのため、「数打ちゃ当たる」と片っ端から探せば、「あ、これ楽しいかも」と思うことは過去の潜在意識のよみがえりがあれば体感します。

でも、思考的に顕在意識を基にして探していれば、情報が少なすぎて見つかるまでに100年くらいかかるかもしれません。

自分の意志がない状態で楽しいことを探しても見つかる可能性は限りなく低いですし、わざわざ楽しもうとしなくていいんです。

大切なことは、“自分をどこまで優先できるか”です。

それはそのまま、“自分の意志を明確にできるか”という意味です。

 

楽しいことを見つけるためには自分の意志を明確にする

楽しいことが見つからない人は、スピリチュアルな概念では過去世の経験が多く成熟しています。

そういう人は、刺激を求めて脳の快楽に溺れて満足することはありません。自分の認識を変えることで、自ら喜びや楽しみを作り出すことが好きな人が多いです。

自分を知っていくと、「あ、手があるんだ」「普通に話せるんだ」と気付きます。

そのように事実を認識して、自分の肉体と頭と心で組み合わせたり、認識の仕方を変えたりすることで、いくらでも楽しいことは作ることができます。

赤ちゃんはそれを楽しんでいます。

手が動くと楽しいんです。自分の足が動くとキャッキャします。

クラブで踊っても、居酒屋で騒いでも、タバコ吸って、エナジードリンク飲んで、注射して、最高です。

お酒と注射の何が違うのか?と同じように、クラブで踊ることと浜辺で一人で踊ることの何が違うのか?

全く違って、全く同じなんです。人それぞれってことです。

自分の意志を明確にすると、楽しいことの意味にも気付きます。

「そんなものはない」ってことです。
本当はみんな楽しくてみんな楽しくないんです。自分に合えば楽しくて、合わなければ楽しくないんです。

言い方を変えると、自分らしいことであれば楽しくて、自分らしくなければ楽しくないんです。

自分のみが知っています。それを知っている自分は、自分のことを心から愛しています。

自分が人生の主観となり、主人公として何よりも自分を優先した本来の在り方の時、意志を尊重しています。

※自分を好きになる方法があるとすれば、他人より自分の利益を優先することに常識がある|全ては自分のため です。

他人より自分の利益を優先することに常識がある|全ては自分のため私達の住む日本には、独特で根強い文化としての考え方がたくさんあります。 その中にあるのが、“礼儀と建前”です。 礼儀と建前が幼い...

 

自分を好きになる方法のスピリチュアルな意味

最後に、自分を好きになる方法のスピリチュアルな解釈をお伝えして終了します。

自分を好きになる方法のスピリチュアルな意味

私達が宇宙に生まれた時、それは暗黒のブラックホールが…というのはびっくりするほどどうでもいいですね。

そもそも、私達は自分のことを、「I love myself ye!」なんて言いませんでした。それは、原始人が洋服を着ていなかったことと同じです。

しかし、自分を嫌うことで、「自分を嫌うんじゃない、メッ」とされ、自分を嫌う自分を受け入れられない思考が顕在意識に入り、「自分を嫌うなんて非人格的だ、私なんて」と、自分を嫌いなのに嫌えない矛盾を作り、物事を受け入れたくても受け入れられない在り方が作られました。

自分を否定された瞬間、主観である自分はいなくなります。しかし、否定が終わればまた自分に戻ります。

それを繰り返す内に、自分に戻ることを忘れてしまい、「あれ、ここはどこだ?」と。

周りを見ると、自分を嫌いなのに嫌いだと思わないようにする自分がいます。本当はこうしたいのに、それができない自分がいます。

受け入れない自分がいる領域です。果たして、今身体を使用して生きているのは誰でしょうか?

これまた別の意識の自分、でもその自分もその内にここに来ます。そうやって増えていくのが、受け入れない未浄化の意識でありエネルギーであり記憶。

それらは全てカルマとなります。行き場がないので、長い時間をかけて戻ってきます、「受け入れろよ!」と言いながら。

自分を好きになるとは、この未浄化を失くすことです。

それが“受け入れ”です。そのために必要なのが“気付き”です。

自分を好きになる方法のスピリチュアルな意味 :
受け入れない未浄化をなくす

※カルマを無用に作らないための受け入れをして、物事の拒否をしないこと

カルマを作っても、今受け入れられればそれで解消します。安心してください。

 

自分を嫌いなら嫌えばいい

自分を好きになるとは受け入れることです。自分らしくあることです。

自分のことが嫌いならば、嫌いになることが自分を好きになることです。

ボッコボコにしてやりましょうよ。というのは冗談ですが、嫌いなのに嫌いになれないことと、好きなのに好きになれないことは同じです。

どっちが良い悪いはありません。それは社会性の話しで自分の話ではありません。

現実をそのまま認めることが自分を好きになることです。

私はご飯を食べる時に箸ではなく、手を使ってしまいます。手の方が楽で、海外を旅していた時の癖から手がいいんです。

社会的にはバツかもしれませんが、私的にはハナマルです。そりゃ手で食べます。

でもレストランで誰かと一緒で、その人は手は使わない人であれば、その場の居る時の自分らしい振舞いをします。

ジロジロ見られるのが嫌であれば、見られないようにします。それが恐怖を受け入れることです。

どうしても手で食べたければ、ジロジロ見る人のいない別の店に行きます。

自分を好きになるとはそんな感じです。常に自分が中心です。嫌っても何でも、自分がそうしたいかどうか、自分の受け入れかどうかに意志があります。

自分を愛し好きになることは全ての主観が自分になること。
自分がどう思い、どう感じるか。他者ではなく自分。

 

自分を好きになる方法、自分を愛する方法 まとめ

自分を好きになる方法も自分を愛する方法もありません。

しかし、自分の意志を持った時、いくらでも楽しいことや喜ばしいことをすると、とても幸せな時間がもたらされます。

その際には、自分を好きになり、愛してやまないことでしょう。それが標準状態です。

嫌いな自分がいれば、とにかく嫌いましょう。しかし、嫌いになる対象をしっかり把握してください。それは自分自身ではなく、自分の振りをした何者かです。

実際、自分を嫌いになることはできません。自分がいなければ嫌いになることも、嫌いになる対象もいません。

できるのは、自分に嫌なことをしてくる対象を嫌うことです。それは、自分の意志を受け入れることとなり、嫌いでも好きでも人それぞれにどちらでもいいんです。

自分の意志に聞いてみてください。

「自分を好きになる?なんじゃそりゃ」と。

自分の意志を取り戻し、笑ってやりましょう、受け入れてやりましょう。気付けば、そんな自分を最高に愛していると、認識していることでしょう。

それでは、自分を好きになる方法のスピリチュアルな話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です