人生哲学

【思考が変わっている人は本当に変人】極端にシンプルで重要な考え方

一人一人に感じる力があり、心があると、変わっていない方が奇妙になってくる。

私達は隣人と同じように感じることが、残念ながらできません。

しかし、思考は共通性を見出して、同じようなことを思ったり、言っていると思い込めます。

そんな思考までもが普通じゃない、大衆じゃない、みんなと同じではない、理解できない。いわゆる変わっている人がいます。

本当に変わっている人です。

ここでは、思考が変わっている人の変人スタイルを見ていかれてください。

  • 思考が変わっている人の特徴とは?
  • 本当に変わっている人の変人性とは?
  • 変人が教えてくれる大切な考え方とは?

これらを紐解き、「人生って余計なものがなくなるとシンプルに変人になるんだ」と知っていただく内容となっております。

思考が変わっている人の理解によって、「どうしてみんな変人じゃなくなったんだ?」という見方を広げる一つの考え方、初心を思い出す一助となれば幸いです。

思考が変わっている人の特徴

思考が変わっている人の特徴11選

初めに、人物像のイメージを共有するために、特徴を順番にご覧に入れます。

1,強固な信念

何があっても絶対に曲げない核を持ちます。

自分軸というレベルではなく、自らを信じて突き進むための一切動じない自分柱がボボボと建っています。

自信も自己肯定感も自己評価も絶対的になる基盤。自信があるもないもあるのが当たり前なので、認識すらしない在り方となります。

 

2,他からの影響を受けない

信念によって絶対的な自己ゾーンを持ち、外部からの影響を受けません。

他からの干渉や影響に翻弄されず、自らを制御・保持・管理する特徴でもあります。

人によっては頑固や聞く耳を持たないさまになり、人によっては自らを律して行動し続ける自責と実行力になります。

 

3,極端に他人に興味がない

驚くほど興味がないさまは、他人に一切干渉をしない特徴です。

「話したくない、無関心、どうでもいい」とは違い、「私は私、あなたはあなた」という認識が絶対的であるため、会話をしても「ふーん、へー、そうなんだー(あなたはね)」となりやすく、他によって自分に変化が起きにくいです。

 

4,極端に頭がいい

独自の意思や思想を持てるほど、あらゆる多くの情報や知識を吸収できる特徴です。

学習能力やIQだけでなく、地頭のよさ、頭の回転の速さ、認識力の高さがあり、少し頭がいいというレベルではありません。

 

5,思考力の育みが独特

思考力の発達に明確な自意識を使用した意味です。

「この私が私である」と自らのことは自らがよく理解しており、独自の思考力育み方法があります。

例えば、特定の推理小説ばかりをひたすら読み続けたり、あらゆる分野の学問に精通したり、言語にフォーカスしてたくさんの国の言葉を学ぶなど、自らの強味から入って自分なりに思考力を高める努力をします。

 

6,思考回路に個性がある

思考回路にある理解力・問題解決能力・創造性・逆算回避能力・想像力・フィルタリング精査力・予想組み立て力など、思考分野毎の能力値に上下変動が激しくあり、自分らしさが表れます。

理解・読解・修正能力が高いけど、逆算して先読みしたり、想像して回避する能力が低いなど、図形グラフにすると綺麗な形にならずに、ピョンピョン飛び跳ねた図形になる特徴です。

 

7,努力だと思わない努力家

考えられないほど努力をしている人です。

しかし、努力している自覚があまりなく、好きなことや知りたい欲に忠実に行動していた結果パターンが多く、努力とすら思わない努力をし続けています。

英字新聞を毎朝読んでいたり、欠かさず映画を観ていたり、人の洞察を気づけばしていたり、独自の思考力の育みは常日頃から継続中です。

 

8,常識は世間的ではなく自分にとって

「成功=良い」「良い=good」「good=だから何?」

世間的な常識が通用しない特徴です。

常識はあくまで自分にとってのものであり、豪邸でもゴミ屋敷でもどちらでもよく、「豪邸でもせっまい書斎がないとダメ」「ゴミ屋敷でもトイレだけは綺麗じゃないと嫌」なんてことに。

世間や大衆の人々が皆一様に成功を目指すさまを見れば、「あの人達はどうしてホームレスの深みを成功とうたわない?」と純粋に疑問になるイメージです。

 

9,疑問があれば人に聞かない

わからないことは自らが実際に体験して知るか、歴史や書物に聞き、他者には聞かない特徴です。

他者を信じないのではなく、他者が答えを持っている概念がありません。

自分が唯一理解できる媒体であるため、よっぽどの偉人の書物でないかぎり鵜呑みにせず、最終的にはそれが答えかどうかは自らの思考や認識によって見出そうとします。

 

10,知りたい欲が強い

わからないことはとにかく調べ、経験し、知ろうとします。

完璧主義に思われやすいですが、実際には完璧主義以上に知りたい欲の強さが先行しており、自分のことは自分で喜ばそうとする意志の強烈な強さがあります。

 

11,自分だけの理論がある

他者との共存社会では、他の情報や意見を多少かかわらず使用して、理論を真似たり模る人が多いですが、自分だけの唯一無二の意見や理論を作れる特徴です。

例えば、「自分は感覚派か理論派か?」の質問に対して、他の情報や意見を使用せずに、理論派であることを説明できます。

自分用の教科書をたくさん持っているイメージです。

以上が、思考が変わっている人の特徴でした。

※変人とは違う不思議な人の特徴は、不思議な雰囲気と言われる人の特徴は謎めく【変人とは別概念の独特さ】をどうぞ。

 

思考が変わっている人は本当に変わっている

思考が変わっている人とは何者?

特徴をご覧いただくとわかるのが、唯一無二の存在として唯一無二の思考をする在り方です。

ポケモンで言う、伝説系やミュウやミュウツーであり、量産型ではない理解の前提で、自分ならではの思考を育み使います。

これが普通なのか、変わっているのか。実際には甚だ疑問かもしれません。

今の私達の世界では量産型が基本体系と考えられますので、この世に一匹しかいないと際立つ存在はとにかく目立ち、理解されず、普通から離れ、変人とカテゴライズされやすいと考えられます。

変人の枠組みの中には個性が強かったり、趣味や仕事が希少だったり、普通ではないことが変人たらしめる、いわゆる[無印で大衆的ではない人=変人]が多くなります。

思考が変わっている人は変人の中でも浮いており、極めて変人たらしめるさまが別にあります。

周囲に合わせる気も興味もない、絶対的な独自の思考信仰

思考が変わっている人とは、唯一無二の独自の思考を信じ、自己世界を最も尊重する人。という考え方です。

 

唯一無二の思考に特徴的なさま

私達肉体と脳と心の一体物は、肉体によって感じ、脳によって考え、心によって想うことをします。

[感じる+考える+想う]

肉体と心の感受は、自分にしかわからない“感じ”ですので、誰しも唯一無二の認識ができますが、脳を使用する考える行為はなかなか唯一無二とはいきません。

私達の物事を捉える認識は、過去の経験や記憶によって構成され、ほとんどの思考体系や価値観や観念(感受を除いて)は、親や先生、社会や教科書、好きな人や嫌いな人など、他の情報やルールや影響が強くなります。

子供の時は他の影響がことさら強くて、独自の認識をし難くなります。

しかし、思考が変わっている人は違います。

他からの影響があっても、信念によって平気で自分の認識を主体にしてスルー

「要らない」ではなく、「私だったらこうする」という見方をして、自分の捉え方を絶対的に信じるさまがあります。

「海は青色じゃなくて、なんか黒っぽいじゃない?!」となった時に、他の影響以上に自らの認識を優先する結果、「よし、直接見に行こう」という考え方になります。

これが唯一無二の思考の使い方、自分で確かめます

 

思考が変わっている人は自分で確かめる

「唯一無二の独自の思考を信じ、自己世界を最も尊重する人」

なんてカッコイイ感じでお伝えしましたが、気楽にまとめると自分で確かめる人のことです。

唯一無二の思考の使い方となるのが、自分で確かめる、知る、理解する、把握する、認識する在り方。

英語を勉強している時に、本場のネイティブから「How do you do?」の使い方を教えてもらっても、実際に現地で使ってみて初めて理解したことになると捉えます。

自己理解して初めて理解になるため、思い込みや決め付けにならず、常識や当たり前などの大衆意見や他律で流されるのが皆無になります。

実際にこの認識で生活してみると異常に疲れてしまいますが、思考が変わっている人は思考体力や情報処理能力がとにかく高く、生まれてから今日までの努力の賜物です。

 

自分で確かめる在り方は、「みんなと同じ」になることがほぼゼロ

ご飯を食べるにしても一日三食なんて食べません。睡眠八時間なんてとりません。

実際に試して、「うん、少ない量を一日十食」「あんまり寝るタイプじゃないから、お昼寝みたいなのを六時間おきに挟もう」

「曇りの日は仕事休みね」
「本は森の中か、海の中でしか読まないよ」
「温泉は水風呂がメイン」
「コーヒーは香るだけで飲まない」

自分で確かめると他者と同じになることがなく、自分を量産型ではないと理解しているので、他者と違うのが当たり前である価値観が作られ、わざわざ合わせる意味がないので、自然と他者に興味がなくなります。

ますます他者との共通や寄り添いがなくなるため、個人や孤独の生き方が強まり、より自分ならではの考え方フォローが加速し、「普通ではない、みんなと同じではない、変わっている」と言われる変人性が高まります。

※変わっている人の基準は、変人と言われる場合の明確な捉え方|変わっている人には基準がある をどうぞ。

 

本当に変わっている人の変人性

変人と言われる理由が、「みんなと同じではない、理解できない、区分けしたい」などの場合、独自性と唯一無二度合が変人性を表すバロメーターになると考えられます。

「他者と比べて、社会と比べて、一般的にはどうか?」という既に独自を度外視した基準ではなく、一切誰とも違うさまが変人性を表すとした時、高い変人性は思考の独特さにて際立ちます

感覚や感情や感性などの感じることは、変人かどうか関係なく誰しもが自分にしかわからない独自、みんな基本的には変人です(または変人だった)。

しかし、思考や考えは社会の共通ルールがたくさんあるので独自になり難く、「自分が見出した自分だけの意見だ」と思っても実際には誰かの真似だったり、意見を引用していたりします。

思考が変わっている人は自分で確かめて自己理解するスタンスであるため、感じるのみならず、考える分野でも変人性が高く、変わっている人たらしめる言動や価値観が多くなります。

自己世界を尊重して絶対的に信じる思考は、誰が何と言っても自分にとっての現実は自分が知るか否か次第です。

誰にも理解できず、理解してもらうつもりもなく、「私にとっての現実なんだ」「あなたにはあなたの現実があるでしょう」と自然表現するように、本当の意味で変わっている人たらしめます。

しかし、思考が変わっていても全く別のタイプも存在します

※頭のいい変わっている人の詳細は、【頭がいい人は変わっている】奇妙で面白い理由と仕組みと妖精性 をどうぞ。

 

他者に干渉する人は思考が変わっているのではない

似たような様相のある人でも、他者に干渉して思考を押し付けたり、相手を変えようとする場合、全く別の人間味が表れます。

自分のことを変わっていると思っても、周囲から言われて思わざるを得なくなっても、思考が変わっている人は自らにとっての現実が何なのかが主体です。

他者が何と言おうが思おうがその人の自由ですので、一切気にしません。

気にする場合には既に他の影響を受けているため、独自の思考は存在せず、変人性はグングン低くなり、中には変人という言葉で自らの名前を欲し、何者かを特定せしめ、自らの価値や存在意義を得ようとする人もいるかもしれません。

人それぞれ必要なことですので各自されるのがいいと思いますが、思考が変わっているのではなく、変わっているさまを求める願望のお話になってしまいます。

変人性を育んで高めれば高めるほど、周囲の評価や判断など他の認識は現実から遠ざかり、自己理解できない空虚な思い込みだと知っています。

その人にはその人にとっての現実があり、自分には自分にとっての現実があり、唯一現実を理解できるのが本人だと知っているため、一切他に干渉せず、他からの影響を受けにくく、他を気にしないのが、ここでお伝えしている主人公です。

※自称変人の心理は、【自称変人を名乗る理由がある】特徴と心理は普通過ぎる変わり様 をどうぞ。

 

変わっている人のシンプルな考え方

「変人」という言葉は良い悪い両方の印象があると思います。

変わっていても我を押し付けるように他に干渉すると、独自の考え方を強要する迷惑になり、悪い印象を与えかねません。

反対に他に干渉せず、個々人の認識を尊重する人もおり、面白くてユニークで独特なさまは好かれやすく、良い印象を与えます。

ここでお伝えしている思考が変わっている人は、人によって度合は変わりますが、個々人の尊重ではなく興味がないための距離感遠め。

日本ではこのさまを「優しさ」だと思ってくれる人が多いですが、思考が変わっている人の興味のなさは、一切他からの影響を受けないさまが露呈するため、「明らかに優しさではなく興味がないんだな」と思われます。

人間関係での利点が生まれにくいですが、何もかもを自分で確かめて現実を認識する在り方は、非常に頭がよくなり、社会の仕組みや価値観も確かめて把握しやすく、価値や評価を創作できる凄味があります。

極端に言うと、人生イージーモードにする力があります。

しかし、他からの影響を受けないので、価値や評価を得た所で特に興味がありません。

「一体何が楽しいの?」

傍から見るとわかりにくいですが、思考が変わっている人の考え方はとてもシンプルで、私達人間にとって忘れてはならない核を教えてくれます。

そんな考え方とは、自分が生きていたいから生きていると知っている人生です。

※好かれる変人については、モテる変人の特徴は内面から溢れる|無意識な性エネルギーの秘密 をどうぞ。

 

生き方に制限を設けない思考

「生きていたいから生きている」

生き方に制限を設けず、死が怖いからああしてこうしてなどの、思考の邪魔がありません。

完全なる自己世界の上での自由です。

一切の縛りも支配もなく、制限も抑制もない、あるのは自分で確かめて理解した自分にとっての現実です。

思考の自由は、認識制限の完全なる撤廃

「生きたいから今日も生きているんだ」という現実を把握し、知りたければ学び、遊びたければ楽しみ、考えたければ考え、考えたくなければ考えない。

自らに抵抗をなくし、責任を持って自らを稼働させるさまは一切の無支配。

勉強したいから一日中勉強して、寝ていないからなんなのか、なんでもない。寝ていない現実など存在すらしない。

遊びたくなければ遊ばず、熱中したければ熱中する。

誤魔化しも疑似現実も妄想も思い込みもありません。

生き方に制限を設けない思考を教えてくれるのが、思考が変わっている人。この考え方はおそらく社会の中で生きていると、忘れがちなことだと思います。

「一体何のために生きているのか?」なんてあまり余計なことを考えたくない人もいます。

しかし、答えは常にシンプルだと教えてくれます。

生きたいから生きている。現実を唯一知れる存在は本人のみであり、物事は全て自分次第で変えられ、作れると教えてくれるようです。

※変わっている生きづらさは、「変わっている」と言われるのが辛く生きづらい時に知りたいこと をご覧ください。

 

思考が変わっている人 まとめ

一体いつから変人が少数になったのか。

昔のことはわかりませんが、随分古くには情報の氾濫も少なく、みな独自の思考を大切にして、自分で確かめながら現実を理解し、自分にとっての認識や考え方を作っていたかもしれません。

思考が変わっている人は人間の基本原理、根底にある自然な人間味を教えてくれるような気がします。

生きたいから生きている。
ご飯を食べたいから食べている。
食べたくないから食べていない。

シンプルな思考は、「自分」「現実」が主体にあり、制限や制約や支配など余計なものがありません。

「あの人はあんなに美味しそうなケーキを食べているのに、私なんか油揚げペローン」

余計な情報は全て自己理解のない何か、これを空虚な幻想と言ったりします。

人生を楽しむ必要なんかありません。
人間様が偉い常識なんてありません。
成功が目指すべくゴールかなんて知りません。
とりあえずあった方がいいじゃん、なんて現実存在しません。

自分で現実を理解して、考える。そんな本質的なことを教えてくれる変わった人。

本当に物事はいつもシンプルだったりします。

知りたいから知る。
頭を使いたいから能動的に読む。
自分の頭を使いたいから画像多めより文字を読む。

思考が変わっている人の考え方を知っていただき、変人という人間味を追加する一助となれば幸いです。

それでは、思考が変わっている人のお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談、心理セラピストになる養成講座。
全ての物語りは自分を知った後に始まります。
人生を創り、使命を得る機会。現状打破と今後の飛躍。人生を変える際にぜひご活用ください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。