スピリチュアル

スピリチュアルにハマる人に知って欲しい│特徴と心理に心鷲掴まれる共通点

物事を多角的に捉えるか一側面から捉えるかは、物事を自らが見るのか飲み込まれるかの違いを作ります。

ここではスピリチュアルを対象にして、見るのか飲み込まれるのかの違いで起きる“ハマる現象”についてを紐解いていきます。

スピリチュアルにハマる人の特徴と心理から、ハマる人が知っておきたい身を護る術がわかります。

と言っても、ハマることが良いのか悪いのかは本人にしかわかりませんので、突き進む道中のお団子屋さん的に、ここでお茶でも飲まれていかれてください。

気楽な話ですので一休み。何か気付きや知識の一助があらんことを。

スピリチュアルにハマる人の特徴

スピリチュアルにハマるとは?

ハマる。

「穴にハマる、泥沼にハマる、型にハマる」

「隙間にピッタリ、最高のフィット感」であればいいのですが、入ったけど抜けない。

自分にピッタリだと思って自ら穴に入る。だけど抜けようと思った時には抜けない。

ハマりました。

スピリチュアルにハマる人とは、スピリチュアルに傾倒してのめり込み、抜けられない人のことです。

のめり込むかどうかは本人次第です。
「オラオラ、スピリチュアルにハマれよ」と強要しても縛り付けることはできますが、ハマることはありません。

そのため、ハマるとは自ら進んで穴に向かい、抜けようと思わない状態です。

「抜けられない、どうしよう?!」とハマっていることに気付けば、抜けるための行動へ向かいます。まだ穴に入ったばかりであれば少しもがけば戻ることができ、隙間や戻る準備をしたりと工夫ができるのでハマることにはなりません。

ですが問題は、「ピッタリハマっている、やった」と思い、抜けられないことに気付かない場合です。

ハマることに何も悪いことはありませんが、自らが進んでハマっているために、抜けられないことに気付かず、穴の奥深くへどんどん突き進み、完全に戻れなくなる可能性があります。

そこで、お金を求められたら、これまでの対価を求められたら、恐怖心を煽られたら、既に心を掴まれていたら…。

「あれ、動かない?!マジかっ、ハマってるーうぅ」と時既に遅し。
「勉強代か、トホホ」ということになりかねません。

ハマる人はハマっていることに自覚がありません。

そんな人の特徴を見ていきたいと思います。

 

スピリチュアルにハマる人の特徴15選

特徴を順番にご覧ください。

1、自己肯定を他者に求める

褒めて、認めて、愛して、必要として。これらを自分ではなく他者に求める特徴があります。

そのため、受容と肯定意識が薄く、他者からの肯定願望が強くあります。

 

2、心が満たされていない

どこかに満足感のない気持ちがあり、その正体がわからない状態です。

何とかしたいけど何ともできない状態が不安や恐怖を増やし、違和感や不調和を感じることから何かしら行動し、心を満たすために他の人や物に頼る癖があります。

 

3、周囲に否定的で批判的で攻撃的な人が多い

周囲に心開ける相手が少なく、関わりたくないと思う人の方が多くいます。

「どうして、あの人は離れてくれないの?」と思える人がおり、周囲の人間関係がうまくいかないことがあります。

引き寄せによる同調作用です。

 

4、充実感、充足感がなく、思考的な刺激を求める

日々の生活に満たされず、心だけでなく思考的にも満たされません。

そのため、刺激的な事や衝動や驚きを求め、脳内快楽や思考的な納得にて、頭が満たされることを望みます。

 

5、自分を愛せない

自分を大切にする意識はあるのですが、現状の不調和を解消して心と頭を満たすことにフォーカスがあるため、自分を敬い愛することに目を向けません。

恐怖や苦痛から逃れる対処に忙しく、喜びを求める余裕がないという状態です。

そのため、ネガティブにならない状態をまず欲し、その後に喜びを求めるという順番があります。

 

6、願望が多い

願望を抱き、他者に望むことが多い特徴です。

自分に願望を持たせて行動するのではなく、他者に願望を投げかけて欲するものを手に入れようとする意識があります。

自分で自分を喜ばす、満たす、肯定する、愛すること以上に、喜びを得る行動は他に向かい、喜ばして、満たして、肯定して、愛してとなります。

 

7、求めたものを一瞬で手に入れたい

欲しいものはただ欲しいと考えます。

まるでテレビのような疑似世界に身を置き、現実的に過程があり、行動があり、結果がありというリアルを外します。

スピリチュアルを現実的に捉えず、魔法や神秘の力のように特別視する思い込みを持ちます。

 

8、唯一無二の存在に憧れる

光り輝く偶像崇拝となる特徴です。

特別で唯一無二の存在がいれば、憧れる絶対的な自分の主観となり、自分のことはどうでもいいと思うほどに身を委ねることができる人です。

完全に身を捧げることを善と思うほどで、人生の責任が軽薄になりやすい特徴です。

 

9、羨ましいと思うことが多い

「こうだったらいいな」「あの人はいいな」「そんな環境だったらな」などと他を羨ましがります。

妬みや嫉みを持つかどうかは人それぞれに異なり、「いいなぁ」「もしこうだったらなぁ」という言葉を使用して、過去への執着、未来への期待を強く持ち、現実への着眼が薄い特徴です。

 

10、独自性欲求が強く、優越感を求める

他者とは違う自分を欲し、「私は変わっている」「私は自由」「私は少し違う」と他者と線引きと差別化を図る意識が強くあります。

独自性欲求は他者との差にて優越感を求める動機となり、自分の優れている点を探すことを喜びます。

 

11、特別な力を信じ、特別感や万能感を欲する

独自性への願望は、“不思議”、“神秘”、“誰にでもできることではない”といった特別感を求め、魅惑的な力を信じて願望を生み出します。

スピリチュアルに傾倒することで特別な力を得ることを求め、他者の知らない知識を増やすことで、優越感と独自性と思える力や万能感を得ることに繫げます。

 

12、我欲が強い

エゴが強い特徴です。

自分を他と区分け・比較して見出そうとするエゴ意識を基に、他と比較して自分を見出そうとする我欲が強いです。

 

13、疲弊し、癒しとリラックスを好む

心と頭が満たされないことから刺激を求めますが、同時に日常生活の疲弊から、癒しやリラックスを好み、求めます。

 

14、気を使う

スピリチュアルにハマる人は気を使う人が多い傾向があります。

気を使うことで、自らを否定されることを逃れる恐怖心の対処ができるため、否定されないために他者の反応を見て、様子を伺い、自らに嘘をつき、演技にて偽り、体裁を守ります。

 

15、恐怖心を抱え、依存しやすい

ハマる人の大きな特徴となるのが、恐怖心を抱えていることでの人間性や在り方です。

否定されることを怖がり、苦痛を嫌がり、辛さへの抗体がないかの如く苦しみから逃避します。

「こんなことになったら私の人生は終わりだ」とまで思い込み、恐怖を自ら増長させるように思い込みを強め、その解消のためとなるスピリチュアルがあれば心を開き、身を委ね、執着心を強めて依存しやすくなります。

以上が、スピリチュアルにハマる人の特徴です。

 

スピリチュアルにハマる人の特徴 一覧

特徴の一覧です。

スピリチュアルにハマる人の特徴
  1. 自己肯定を他者に求める
  2. 心が満たされていない
  3. 周囲に否定的で批判的で攻撃的な人が多い
  4. 充実感、充足感がなく、思考的な刺激を求める
  5. 自分を愛せない
  6. 願望が多い
  7. 求めたものを一瞬で手に入れたい
  8. 唯一無二の存在に憧れる
  9. 羨ましいと思うことが多い
  10. 独自性欲求が強く、優越感を求める
  11. 特別な力を信じ、特別感や万能感を欲する
  12. 我欲が強い
  13. 疲弊し、癒しとリラックスを好む
  14. 気を使う
  15. 恐怖心を抱え、依存しやすい

 

スピリチュアルにハマる人の心理

ハマる人に知って欲しいこと

スピリチュアルにハマっていても、それはチョコレートにハマることと同じですので、悪いかどうかは本人にしかわかりません。

しかし、ハマっていることに気付ず、気付いたら糖尿病になっているという具合で、痛い目を見るかもしれません。

スピリチュアルでも何でも、“ハマる”ことに危険性があることを知ってもらいたい。それがここでの主旨です。

ハマる状態で起きていることには誰しも共通のことがあります。

自覚がないことです。

ハマっているかどうかがわからないという。

この理由は、喜んでスピリチュアルにのめり込んでいるからです。

自らの意志を持って進んで穴に入っている状態で、穴の先に光が見えることでスピリチュアルにハマる人が多くなります。

それが、空想を広げた疑似現実に生きる人間性です。

極端ですが例を出すと、自分が天使になれると本気で思い込む妄想とリアルのすり替えです。

ハマる人は現実的にスピリチュアルを認識せず、恐怖心を解消して心と頭を満たす利益のために偏った捉え方をする傾向があります。

スピリチュアルが神秘で魅惑の特別な世界のようになり、一般人と区分けするかのように差別化を図り、自らが欲する肯定や満たし、独自性に優越感、万能感に特別感を得ようとします。

ハマる人に知って欲しいことは、スピリチュアルそのものを見ていないことです。

スピリチュアルをスピリチュアルとして見ていないことの自覚、または自分の利益のために偏った見方をしている自覚が、自分のためになります。

 

スピリチュアルを都合の良いように捉えると飲み込まれる

物事を一側面からしか見ないことは、自分の見たいポイントを見たいようにしか認識しないことを意味します。

それは、「知る」という責任を放棄することで、見ていない部分が出てきた時に、責任を持たずに被害者意識を持つことに繋がります。

願望を他者にする場合には必ず対価が必要ですが、ハマる人は自らが利益を得ることに集中しているので、対価への意識が薄く一方的に求めます。

そのため、のめり込めば込むほどにスピリチュアルの良い所だけに飲み込まれ、他力と空想に浸かり、自らでは何もできなくなる可能性があります。

そのようなことにならないためにも、ハマる心理を知っていかれてください。

※スピリチュアルをあやしくさせる理由の話は、洗脳的においがするスピリチュアル|おかしいけどおかしくない理由 をご覧ください。

洗脳的においがするスピリチュアル|おかしいけどおかしくない理由スピリチュアルって何なの?洗脳?カルト? スピリチュアルを科学的、物理的に証明できたら、それはスピリチュアルではなくなります。 ...

 

スピリチュアルにハマる心理

スピリチュアルにハマる場合、スピリチュアルの特性から心を鷲掴みされます。

それは、恐怖を抱える心理に起因します。

不安と恐怖から苦痛や危険を嫌がり、心理状態から恐怖への逃避術を人それぞれに持ちます。

恐怖心をなんとか解消して満たされたい人と、恐怖心を払拭して満たしを与えるスピリチュアルが合致します。

恐怖を払拭して満たしを与えるダブル利益による安泰ゲットがあり、そこには刺激も癒しもリラックスも安心感もあります。

ハマります。

喜んでのめり込み、抜けられないことに気付くことなく突き進みます。

恐怖先行の心理にて、利益をとにかく求めて自覚なく邁進することで、スピリチュアルに飲み込まれます。

 

疑似現実の心地良さにハマるのは、脳の快楽と満たしの蜜の味

物事にハマる際の心理は、とにかく欲して他に頼ることです。

飢えと渇き、欲求に願望に我欲に期待、満たされて潤いたい。

そこで、良いことしか言わず、恐怖を払拭して心地良さをくれる人が現れれば、ハマります。

同時に、特別な人にだけ備わる能力があると信仰することで、ハマります。

どちらも満たされない心理を鷲掴まれ、離れられなくなります。

と言っても、グニュと手で掴まれているのではなく、お菓子だらけでキャラメルの良い匂いのするディズニーのような部屋に入り、清潔で設備完備、攻撃的な人はいない、心を満たす人がいる、恐怖がない。

ホワホワとシャボン玉のような水色ともも色の泡が空間を浮き、ポカポカ陽気で心地良く、部屋の窓から虹色の雲、綺麗な女性が何人もいて、ハンサムな男性が何人もいて、常に優しくささやき微笑み、褒められ癒され心地良い。

笑顔でニコニコ、優しい口調とエコーが柔らか、朗らかな心地良い部屋にいれば、そこから出る理由はなく、ずっと居たくなる。

最高かっ。

目の前の安泰や利益に目がくらみ、自ら飲み込まれることを選択します。

部屋の窓は実は絵、VRで見せられた映像は部屋全体に広がり、部屋はロックされて閉ざされて出れない。

しかし、疑似現実の心地良さには蜜の味、満たされた脳によって部屋から出る気もなくなり、気付いた煙はなんのその、時既に遅く、今日も心地良いからまぁいいか、と。

ハマります。

現実的な理解を求めず、感覚的な人であればあるほどにハマります。

 

スピリチュアルにハマる人は疑似現実を求める

悩みや相談を解消する占いやカウンセリング、セミナーにヒーリング、チャネリングに霊媒など、欲求を満たすことにも人助けにも繋がるスピリチュアルな理解は、人を助け、人を成長させながらも、人を堕落させ、人の成長を止めます。

スピリチュアルを現実的に捉えるか、疑似現実の神秘世界、特別魔法として捉えるか、はたまた別の何かかによって、全くの別物になります。

求めるものがたくさんあれど、恐怖を抱えて苦しむ場合には、恐怖がなくなることで何も要らないと思えるほどに解放的になります。

さらに、特別視したスピリチュアルを自らの価値や存在意義のために利用することで、優越感を見出し、独自性を出し、エゴを強めて、思考を満たします。

心は満たされませんが、肯定されることでまるで心が満たされたかのように脳の思考が満たされます。

現実に目を向けるのではなく、自らの願望と欲求、恐怖のなさと満たしに目を向けるため、頭の中の欲求と未来への期待、そして過去の記憶への違和感や不調和を見ます。

それは、疑似現実の世界を広げ、欲求と期待を満たすことで過去と未来の記憶と空想に対して“納得”をもたらします。

スピリチュアルにハマる人は現実に目を向けなくなります。

 

依存にてハマり、抜けられなくなる

スピリチュアルにハマって抜けられなくなる場合には、依存しています。

恐怖心と満たしを求める願望の多さと強さから、他者へ頼り委ねる執着心を増長し、一度スピリチュアルをたしなみ、利益を得ることで依存の行為へ進展していきます。

その際には、スピリチュアルに飲み込まれて責任放棄できることに心理的利益があり、彼氏彼女に依存して喜びをもらえればいいと思うような、ハマろうとする在り方が表れます。

自らの意志なく他力に引き付き、スピリチュアルという大きな世界に身を委ねることで、あとは恐怖を払拭してもらい、満たしを得ます。

同時に、スピリチュアルに傾倒することで独自性や特別感をもたらし、優越感とエゴの世界を広げて脳を満たします。

※スピリチュアルな執着の話は、執着を手放すとは停滞を流すこと│解決方法は心理とスピリチュアル をご覧ください。

執着を手放すとは停滞を流すこと│解決方法は心理とスピリチュアル執着には種類があるために、執着を手放すために知っておきたい理解がここにあります。 執着を見極め、必要なければ手放して流し、必要あれ...

 

スピリチュアルとは現実的な紐解き

スピリチュアルを疑似現実が広げる妄想と納得の一時凌ぎとして見ることで、理解が狭くなってしまいます。

スピリチュアルの精神や心とは、“今この瞬間にのみ体感する”ものなので、とても現実的です。

体感によって理解するので、経験がなければ理解は伴わず、「本を読んで完全に理解できた」というような思い込みとして思考世界を広げます。

見えない認識を含めることで特別な理解がありそうですが、感覚感受から理解できるものであるため、現実をより掘り下げて意味や真意を紐解く哲学でもあります。

それは、しばらく使用していないと公衆電話が視界に入らないことや、電柱を見なくなることに似ており、脳の認知で言う、RASやスコトーマという取捨選択にて認識を決めていることのようです。

そこに、心の気持ちを生み出す波動という振動エネルギーや、肉体の感覚感受を含めることで認識の詳細を深め、ワンネスやハイヤーセルフ、ヒーリングやチャネリングやリーディング、シャーマニズムなどの理解となります。

あくまで自らの体感や経験が伴わなければ知識や情報で留まり、理解というよりは思い込みとなり、そこに何も悪いことはないのですが、空想や妄想を広げてハマる要因になります。

自らの理解があることで知るため、捉え方を変えると、超現実的な自らの認識への責任がスピリチュアルです。

どういった面から捉えるかによってスピリチュアルは現実的にもなり、非現実的にもなり、疑似現実のテレビのような世界にもなります。

スピリチュアルにハマることが良いが悪いかは本人次第です。

スピリチュアルを何のために知り、理解し、傾倒し、ハマっているのかの認識は、自らの人間性を知り、在り方を理解し、自分に責任を持つことと同じです。

それらがわからないと自覚なく飲み込まれ、願望と執着を基に人生の責任を投げてスピリチュアルという世界に委ね、ハマって抜けられなくなります。

この状態が依存です。

このようなことを知り、一休み。一旦自分を見る機会となれば幸いです。

※悩みにてスピリチュアルを使用する際に大切な話は、悩みがあるから良い。スピリチュアルな悩み相談に大事なこと をご参考にしてください。

悩みがあるから良い。スピリチュアルな悩み相談に大事なこと悩みを紐解くと表れるのは自分。満たされていない。 しかし、悩みを俯瞰して理解することで、大切で重要なものであることが見えてきます。...

 

スピリチュアルにハマる人 まとめ

スピリチュアルへの向き合い方、恐怖への関わり方、自らの意志と認識を見て逃げないこと。

スピリチュアルは楽しく幅広いものですので、科学にも哲学にも共通があり、利益を得るためだけでなく、バランス良く知ることができます。

この話はスピリチュアルに限ったことではありません。

依存の基となる執着心。その基となる恐怖や満たしを求める願望と我欲。そこにある見失いの心理による、自らへの向き合い方の話です。

スピリチュアルにハマるのは、自分への向き合い方と恐怖との関わり方、そして、一方的に願望を求めて他に頼る心理に特徴が表れます。

一人一人に現実があり、創造している認識とリアルがありますので、スピリチュアルにハマることの理解には、どれほど自分を自覚して物事を捉える意志と気持ちがあるかが重要かと思います。

全く見方が変わるスピリチュアルな世界は、人によっては超現実的、人によっては超オカルト的、人によっては超使い勝手が良い、人によっては超ビジネス価値がある。

私達は人間です。人間が良いものか悪いものか、全て自分次第です。

そんな人間の理解の話。せっかくハマるなら自分を知ることに、ということで終了します。

ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です