生き方

人は変わらない。でもそれで良いよね│変わるとは自分を取り戻す意味

人は変わるのかどうか。

「変える意志と行動によって人は変わる」と聞くことがあると思います。私もそうだと思います。

しかし、変わる人と変わらない人がいて、実際に変わる人とは変わったわけではなく、気付いたり思い出したりしているのかもしれません。

変わったのではなく、「元に戻った」「取り戻した」という状態です。

実際に変わっているかどうかを考えると、外見は年齢と共に嫌でも変わっていき、肉体や健康状態が変わることで表現方法も変わるために、価値観や認識や生き方は表現として自然と変わっていきます。

しかし、本質的な奥地で人として変わっているのかというと、人は変わらないと言うことができます。

それは、変わっても変わったと明確に理解できない意味でもあります。

人は変わらない理由と仕組み、そして、そこからわかる変わることの意味と仕組みをご覧ください。

人は変わらない

初めに、人が変わることと、人は変わらないことの意味を見ていきましょう。

人が変わるとは

外見が変わる、内面が変わらない。性格が変わる、本質が変わらない。

変わる変わらないの焦点は曖昧なものですので、明確にしましょう。

「人が変わる」の主観は変わる本人ですので、自分で自分が変わったと認識することで、「私は変わった」と思い、感じます。

そのため、自分で認められるかどうかにて変わったかどうかが決まります。

時代背景や環境にて変わることは自分かどうかの“個”が関係ないので、生まれた時から今までの自分が変わるかどうかの全ての対象になります。

そして、変わる際には衰退や低下ではなく、向上や成長など、現状よりも良い状態を目的にすると思うので、「以前よりいい感じの自分に変わった」と認めて受け入れられることを意味します。

向上や成長の定義は人それぞれです。何を良い悪いと認識するのか、何を求めて考えて生きているのかの違いから、向上や成長は“自分にとって”というものです。

“自分にとって良い”と認められる状態を作るためには、自分の喜びを拡大させる自分が必要なので、人が変わるか変わらないかは、自分で自分の喜びを得られたか=得るための向上や成長をしたか=自分の意志で喜びを作れたかという意味になります。

内面として自分にとっての成長を認められることは、嘘をついても自覚するために誤魔化しが効かず、過去の自分との比較にて見出されることになるので、“自分が変わったかどうか”を知れます。

人が変わるとは : 過去の自分と比較して、より喜びを作る自分になること
※変化は自分にしかわからない成長である“喜びを作れるか”にて認識できる
  • 人が変わるとは : 向上や成長にて以前より良いと認められる結果
  • 人が変わらないとは : 以前より良いと認められない現状

 

人は変わらない意味

自分で喜びを作ることで良き変化を認識します。そのため、外部や他者から喜びを与えてもらい、自らの行動や意志がない“待ち”、“受け身”の状態では変わることはありません。

同時に外見の変化を初め、思考や認識、性格や人間性には、社会性や他者との比較による自分以外の概念が含まれるので、変わったとしても自分の成長としての内面は変わりません。

それらは、「変わったんですね、そうですか」「今日の天気は曇りに変わりましたね」と同じようなもので、変わっても変わらなくてもどちらでもいいものです。

変わる意志がなければ変わらないのは当然ですが、それ以外にも、人は変わらないものである理解があります。

 

過去に現状以上の喜びの記憶がなければ変われない

私達は“目の前の利益”を求めます。それは“自分が認識できている自分にとっての喜び”を求めるという意味です。

そのため、「未だ見ぬ未来のすっごい自分になるぞ」という空想の中にある期待やワクワクなどの喜びがあったとしても、それは頭の中です。

その際に、目の前に同じような期待やワクワクなどの喜びがあれば、目の前のことを手に入れます。

空想から抜け出なければ喜びも空想でしかないので、現実として目の前にある喜びを優先します。

空想と現実では比になりません。喜びは頭の中よりも実際に体感することの方が遥かに喜びがあるために、どちらかを選択する際には迷うことなく目の前の喜びを掴みます。

しかし、その未来を既に体験していて、喜びが空想ではなくリアルな体感があれば話は変わります。

それはダイエットをしているような状態です。

生まれた時から太った状態であれば、「痩せよう」と自ら思うことはありません。なぜならば、痩せた時の自分を知らないので喜びがあるかどうか不確かで、目的を定めることができません。

しかし、周囲の人が痩せている、何か言われたなどの他の影響(体裁やルールや反応を気にする)にて、「ダイエットしよう」と思うことがあります。

頑張って食べるのを我慢してジョギングをした帰り道、「はい、ショートケーキにエナジードリンク、ドンッ」「誰も見ていないから家で食べて」となればもうバクバクいくでしょう。

そこで、痩せていた時の自分を過去に経験したことがあれば、「ちょっと待って」と食べるかどうかを考えることができます。それは、過去の記憶から痩せた自分になった際の喜びを空想ではなく現実として認識できるためです。

「どっちの喜びの方が自分に利益があるか?」と悩みます。空想と現実ではなく、未来に起きる現実と今の現実の話になります。

  • 痩せた自分として生活する際の気持ちや人との接し方、周囲からの関わり方、自分の認識に生きる上での喜び。
  • 今目の前の喜びとして、我慢や満たされない縛りを一時的に解く鎖のバリバリ崩壊。

自分の思考や意志を基に選択して、人それぞれに変わるか変わらないかが分かれます。

※私達は自分の喜びのために生きています。

以上からわかることは、実際に経験していなければ、行動を継続する意志と動機が生まれないので、変化できないことです。

今以上の喜びを経験していなければ、今以上を求めても目の前の利益に鼻を効かせて変われない。

ダイエット中でも自分の喜びがあれば、何の躊躇もなく目の前のハンバーグ定食をガツガツいきます。

 

過去の自分以上に喜びが作れないと人は変わることがない

経験していない以上は喜びを求める姿は空想となり、未来の大きな喜びがあっても行動を継続することが難しくなります。

目的を求める道中にて現実味のある喜びが目の前にあれば、そっちを優先します。

その際に大切になるのが、“どこまでも自分を喜ばせようとする欲望”です。欲が強ければ、途中で止まることをせずに一心不乱、まっしぐらです。

しかし考えてみてください。その先に求めているのがあくまで空想であれば、求める道中で彷徨い不安になり、恐怖になります。

恐怖に対処するために協力者を求めたり、周囲を見ないようにすることができますが、すると求めている喜びは別の評価や価値を周囲から得る結果となり、他者の介入があるために変わったかを自分で認められません。

人が変わることは過去以上の喜びを作る自分ですので、未だ未体験の空想の喜びという未知であり謎の自分です。

そんな自分を求めるために欲を生み出すことは、目を瞑って「ヤイヤイヤイ」と剣を振りかざすような喜劇です。

そこで、「成長した!やったやった、これで過去最強の自分として喜びを作れるぞ!」となることはありません。

例えば、誰もしたことがない宇宙開発にて実際に宇宙に行き、新しい星を見つけたとします。

その道中で多くの未知の苦難を超えたことで多くの成長があったとして、自分が変わったと認識できるのか?

過去の自分以上に喜びを作り出せる基盤となったかどうかは、“新しい星を見つけた”という結果や周囲の評価や反応では何もわかりません。

宇宙から戻ってきて日常生活をする際に、どうやって気付くのか?

周囲の人です。

周囲に、「あなたは変わったね」と言われます。しかし、変わったかどうかは本人にしかわからず、周囲が言うのは周囲が知っている“あなた”との比較であり、外側から見た“あなた”のみです。

考え方や物事の認識の仕方が変われば、「なんだか平気で愛しているって人に言えるようになって以前と変わったなぁ。これも宇宙に行ったおかげかな」などと思いますが、それは喜びに満たされていることでありのままの自分が出ている状態です。

過去の良い感じの自分が出てきた状態にて変わったように思えますが、“変わることは過去の自分以上”になることなので、完全に未知です。

忘れていた自分をもし思い出せれば、変わったと思っている自分は新しく成長しているのではないことがわかります。しかし、赤ん坊や幼少期のことなど憶えていないとなればそれまでです。思い込むことで変わったように解釈します。

喜びを作る自分は子供の頃の方がレベルが高く、変わることは生育や年齢とは全く関係ない話だったりします。

他者や他の情報と比較して認識することで、外見からの変わり様がわかる。

変わったかどうかは完全に自分のみを対象にした認識のため、自分の変わり様は自分にしかわからない。

それは、無償の愛にてイエス・キリストのようになったことはないけど、「実際になったらこんな感じだろうな」と情報や他との比較にて何となく解釈するようなものです。

この世に自分しかいなければ“私”と思うこともないようなものです。

過去の自分以上の喜びを作っているのかどうかは他者が判断できるが、それが事実かどうかは本人にしかわからない。にも拘わらず本人だけでは比較も何もできず、他の情報を使用して思い込むような解釈しかできない。

人が変わったかどうかの事実は誰もわからない。

自分が変わっているかどうかは、自分自身を客観的に別人のように捉える視線がなければ解釈はできず、それは死んだ時なのではないかと思います。

イメージとしては、死後に自分の記憶を全て見せてもらうことで、その時に初めて、「あぁ、けっこう成長してんじゃん」みたいな理解です。

人は変わらない理由 : 変わっているかどうかを誰も理解できない
※現状を変えることはできるが、人が変わるかどうかの本質的な話では、比較対象がないために認識ができない

現状を変えるか人が変わるかの捉え方にて、大きく意味が異なります。

現状はいくらでも変わりますが、人の内面や本質の部分は変わったかどうかが誰も知らないという不思議な状態です。

※生まれ変わりの仕組みにある変化は、生まれ変わる意味と方法│自分を変える今世の輪廻転生がある をご覧ください。

生まれ変わる意味と方法│自分を変える今世の輪廻転生がある今までの自分を変える。 今日から、今年からと、新しい自分として生まれ変わることを望む。 生まれ変わるとはセミが脱皮すること?蛇?...

 

目的が空想である以上、人は変わらない

人が変わったかどうかを理解していなくても、「私は変わったな、うん」と思うことがあります。

それは自分を取り戻した状態です。

過去の自分を憶えていなければ、「変わった」と認識しますが、実際は自分を取り戻した状態です。

人は変わるとは、過去の自分を取り戻すこと

過去に取り戻したい自分や、今以上の喜びを作っていた自分の記憶があることで、現状は変わります。

※記憶を憶えているかどうかは重要ではなく、憶えていなくても無自覚で行動や思考をする潜在意識からの影響があります。

過去に経験した記憶によって行動の動機と継続する意志となり、空想ではなく現実を求め、現実を引き寄せるように取り戻すことができます。

空想はいつまでも空想ですが、現実を経験していれば空想ではなく現実的になります。

リアリティ。空想に現実味があれば、それは空想の域を超えて現実の域に入ります。

それを、“引き寄せの法則”にて活用したりします。

※自分を取り戻す話は、自分を取り戻す方法はあるのか?|ない、から作る。自分はここにいる をご覧ください

自分を失う。自分を取り戻す方法はあるのか?|ない、から作る。自分を失う、彷徨う、わからない。 とはどういう意味か…。 見失う感覚とは? 彷徨う気持ちとは? わからないとは何がわからない...

 

人は変わらない理由

人は変わらない仕組み

現状を変えようとする際、記憶のどこかに今よりも喜びがあり、喜びを自ら作っていた時を知っているために現状との無意識な比較があり、「このままではおかしい」「なんとかしないと」と感じ、それは違和感として苦しみになります。

苦しみを払拭する目的でも、変化を求める目的でもどちらでも、「変わらないとダメだ」「変わるのが当たり前で今が何かおかしい」という強い気持ちになります。

それが意志です。

意志は過去の記憶や強い動機となる経験にて育まれる真意としての心持ち。曲げられず変わらない核のようなものです。

 

「変わりたい」と思う場合は変わらない

自分を取り戻す人は、「変わらないと」「やらないと」と思います。

そのように自分を取り戻す人は意志を抱きますが、意志がなければ、「今より幸せそうだから変わりたい」「変わった方がなんか良さげ」「今の苦労が嫌だから変わりたい」という他者との比較による思考や空想の喜び、そして現状否定の願望となり、他者や外見を変えることで納得したり夢を追う状態となります。

変わりたいと空想の喜びを求める場合
  • 他者の反応や社会的な常識やルールが主観となり、目的が自分のためではない
  • 外見を変えて表面的に変わるが内面は何も変わらない
  • 自分のためではなく他者からの反応や評価のため、自分が恐怖を味わわないためになる夢追い物語

その状態では、意志も目的もないので変わりません。そして、変わりたいという願望は、「今日のご飯はハンバーグが良い」と同じレベルのため、内面を変えることはできません。

  • 「変わりたい」と願望を抱く場合、変わらない。
  • 「変わらないと」「こんな自分はおかしい」と違和感を感じる場合、自分を取り戻す。

「私は虫になりたいな」と思うか、「虫にならないと、人間だなんておかしいだろ」とガチで違和感を感じるかの違いです。

※変わる際には自分を知ることになるので、自分を知ることは本当の自分ではない|スピリチュアルは活用するもの をご覧ください。

https://nandemoii.com/knowing-own-seif/

 

人は変わらない理由

変わりたい理由は悲しく辛くなるためではなく、現状改善による自分の喜びのためです。

「変わらなければ」と意志を持つ場合には、「自分にはもっと喜びがあるのに、何をしているんだ」と心のどこかで感じているので、自分のために行動して目的を掴み取るまで継続します。

そういう方は、自分を取り戻すことを明確な目的にして、行動を継続することで過去の最高な自分を少しずつ取り戻していきます。

そのため、変わる意志があるかどうかは、辛く厳しい意見や出来事でも自分のために活用するか、「酷いことを言われた」と卑下して終わるかで決まります。変わる人は自分のためにできる人です。

自分の喜びを求めるために変わろうとします。そのため、変わる意志を持つ人は“自分で喜びを作る自分”になろうとします。

 

現状が苦しくても耐えられるなら変わらない

変わる人と変わらない人=自分を取り戻す人と取り戻さない人は明確に分かれます。

変わる人は過去と現状の差が著しくあったり、過去の記憶にある周囲の人との関わりや辛い経験などにて、意志を強く持てる基盤や人間性の育みを経験しています。

それは周囲に居た人や環境の恩恵で、当時は辛いと思っていても、その経験によって強くなっている自分がいたりします。

しかし、自分の喜びではなく他者との比較や現実逃避としての現状否定が目的の場合には、変わる意志ではなく現状の対処を求めます。

耐えられることであれば現状の対処にて納得するので、自分を変える以上に大切なことがあります。

  • 「辛い辛い、なんとかしたい」と言っても、行動と継続しなければ変わりません、変える気もありません。
  • 「痩せたい痩せたい」と言っても、行動と継続しなければ変わりません、変える気もありません。

その際には変わることに自分の喜びがないので、変わろうとする必要もないと思います。

自分を変えなければならない耐え難い状況でなければ、変えることよりも自分を受け入れることや自分を大切にすることが大切です。

 

人は外見を変えても内面を変える気はない

私達は自分の喜びを求めて生きているので、自分の内面を変えることに自分の喜びがあるのかどうかは人によってさまざまです。

社会的に、「常に変化していかないと人間は朽ちていく」と言われたから変化を求めるならば、変わることはありません。

人は変わりませんし、そんなに変えることに意味や喜びはありません。

しかし、これまでお伝えしたように、違和感や現状に耐え難い苦しみがある場合は、“おかしい”、“本来の自分ではない”という状態なので、意志を持って自分を取り戻します。

耐え難いのは本当に耐え難いんです。強く、「なんとかしなければ!」と意志を持ちます。ですが、そのようなことがなければ意志を持つことはなく、現状の対処にて“納得”をします。

納得をすればそれが自分にとっての喜びなので、それ以上を求めても人は変わりません(変わっても認識できない)。

変わらないことは自然なことで、わざわざ変えようとせずとも現状に満足をして、今を受け入れている人はとても幸せだと思います。

人は変わらない理由 : 現状に納得があるために、意志を持って行動や動機を持てず継続できない

全てに意味があります。

わざわざ自分を変えようとする必要などどこにもありません。辛くても耐えられる余裕があれば脳は納得して目の前の喜びを掴みます。

それはとても良いことで、変わったとしても変わることを認識できないことに意味があり、それは、“今を生きることがとにかく大切”であることを教えてくれます。

平和とはこういうことでもあります。平和を幸せと捉えるかボケと捉えるかは自由です。

いつの時代にもさまざまな考え方と生き方が作られるので、変わらなければならない時もあり、変わらないで良い時もあり、変わっても変わらないでもどちらでも良い時があります。

今は変わっても変わらなくてもどちらでも自由に決められ、自分の幸せは自分で決める時ですので、変わっても変わらなくてもどちらでも良い状態だと思います。

※人生は変わる話は、人生を変える経験は誰もいない森生活|おすすめはしない最高の幸福 をご覧ください。

人生を変える経験は誰もいない森生活|おすすめはしない最高の幸福人生を変えることにはさまざまな解釈と意味がありますが、自分を変えることでいつでもどこでも人生を変えることができるようになります。 ...

 

人は変わらない まとめ

現実として存在するのは“今この瞬間にどう思い、どう感じ、どう想うかの自分”ですが、変化をする際には今以外の自分の影響と記憶が必要で、同時に変化の行動のために今の自分の意志が必要になります。

自らの意志は全ての責任を負い、行動をして、自分を認識する基盤となるので、意志があることで向上と成長を求めて自分を取り戻します。

変わる人は自分に気付き、自分を取り戻すために行動をして意志を持ちます。変わる人は変わることが経験の記憶となるので、変わり続けることができます。

その際には、新しい自分を知る成長として、人それぞれに人生の目的や使命を果たすようなことが起きます。

ですが人は変わりません。なんせ変わっていることを理解できません。それは、今を生きることに集中することを促す意味があります。

変わっても変わらなくても自分の喜びを求めて生きていますので、現状の自分で如何に幸せになるかが大切だと思います。

実際に自分が変わっていることを明確に理解することはできず、実は過去を思い出しているだけであることに成長をしながら気付くかもしれません。

そんな中で、どこに成長を求めるかを考える必要はなく、生きていることが既に変わっている道中です。

過去と比較して変わらないと自覚しても、実際は周囲の人も同じです。

変わっているように振舞ったり、表現方法として言葉使いや落ち着きを含めたり、服装を変えたりしますが、家が火事になれば、その時の行動から何も変わっていないことを明確に知ることになります。

なので、「変わっても変わらなくてもどちらでもいいね」という話です。

そんな仕組みと理解にて、変わることの意味と理解が深まれば幸いです。

それでは、人は変わらない話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる、とある森での変人化計画とその全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させ、そこで見つけたものはムニュムニュしていました。

一風変わった哲学書であり、森を舞台にした一人の元サラリーマンが自分を探し出す物語。

自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分という名のふざけた自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

忘れている大事なことを思い出し、自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた内容です。何か興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取ってください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です