対処・解消法

職場で必要以上に話さないと起きる不思議│静かなのに目立つってどういうことー

職場で気になる人ランキングがあれば・・・

  1. 美人(ハンサム)
  2. セクシー(やるせない)
  3. 出世頭(狙い目)
  4. 人気の上司(好き)
  5. 話さない人(目立つ標的)

※私の勝手なランキング

「話さない人がここに入っちゃう?」という感はありますが、言い方を変えると孤立している(またはそのように思える)人は、職場に存在する人間心理から、なんだか気になっちゃう。

話さない人は仕事や業務で必要なことは話します。

必要以上に話さないというスタイルには、話す必要がない、デメリットが多い、性格上、と話さない人ならではの理解があります。

そこで、職場で必要以上に話さないと起きることを心理から紐解き、話さない人と話さないのが気になる人のお互いの理解を深める内容を、一つの考え方としてお伝えします。

話さないことで何かと目立ち、他から干渉が増えてしまう面倒な状態も起きるため、話さない場合の在り方をより良くする対応策と共に、お役立ちできることを願います。

職場で必要以上に話さない人&話す人

職場で必要以上に話さない人

初めに、話さない人についてをご覧ください。

必要以上に話さないだけですので、仕事や業務における関わりは疎かにしません。

ですが戯言、あ、違いますね、世間話や雑談的な人間関係の構築には力を入れません。

どうして力を入れないのか、理由には人それぞれの在り方が見られます。

  • 人見知りや無口な性格
  • 大人しく客観的な人間性
  • 業務や契約施行に忠実
  • 仕事とプライベートの線引き
  • プライベートを大切にする時間ロスへの意識(残業しない)
  • 集中力を維持するための方法
  • 業務以外の会話を無駄だと思う価値観
  • ‥‥

仕事を業務として捉えた場合、一切の無駄がない在り方となり、業務をこなしてほしい会社であれば重宝される人材かと思います。

私が会社員だった際、話す時は話しますが、話さない時は一言も話さない日も多くあり、同じように話さない人同士で業務に関わると、とんでもなく早く終わり、合わせ技は最強かと思うほどに業務効率がUPUPでした。

そんな話さない人の在り方は人それぞれにありますが、共通していることがあります。

一人で居る孤立時間が長い。
※長いとは職場の世界の中での基準

すると、周囲からは孤立しているように思われたりします。

孤立でも何でも、周囲が勝手に認識するものですので、「だからどうした?」というものですが、職場で孤立するとあることが起きます。

目立つ

職場という集団帰属の巣窟たる場所では、すんごい目立っちゃう。

直接ジロジロ見る人は少ないですが、チラッと一回は見る、それを毎回チラッ、毎チラ。

周囲は気にしているつもりはなくてもなぜか見ちゃう、孤立の人を見ちゃう、孤ちゃう。

職場で必要以上に話さない人は目立ち、周囲から気になる人になっているかもしれません。

 

職場で必要以上に話す人

反対に必要以上に話す人がいます。

業務とは関係ない範疇での会話。
と言っても、「業務 or 仕事?」
人によって職場での働きには認識の違いがあります。

業務とは仕事する上でこなさなければならない働きのこと。仕事とは全体的な働き。

イメージとしては、業務は目の前の端的なポイントに対する働きでして、仕事とはより広範囲で捉えた自分と会社(業務)の関係性となる働き、そんな感じかと思います。

共に「働き」ですが、仕事と捉えて会社に来ている人は、朝起きて仕事の準備をする段階から既に仕事になっていたりします。

そのため、職場での挨拶はもちろん、ふとした会話、コミュニケーション、それは言語だけでなく動き、会釈や態度、姿勢やアイコンタクト、気持ちや感情表現などなど、あらゆることも含めて業務に繋がる仕事となります。

職場で必要以上に話す人は仕事としてその場におり、雑談やプライベートの話にも人間性の理解や他者認識力向上、それによって業務効率を高める横の繋がりや連携力UPの機会や育みになります。

同時に、息抜きや人をより理解するための雑談が仕事に良き影響を与える効果にもなり、最終的には会社や自分のため、そして全体のチーム意識のためとなるので必要以上に話します。

職場で必要以上に話す人は、チームや組織としての認識を持ち、雑談もアイコンタクトも全体の利益とするために話します。

 

「必要以上に話すよねー」と思われる人

ここで、上述とは明確に線引きしておきたい人達が浮上します。

意味を持たず、仕事の意識とは別に必要以上に話す人達です。

仲良しごっこ、仲間作り、己の欲求解消、自己満足のアハ願望、自己価値抽出の他者利用、承認欲求による他者干渉、支配欲からの統制行為、自己顕示欲による大衆意識、自律のない従順性、恐怖回避による体裁主義、集団帰属への身売り、思考のないパペットマペット。

自分が話したいから、聞いてもらいたいから、人と一緒にいたいから、一人だと思われたくないから、さぼりたいから‥‥。

仕事とは言え、自分の時間も欲しいもんですね、息抜き的に。

しかし、この時間が恒常化して増えていくと、なんというか、「必要以上に話すよねー」と思われます。

ですが目立ちません。

話さない人は目立つのに、仕事の時間をロスして、業務に支障の可能性まであり、残業までしているのに。

不思議。

これが人間の集団帰属意識というものかと思います。

企業や組織というユニット・グループ構成は集団で成り立っているため、集団の中では集団であることが透明化、普通というやつです。

 

職場で必要以上に話さないと起きること

話す人は業務としては無駄がありますが、仕事としては意味があります。

「でも、無駄話しを多用する人達は意味ないでしょ、要らないのでは?」と思えるかもしれません。

ですが、そこにも大きな意味があったりします。

それが集団帰属による仕事の仕組みでして、蟻の巣を研究したら判明した2:6:2の法則です。

全体の2割が働き者、6割は一般的に働く者、2割は働かない者。

働かない者がいることも組織や集団では重要な役割となります。

そして、無駄話しが多く働かない人達がいるからこそ、必要以上に話さない人は仕事のモチベーションを得ていたりするかもしれません。

そんな必要以上に話さない人はとにかく業務に集中する基盤を自ら作っているため、真面目に仕事し、無口で孤立。

集団帰属の巣窟で孤立する様はとにかく目立ち、それでいて仕事をしっかりこなす場合、話さないからこその出来事が増えたりします。

そんな出来事を順番に見ていきましょう。

 

1,心配される

仕事は頑張っている、一生懸命に集中して業務をこなす、仕事のことは話す。

しかし、自分から話してこない、雑談に参加してこない、ランチは一人で行く、飲み会に参加しない、仕事が終わったら物凄い勢いで帰る。

これらの様子から、「切羽詰まってる?会社嫌い?人間関係で嫌なことがあるの?」などと心配する人が現れます。

言い方を変えると、「あの人のことがわからない、どう対応すればいいの?」と思う人を作る。

全体を把握したい、わからないことをなくしたい、何かあった時に対処できるようにしたいと、自己防衛意識が強い人に無用な詮索をさせてしまいます。

 

2,怖いと思われて印象が悪くなる

関わりずらい印象を与えます。

これは、「謎な人」という印象を与えるからだと考えられます。

集団帰属の最たる理由は不安や恐怖の緩和と解消効果です。

その中に、「謎めいて詳細不明な人がいる」

言い方を変えると、「みんなと同じにならない人がいる」

職場とは集団でいられる安泰場でもあるので、「わからない」と少しでも思える人は、恐怖や危険の可能性となり、自己防衛が働き、回避や統制、大衆的な規律や状況把握、排他や抑圧といった行動を人それぞれに持ちやすくなります。

必要以上に話さないだけである人間性を理解する他者認識力が高い人は、怖いと思うことはなく、見た目や不確かな固定観念に偏らない特徴があります。

※話さないと印象が悪くなる詳細は、第一印象が悪い人はイイ人が多いという謎│悪態自覚に謎解きが。 をどうぞ。

 

3,排他因子が出てくる

怖い、または不明確な印象を与えることから、攻撃的に抑圧しようとする人間が出てくることもあります。

「この場所は私の物」という支配欲や自己顕示欲があればあるほどに、「わからない」と詳細が読めない人に対して詮索し、近付いてきます。

ちょいちょい突っかかる、または棒でつつくように関わってくる特徴があり、相手が強いか弱いか、危険性があるか否か、会社での己の在り方に障害となるか否かを判断してきます。

ただただめんどくさい時間が増えるというものです。

 

4,気にされる

これら全てをまとめると、気になるランキングに浮上する理由となります。

孤立や一人で居る時間が増えれば増えるほどに、話さない人はとにかく目立ちます。

職場という環境だからこその目立つ理由となり、本人にとって職場は異世界のような特殊な場所になったりします。

人見知りの場合、気にされることは良き影響をもたらさず、集団の中での本能的な気になり具合であるために、何かと指摘されることが多くなり得ます。

これはもう超絶にめんどくさいと思います。

 

話さないことの不利益

話さないことは業務になんら支障をきたすものではなく、むしろ業務効率的には向上していると私の経験からでは理解していますが、集団帰属の中での孤立はなにかと面倒を作り、ネガティブな影響があることも多いかもしれません。

「なんかわからないけどこの人が周囲に影響を与えている」と思われる原因の核となり、話さない人の存在自体が恐怖を抱える人(自信がない人)にとっては翻弄・困惑の基となり、ネガティブな印象を勝手に作られる可能性もあります。

「話さない人がいるとどういう影響が起きている?」
「なんかちょっと怖いような」
「えっ、雑談に参加しないだけでそう思われてんの?」

「うむ、きみ、もっと話した方がいいね」

こんなバカタレなことも起きることがあり、何も考えずに本能にただ従う場合、認識力のなさを物語る人すらいます。

人間心理にある不安と恐怖に触発する意味でのとにかく目立つ様は、悪いように認識されることが多くなります。

すると、鵜呑みにできない指摘を受け入れ、自分の在り方を半ば強引に変えようと頑張り、苦しくなってしまったり。

「ただ無駄話をしないだけなのに…」という感じです。

そこで、少し在り方や認識を変えると自分のためになったりします。

より気楽に業務に集中する対処が私なりの理解ですがありますので、改善や向上となるためのご参考として、この先の対応策をご覧ください。

※誰とも話さないと起きる人間的な話は、誰とも話さないとどうなる?│実験結果は苦しくて嬉しい人間理解 をどうぞ。

 

職場で話さない人におすすめの対応策

職場で話さない人の対応策①:立ち位置を作る

対応のキーワードは、「わからない(謎な人)という印象をなくす」です。

話さないキャラとして定着すれば、自分の居場所ができるので、わからない印象がなくなります。

といってもキャラ定着が難しいですね。

ですが安心してください。キャラ定着とは立ち位置でもあり、自分という存在の不明確さをなくすことを意味します。

そのために大切なことは昇進、ですが、より身近な対応となるのが自己表現です。

自己表現しない様は周囲に与えるわからない印象を強めるため、話さずともできる表現を増やします。

人はそれぞれに自分という存在を周囲に表します。それが言語の人もいれば、動作の人もおり、感情の人もいます。

特に明確な表現は感情表現ですが、話さない人の性格で最もやりやすい形が望ましいのでこれは却下しましょう。

方法はアイコンタクトです。

ですが、見る意味ではなく自己表現。いわばコミュニケーションとしてアイコンタクトを使用します。

アイコンタクトでジーッと見る、これは怖さ倍増、きゃーですので、ちょっとニコッ。

アイコンタクトからの微笑みフワワ。

これはわからない印象を、「あ、ちょっといい人かも」と確からしさに変え、さらにポジティブ寄りにします。

 

職場で話さない人の対応策②:集団帰属する

二つ目は、とにかく目立つことを解消させましょう。

集団帰属意識の住処で集団帰属がない、さらに話さないで自己表現がない、これは目立ちまくりますので、集団帰属するのが一つの手です。

いわゆる、みんなと同じように振舞う。

話す必要はなく、「私は集団の一員、あなた方サイドですよ」という形を示すために、職場の雰囲気に身を染めます。

これは職場それぞれですが、例えば女性が多ければお菓子を常に机に置いて、たまにおすそ分けしたり。服装をみんなと近くしたり、香水を軽くしたり。

地味でにおいを無くしてなどの外部的な目立たない無印ではなく、同化させるように在り方を職場寄りにすることで、職場心理の目立ちを抑え、他からの干渉を受けにくくなります。

※誰とも話が合わない話の改善は、誰とも話が合わないのは変人だから?改善は一言「饅頭普通に食わせろやー」をご覧ください。

 

職場で話さない人の対応策③:集団帰属で自立する

話さない人間性を壊さないことが最も大切な対応です。

そのため、集団帰属してもただ従って自分をなくすことはNG、苦しくなります。

みんなと合わせるのが辛いのではなく、そこに納得や喜びがないからわざわざ雑談に参加して大衆化しない、または飲み会に行かないという具合の理解があるかと思うので、そういった自分らしさは抑制しないようにしましょう。

みんなに合わせて集団の一員になっても、「みんなと同じ」にはならず、自立を目指します。

集団の中での自立があれば、話さない人としてのキャラが完全に定着し、無用な影響はなくなっていきます。

これは、集団意識を排他せずに自尊を持つ意味です。

会社や組織であるために集団となる、そこに帰属することを肯定し、帰属しているみんなに批判や抵抗を持たず、現状を善と認めます。

いわゆる、周囲を変えようとする認識は完全にゼロにして、あとは自分の話さない在り方を肯定して敬います。

「私には私ならではの職場での私らしさがある」という具合に、自分の意見や在り方を尊重し、そこに他の在り方への反発を一切介入させない合わせ技。

これによって育まれるのは社会的自立です。

社会という集団の中で己が存在し、自+他=自が成り立っている認識を自覚します。

この自覚には、他への敬い=社会性(集団帰属)への尊重が含まれ、自他を含めた肯定と受け入れが相まみえます。

 

対応策ポイント

上述は、「どうして話さないと目立ち、負の干渉を受けるのか?」に対する対処であり、自らへの対応です。

ここにあるのは、話さない人間性を他者に気にされる以上に、不明確な印象が自己防衛意識に触発して、警戒を持った関わりや見られ方をされることの理解です。

あらゆる他の組み合わさりである集団の中にいながら、集団帰属しなければ目立つのは当然ですので、自:他に対する認識をより近いものにして、区分けしないことが目立たない方法となります。

そこで、自他をくっ付けて自分をなくすのは、話さない人や無口な人、大人しく人見知りな人の人間性には合わないと考えられるため、自立や主体性を忘れない、または養う気持ちでいきましょう。

どれほど独自性を持ち、話さずに業務のみに邁進しても、そこに自尊がある人はキャラとして定着し、己の認識を明確にし、職場での自分を確立します。

私達人間とは不思議な生き物でして、その場その場の環境にて在り方や自分らしさは常に変わりゆきます。

それが人間らしさとなる適応であり思考、柔軟に人や場所に合わせた在り方を作り、仕事での顔、プライベートでの顔を持ち、どちらも自分らしい。

そんな理解から、対応のポイントはこちら。

気付かぬ内に影響を与えている、集団の中での在り方の自覚。

職場という環境、仕事に対する認識、職場での自分の確立、集団に属している状態への意識。

ここに話さない人に合わせた対応となるのが、言語以外の自己表現、集団帰属の自立であり社会的自立、他も踏まえた上での自分という存在認知、周囲に反発を作らず自尊を持つ在り方、という話です。

※職場の嫌いな人に対して話さない話は、職場の嫌いな人には話さない?対応は無視以上に距離感創作がおすすめ をどうぞ。

職場の嫌いな人には話さない?対応は無視以上に距離感創作がおすすめ職場に好きな人はいなくても嫌いな人、苦手な人はいるかもしれません。 私が会社員だった時、いじめや無視、転職や仲間作りにて嫌いな人へ...

 

職場で話さない まとめ

話すも話さないも人それぞれですので、良いも悪いもあります。

その在り方をする環境が集団という職場であるために、より気楽に自分らしく業務に取り掛かる向上や工夫があるかもしれません。

「職場で何もしていないのに目立つ、距離を取られる、ちょっかいを出される」という方は多いと思います。

私が会社員だった時、ビルのワンフロアに300人ほどが働いていましたが、私の居たワンフロアだけの光景でも、目立つ人がとても多くいました。

その際には、「目立ちたくない」という認識で仕事している姿が見られ、周囲により目立つ雰囲気を醸し出していたりします。

すると周囲は気になり、余計な詮索を始めます。

ややこしいですが、周囲は周囲で存在からの心理的な影響を受けているために、何かせざるを得なかったりします。

人との関わりにある言語での会話とは、コミュニケーションのあくまで一つの方法でしかないので、それ以外にも関わりはたくさんの形で繰り広げられていたりします。

そこに心理が加わると、自らに対する認識や、他を認識する態度や気持ちが人間関係に大きく関わり、アイコンタクトなんてのはとんでもない情報量のやり取りだったりします。

話さないことでネガティブな影響が起きている場合には、一度見直す機会にもなるかと思います。

人間とは柔軟に適応し、変化しながら人人、場所場所で自分らしさを作ることができる生き物です。

いろんな自分がいて、仕事もプライベートも分ければ楽しいです。分けなくてもシンプルでいいです。

話さない人は話さない様こそが自分らしさの一つですので、そんな在り方を大切にするためにも、対応策が役立つことを願います。

いろんな人がいて面白い世の中ですので、もっともっと個を持ち、それでいて自身の居る環境を敬うために社会性を大切に。

そんな具合が良い感じかと思います。

それでは、明日からは職場ではアイコンタクト、からの変顔。

違った、微笑みかー。

自己理解を深めて悩みを解決する個別相談。心理セラピストとのセッション。心理セラピストになる養成。
やる気を見出し、悩みを解決し、使命を得る機会があります。
現状打破と今後の飛躍。人生を変える選択の一つにされてください。

※あらゆる知恵の詳細。無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

POSTED COMMENT

  1. はな より:

    はじめまして初めてメールします。ニックネームは、はなです。50代女性です。(年齢関係ないのね、こういうことって、いつまでも直んない)「職場で必要以上に話さないと起きる不思議」を読みました。まさに自分の事?という感じです。こんな記事を読んだのは初めてだったので驚きました。私は、大変な人見知りです。(実は人がとても怖かった)で、ここで書かれているような事が見事に起きました(今も起きている)。😆
    で不快な思いをしています。5〜6年前にカウンセリングを受けてだいぶ普通に近づいた(客観性が生まれた)けど苦しいです。話さない人は話さない様こそ自分らしいなんて斬新な考え方!まあ、そんなに喋りたくないし、オバさん会話は超つまんない。女子トークもつまんない。なんか、周りの人間と波長が全然合わない気が?する。いろいろ、困った人生です。夫と子供(なぜか結婚できた)意外は困ってます。(人から見たらこれっていい事)

    ようはなんでもいい。には、私には無い客観性があって落ち着きます。自分と似た人っているんだ(違ってたらごめんなさい)って感じです。
    また、読ませてもらいます。ありがとうございます😊。

    • 北斗 より:

      そうですか、はなさん。コメントありがとうございます。
      ご参考になれば何よりです。
      また読んでください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です