スピリチュアル

【エネルギーが強い女性に秘密あり】女性性を知る人を大和撫子と言う

男性にも女性にもエネルギーの強い人がいますが、圧倒的なエネルギーの強さを持つ人には、性質のバランスを含めたある一つの特徴があります。

それはエネルギー循環を司る秘密。

ここでは、エネルギーが強い女性にフォーカスして、エネルギーを強める秘密を見ていかれてください。

  • エネルギーが強い女性の秘密とは?
  • 男性性と女性性の違いとは?
  • エネルギーを強める男女性の使い方とは?

これらを紐解き、「エネルギー強化には女性性が重要なんだ」と知っていただく内容となっております。

内容全般を通して、自己認識が大きなポイントとなり、「自分として生きる」についての詳細がわかります。

この記事を読まれると価値観が大きく変わる可能性がありますので、ご自身を知る一つの考え方としてご参考になれば幸いです。

エネルギーが強い女性

エネルギーが強い人の仕組み

「なんだかオーラが溢れているようだ」
「近くに居るだけで気になる」
「あの人の影響力は計り知れない」

エネルギーというなんだか得体の知れない気を感じ、見えない領域でブワンブワンしている。

エネルギーの強さは人それぞれに違うため、周囲にはなんとなくでも強いと感じる人がいると思います。

[エネルギーが強い=影響力が強い]特徴があります。

社会的に目立つインフルエンサーに限らず、目立たない人なのに関わると大切な気づきを与えられ、一緒にいるだけで既に変化させられ、変化する動機を与えられていたりなど、影響力は見える見えない関係なく、人の心に響きます

影響力をこの世で使用できるのが、エネルギーが強い人です。

そんなエネルギーを強めることには、誰しもに共通の仕組みがあったりします。

女性性と男性性のバランス、そして女性性の上手な使い方です。

 

女性性を知る人はエネルギーが強い

女性性・男性性とは人間的(心理・精神的)性質です。

性別とは違う質。男性でも女性性があり、女性でも男性性があります。

エネルギーが強い人は男女性のバランスを取り、女性性を優位にする特徴があります。

女性性をただただ高めるのではなく、男性性を持ち寄った上で性質を理解して使う、いわゆる自分の女性性を深く知っている意味です。

女性性を知るためには男性性を知る必要があり、その反対も然りですので、「女性性を知る人はエネルギーが強い」という解釈です。

女性性を理解して上手に使うからこそ、エネルギーを強める秘密が判明する。という内容共有が目的です。

性質であるため性別のことではないのですが、脳や肉体が女性である人は女性性が身近であるため、女性にはエネルギーの強い人が多くなります。

 

エネルギーが強い女性の秘密とは?

女性性を知っているエネルギーが強い人は、女性はもちろん、女性らしさを持つ男性、性別にこだわらず女性性優位の人、心を主体にする人が該当します。

そんな女性性とは何なのでしょうか?

このような人間的性質・特徴があります。

女性性の特徴
  1. 受容・受け入れ
  2. 自由
  3. 思いやり・包容
  4. 調和
  5. 感覚
  6. 美しさ
  7. 変化
  8. 柔軟
  9. 共感
  10. 妄想・思い込み
  11. 受動・待ち

最も大きな特徴は、「受容、受け入れ」をする人間味です。

他を受け入れる凹の性質は陰陽思想でいう[陰]。

エネルギーを他からもらい、吸収できます。

しかし、女性性だけがあってもエネルギーが強いと言うまでの影響力にはなりません

 

男性性によってバランスを取り、女性性優位にする

エネルギーを強くする場合、受動的に他からもらうだけではなく、自ら受け入れを増やす活動が鍵になります。

活動とは、他と調和するための行動と与えです。

この行動と与えを、男性性が司ります。

男性性を含めて女性性を活性化させると、受け入れ頻度・度合を高めるために自ら与えて調和を促す行動を増やし、エネルギーを吸収・共有・循環します。

受け入れによる陰(女性性)は陽(男性性)と組み合わせることで、他と調和して受け入れる女性性の強味を最大限活かします。

エネルギーを取り込みながら増やすサイクルを作り、他との関わりによって無限に見出し、とんでもなくエネルギーが強い人になります。

陰と陽の調和を促す基盤となるのが、ある秘密です。

 

エネルギーが強い女性は絶対的自己中心性認識がある

秘密とは自己中心性認識です。

わがままや自分勝手とは違い、「認識のし方」が自己中心的であることがポイントです。

「まずは自分を認識して、その後に周囲へ認識が向く」

自分が絶対的に第一に存在すると理解する、自己愛と自意識の中点認知。

「初めに自分、その後に他者」に一切の疑問視なしです。

これに男性性を把握して取り込む人ほどバランスを持ち、女性性の大切さを理解します。

公式はこんな具合です。

[女性性の受け入れ+男性性とのバランス+自己中心性認識=エネルギーが強い]

自己中心性認識は、自我を持って自分を大切に愛するための必須認識です。

女性性が高いとこの認識が確固たるものとなり、よりエネルギーが強まりますが、バランスを取らないと自制ができないため、支配的でわがままや自分勝手、自惚れや自己愛過剰、悩みが増え、欲求優位で受動的、利益への執着と依存心にハマるなどの一面があります。

 

エネルギーが強い女性の典型例

このような方々が典型例となります。

  1. モテる女性
  2. 人が寄ってくる愛される女性
  3. 魔性の女

①モテる女性は女性性と自己中心性認識が強く、エネルギーも強まります。

②③は男性性とのバランスを取りながら女性性を優位にしているため、①とは比較にならないほどエネルギーが強いです。

②人が寄ってくる愛される女性は、自然と他者を喜ばすために与える行動をして調和し、相手は喜んでエネルギーを与えたくなり、エネルギー増大と循環が強まり、強烈なあげまんタイプとして関わる人を成功に導く影響力になります。

どこにいても人が寄って来て、お店にいれば看板娘になって、奥さんになれば旦那さんが出世します。

社会的に成功する以上に、縁の下の力持ちになる人が多く、実際には成功している旦那さんよりも遥かにエネルギーが強かったりします。

③魔性の女は全く違うタイプですが、男性性の過剰を巧みに使用し、自己中心性認識を用いて女性性を優位にするため、自分でエネルギーを作り出す力を持ちながら、他者からエネルギーを吸収する相乗効果があります。

調和や共有ではなく、エネルギーを他者(特に男)から吸い取るように奪い取り、思考を用いて理論的にエネルギーを自分のものにする関わり方をします。

女性性の[受け入れ(喜んで迎え入れる)]を、[受け取る(来るものを手に入れ収める)]にする特徴があり、自己中心による自己愛を認知するために利益だけ受け取り、利用や支配という形で女性性を持ちながら男性性を発達させる巧みな人です。

※エネルギーが強い人の詳細は、エネルギーが強い人とは何者?│関わると癒されも疲れもする仕組み をどうぞ。

 

エネルギーを強める男女性の使い方

エネルギーを強くするポイント:女性性と男性性のバランス

実際にエネルギーを強くするには、男女性を両方知り、自らの内部にある傾向を把握する大切さがあります。

性質であるため、人によってどちらが高いかに違いがあります。

ポイントは、女性性と男性性のバランスを保ち、その後に女性性を優位にするとエネルギーが強くなることです。

初めに男性性についてを把握していきましょう。

 

男性性の特徴は「行動と与える優しさ」

人間的性質・特徴がこちらです。

男性性の特徴
  1. 優しさ
  2. 与える
  3. 行動力
  4. 成功・達成
  5. 自律
  6. リーダー(認識・理解力)
  7. 理論・思考
  8. 主張
  9. 権威
  10. 破壊
  11. 束縛・支配

最も大きな特徴は、「行動・与える優しさ」です。

エネルギーも与えちゃいます。

行動と突破力があり、リーダーのように周囲を認識して、状況判断と理解力に長け、思考優位で理論的。

凸の性質があり、陰陽思想では[陽]

エネルギーを自ら作り出す力があり、他との共有がないために循環や増大ができず、作って使っての繰り返しです。

過剰に強くなると権威性、束縛が増え、肯定願望が強まり、「認めて欲しい」と演じたり、支配して思うままにしようとします。

 

男性性は他者重点の自己認識

与える行為が目立つ特徴ですが、この与えるとは優しさ(相手に利益を与える意)であり、思いやりとは違います。
※女性性は受容する思いやりはありながら、利益を与える優しさはない

自己中心性認識が薄く、軸がブレやすい特徴があり、認識は他を捉えてから自分を捉えます。

絵で言うと、自分以外の他を描写して、残った空白を自分だと捉えます

与えることで認めてもらい、他からの肯定を目指して自分を認識するのが、男性性ならではの自己愛となります。

これを別名、エゴ(意識)と言います

男性性が過剰だとエゴが作られやすく、自分を他によって見出すため、他との比較や勝負、他のルールや情報との照合、正否判断にて、「自分とは何者で、どういう立ち位置にいて、どれほどの価値がある?」を見出したくなります。

エゴがあることで理論的に社会を把握し、今以上に過去と未来を見ながら目的を作り、成功や達成のために行動する力にもなるため、エゴとは今の時代には欠かせないものでもあります。

過剰は束縛、支配、破壊をもたらし、反対に弱すぎると認識力を自ら育まない放棄をして、馬鹿という状態になります。

または、優しさを与えるだけ与えて対価を求める待ち人になり、自分のために優しくしていることに気づかないと、エネルギーは極端に弱まります。

※陰陽エネルギーの詳細は、【嘘か誠か】悪いことの後に良いことがあるエネルギーの仕組み をどうぞ。

 

エネルギーを強くする方法①:女性性を活かすために男性性を使う

男性性を知っていただいたところで、バランスを取ります。

バランスの取り方は、「女性性を如何に活かすか?」が着目点です。

イメージとしては、旦那さんがエネルギーや癒しを与えて、奥さんが活動的に行動するとエネルギー増し増しで影響力が強くなり、大成功を収めます。

メインは女性性であり、引き立てるために男性性を使うのがエネルギーを強める方法です。

実際には影響力がなくても、社会的に目立ちやすいのは男性性です。

仕事がまさにそれを象徴し、行動・成功・達成・リーダー・理論など、今の社会性は男性性優位で作られていますので、社会的価値に繋がりやすいです。

しかし、エネルギーが強いかどうかとは全く別物。影響力を強める場合には、女性性が絶対的にメインです。

エネルギーを強めるために活用的なのは男性性の、「行動、与える、支配」です。

魔性の女のようなエネルギーの使い方もありますので支配も含めると、行動して受け入れ回数を増やす、与えて調和する、支配して手のひらコロコロする。

全てエネルギーを他者から吸収して循環でき、必要に応じて共有して、さらに増大サイクルを作れます。

 

エネルギーを強くする方法②:自己中心性認識

バランスを得た上で、女性性を優位にすることでエネルギーが強まる段階に入ります。

受け入れや受容が大切ですが、それ以上に焦点を合わせたいのが自己中心性認識。自分を絶対的中点にすることです。

自分で自分を認識し、「これが私、私が私を知っている」と自意識の土台をはっきりさせます。

「私は私、まずは私が喜び、その後に必要であれば他へ向かう、ドンッ」

女性性は男性性以上に精神的に強いため、自分の中の女性性を明確にして自己理解すると、エネルギーがとにかく強くなります。

 

注意点:女性性の活用はエネルギー強化 or 悩み増大

女性性は人間の基盤となる欠かせない性質です。

自己中心性認識がないと、受け入れたくてもできなくなります。

できるのは思考的に認める、または他や過去と比較した上での肯定になり、今の自分以外の他が必須になり、心の認知が薄れ、軸がポキッと脆くなります。

自分軸の脆さはエネルギーを弱め、影響力だけでなく自分自身の希薄化が進みます

女性性は自らのことを自らで受け入れる人間の基盤認識、自我の明確化に欠かせないもの。一切拒否や反発による抵抗を作らないことがポイントです。

これほど重要であることを潜在的に理解する人は、女性性を大いに受け入れて自分を絶対的中心にします。

しかし、女性性だけでは物事はおかしくなります。
※男性性だけでも同様

男女性でバランスを取らないとシーソーはズドンと底に着き、わがままや自分勝手、周りを見ない認識力・理解力・理論のなさは無知を露呈し、自ら行動や与えることをしないので、利益を得られる人に執着・依存します。

自律がなく、執着が増え、自分しかフォーカスしなくなり、孤独に耐えられず、一人で何もできなくなります。

女性性の活用はエネルギーを増やす活躍になりながら、偏ると自分を見失っていると気づかずに、自我を貫く悩み作りにもなる危険性があるのでご注意ください。

とにかく扱いが重要になるため、自分の中の性質を理解し、飲み込まれずに優しく接する。そんな男性性的目線での活用で花開きます。

※女性性エネルギーを高める方法は、【女性性が高い人の特徴に答え有】女性性を高める方法は実は「一つ」をご覧ください。

 

エネルギーが強い女性 まとめ

本当に能力に優れ、価値が高く、エネルギーが強い人は、少しエネルギーが強い人の後ろで目立たず微笑みます。

それは真に自信のある人が、謙虚に人に道を譲りながら隅を歩いているようなものです。

大和撫子とはどんな人なのでしょうか?

そんなことを教えてくれるエネルギーが強い女性。女性性の高さと男性性とのバランスは大和撫子の本質を見せてくれます。

エネルギーの強さには女性性が欠かせません。

人類の生存に関しては女性の性別が欠かせませんが、自分をはっきりさせ、敬い愛して生きる上では、女性の性質が欠かせません。

男女性それぞれの役割があり、サブになるのが男性性。トリガーであり、女性性の真の力を導き出すスイッチとなります。

これを二人で共同して行う人もいますが、エネルギーが強い人は一人でします。

誰しも内部には男女性両方があり、如何に育み向上させるかは本人次第。そのための日々が私達には既に与えられています。

草食男子は草が好きな訳ではありません。女性性が元々多いので、活用しない手はありません。

自信のない女性は女性性に対する抵抗が多く、受容がなくなっている可能性があります。

抵抗を取り外すためにも大いに買い物して、好きなものを食べて、自分を中点にするために欲を使い、自らを包容するように思いやりましょう。

もし女性性の偏りで悩みが多い場合には、行動し、与える精神を学び、調和するために他と関わり、バランスを取られてください。

人生は美しい女性の時空間。

人間の性質は男女二元化。それは陰陽思想と同じで二元化の一元論に繋がっており、それぞれの役割を上手に使うとエネルギー増し増し。

そんな男女性の理解がお役立ちできれば幸いです。

それでは、エネルギーが強い女性のお話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

著名な心理セラピストとして知られる、西澤裕倖(にしざわひろゆき)先生とのカウンセリング機会。
自己理解を深めて悩みを解決する個別相談、心理セラピスト養成講座を開催中。
【今なら追加特典プレゼント中!】
※無料プレゼントのお受け取りはこちらからどうぞ。

POSTED COMMENT

  1. ちっち より:

    いつかお会いすることがあったら
    ジャッジしてくださいね(笑)

    • 北斗 より:

      ありがとうございます。
      ジャッジはわかりませんが、感じさせてください。
      フィーリングー。

  2. ちっち より:

    自覚は無いのですが、そうみたいですよね。(^_^;)
    女性性が強く、そこに男性性も混じることで
    ”色気”が出てくるようですが、
    こういう見方は知らない方も多く、上手く文章にすることが
    私は苦手です(苦笑)
    北斗さんはとてもそれらが上手で才能です。
    とても素晴らしい特徴です!
    また素敵なお話楽しみにしてます。

    ちっち

  3. ちっち より:

    素敵な記事です!
    女性性が強いと言われるちっちより。
    →本人は全く自覚がありません(^_^;)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。