スピリチュアル

変な人が寄ってくるスピリチュアルと心理|気を使うと変に好かれる、変にね

変な人とは実は変な人ではないかもしれません。

男性でも女性でも、「変な人に好かれるなぁ、フゥ」と落胆や溜息をつく場合、近寄ってほしくない人がコソコソしています。

近寄ってほしくない、シッシと手のひらで風を送られる人には共通の特徴があります。

そんな特徴を知ると、変な人が寄ってくる人や変な人に好かれる人にも、ある共通の特徴が判明します。

すると、実は自分自身で変な人を寄せ付けていると気付くかもしれません。

ここでは、変な人が寄ってくる理由と原因を、心理とスピリチュアルにて明らかにしていきます。

理由と原因を知ることで、変な人が寄ってこなくなる方法がわかりますので、気楽な内容と共に、自分自身を理解する内容として役立つことを願います。

変な人が寄ってくる

変な人とは

「そもそも変な人とは何者?」と思われるかもしれません。

変な人とは、実は最高です。

自分を明確に持ち、楽しみと喜びを主体に生き、他者に干渉しません。

攻撃性を持たず人の意見を尊重し、個という一人一人の存在を敬い、自分をとにかく大切にします。そして、他人に興味がなく、自分の世界に入り込んで楽しみます。

変な人と一緒にいると楽しい生き方が共有され、とても心地良くノーストレスで面白いです。

そのため、変な人から寄ってくる場合は、あなたが変な人という可能性しかありません

変な人が寄ってくるなんて、とても良いことです。

しかし、変な人が寄ってくることを困り、疲れ、嫌がる場合、それは癖の強い人や怖い人。

言い方を変えると、「ヤベぇやつ」です。

※変な人についての詳細は、変人と言われる場合の明確な捉え方|変わっている人には基準がある をご覧ください。

 

寄ってくる変な人とは

寄ってきて困る、癖の強い人、怖い人、ヤべぇやつを、全て「変な人」としてお伝えします。

変な人が寄ってきてお困りの場合、あなたは狙われています。

変な人とは満たされない人であり、自分を満たすために寄り付き、満たしたらポイッとします。

ポイッとは全くしそうにない人でも、仲が親密になると別人になったりします。

我欲の解消、「この空虚感を満たしてほしい」「認めてほしい」「褒めてほしい」「自分のためになってほしい」とエゴを持ちます。

それは、「私物化できる」「この人といれば周囲から認められる」「偉そうにできる」「愛されて満たしてもらえる」「自分のために使える」などと、関わりを持つことで、自分の肯定材料にする目的を持ちます。

寄ってくる変な人は自分のために利用できる人を狙います。

変な人が寄ってくる際は共通して、肯定材料となる承認欲求と、存在価値を見失わない目的を持ちます。

そのため、好きで寄ってきていたとしても愛はないかもしれません。愛がある場合には、寄ってこられても“心地良い感覚”になります。

変な人が寄ってきて困る場合には心地良さではなく心地悪い感覚があり、エゴがあることを意味します。

このことから、寄ってくる変な人とはエゴにて我欲を持ち、蜜を吸い取るように他者から利益を得ようと狙う人です。

 

変な人が寄ってくるのが嫌な理由

変な人はエゴを主体に、自分のために利用できる人を探します。

そんな変な人に、心地悪さや嫌悪感を持つことには明確な理由があります。

それは、あなたが強い人だからと考えられます。

強いとは、肉体でもメンタルでもなく”心の意志の強さ”のことで、恐怖に負けない強さです。

変な人とは言うなればハイエナです。

利用価値のあるターゲットを見定めるために観察し、いけると思ったらよだれを垂らしながら、「ヘイヘイ彼女、俺とお茶でもばびろうぜ」と訳の分からないことを言ってきます。

人を利用して自分の利益を得ようとするのは、意志が弱い人の典型です。

変な人は意志が強い人には向かいません。そのため、寄ってくる場合には弱いと思われている可能性があります。

意志が強いのに弱く見られることで寄り付かれると、確実に合わない人同士の関わりとなり、嫌悪感や心地悪さや不調和を感じます。

一切関わることのない人同士が関わり、意志が強いのに弱い人から利用されるという、正常には起き得ない状況によって嫌悪感が一層強まり、「この人嫌だ」と思う理由になります。

同時に嫌になる理由がもう一つあります。

 

感受性が強いとエゴのある人が苦手

変な人が寄ってくる人は感受性が強い特徴があります

そのため、エゴによる心地悪さを一緒の空間に居るだけで感じ取ります。

変な人が寄ってきても本気で困っていない人は心地悪さを感じません。さらに、同じように利用する目的があれば同調が起き、相互利用にて心地悪さを感じません。

しかし、困る場合には人間性の同調は起きておらず、エゴに対する反発を表します。

感受性が強い人は、愛を持ちます。

愛の反対はエゴ。そのために反発しやすくなります。

さらに愛のない一方的な関係を欲していないので、愛のない人間性や在り方を感じると、「近寄るな」と思うかもしれません。

しかし、「近寄るな」とは言いません

ここに変な人が寄ってくる理由があります。

 

変な人が寄ってくる理由

変な人が寄ってくる場合、「気を使う」がキーワードになります。

変な人側の目線で見ると、[気を使う人=気が弱い人]だと認識します。
中身まで見る認識力はなく、弱そうで利用できそうな人を見定めます。

言い寄られた時に控え目や我慢すると、変な人はここぞとばかりに付け上がります。

ここで顔面にグーパンチしてやりましょう、というのは冗談ですが、気を使う人は自分のために気を使います。

気を使うと、本当は強かろうがなんだろうが弱くなろうとし、さらに自分を隠そうとします。

真意と行動のギャップを作り、内側と外側が別人となるように矛盾が作られ、それはエゴを作ります。

気を使うことで自らエゴを増やし、変な人は自分と同じエゴのにおいを嗅ぎつけます

行動や言動としても“弱さ”に見えるので、弱い人を求める人にとってはかっこうの餌食となります。

気を使うことが”本意”であれば弱さには見えません。

しかし、心から自ら望んで気を使っていない場合にはエゴとなり、弱さの表現となり、弱さを利用して漬け込む人が入る隙間を懐に作ります。

そんな人間性に、変な人が寄ってくる心理とスピリチュアルな理解が潜みます。

※気を使う人の詳細は、気を使う人は嫌われて疲れること必須?│改善は気の使い方説明書で をご覧ください。

 

変な人が寄ってくる原因

変な人が寄ってくる人の心理

気を使うことは何も悪いことではありませんが、もし変な人が寄ってくる場合には、ある思いを持っている可能性があります。

それは、「自分が困りたくない思い」です。

これはエゴを作る原因となる思考です。

変な人は弱い人、または弱く見える人のみを狙います。

弱く見せなければ好かれることも寄ってくることもないのですが、相手のことを考えているようにして自分を考える場合、気を使う行為はとても有効的です。

言い方を変えると、気を使うことで人を利用し、自分が納得できます。

  • 「きつく言うと嫌な思いをさせてしまうかもしれない」
  • 「断ると悲しませてしまう」
  • 「はっきり言えない」
  • 「相手に悪いと思ってしまう」

これらは全て相手のための優しさや思いやりではありません。自分が嫌な思いにならず、困らないという利益になる行為です。

ここには、否定されることを恐れる心理があると考えられます。

気を使うのは、気を使わないことで嫌悪感を出されたり、自分が否定されることを予測するためで、そこには過去の記憶があります。

幼少期まで遡りましょう。

小さな頃、親や兄弟姉妹、教師や知人からいろいろ言われてきました。
それは押し付けであり、強制であり強要。

自分を出すことができず、自分のままであることを否定されてきたかもしれません。

言われた通りにすることや、自分を出さないことを善とすることで、自分を隠していきます。

押し付けや強制は自分そのものを間接的に否定する行為で、子供はそれをモロに感じます。

否定される恐怖心を抱え、自分を出さずに否定されない方法が人を気にしながら生きる術となり、それが気を使う状態です。

「困らないため、否定されないため」など、納得や満足のために気を使うことで、変な人が寄ってくる原因となります。

 

気を使って困るのは、見合っていない合図

気を使っても何にも困ることはありません。日本では気を使わないほうが不利益かもしれません。

しかし、気を使うことで変な人が寄ってくるなど、何かしら困る現実が起きる場合、良かれと思った行為が自分に合っていないことを教えてくれます。

理由は、愛を持っているからです。

気を使うのは自分のためでもありますが、同時に愛を持ち、人を敬う人間性を表します。

  • 愛があるからこそエゴを自ら生み出すことに違和感を感じ、苦しみとなる
  • 愛が少なければ気を使っても何の違和感も感じないので、人それぞれに必要な行為

この話の焦点は、自分の在り方と行為が合っているかどうか、すなわち、真意と行動に違和感や矛盾を生み、強いのに弱いと思われて、変な人が寄ってくる原因を自ら作っているかどうかです。

変な人が寄ってくる人は愛があり、本当は強い意志を持っているが弱い自分としての生き方を持ち、自分も他者も嫌な思いを感じないようにしたい気持ちがあることで気を使い、弱い振り、または弱いと思い込み、決め付けをしてしまいます。

これは、過去に自分がされたことを、今自分にも周囲にもしている意味です。

変な人が寄ってくる原因には心理としての過去の記憶があり、思い込みと決め付けにて意志を見出せず、「周囲に迷惑をかけないことが善」という無意識の強要があります。

※電車内で変な人と遭遇する話は、電車は変な人の巣窟か楽園か?怖い変な人と遭遇する理由と対処法 をご覧ください。

電車は変な人の巣窟か楽園か?怖い変な人と遭遇する理由と対処法電車はその土地、風土、文化、国民性がよく表れる場所。 海外を旅していると、そう思わざるを得ないほど、電車内の人の過ごし方や在り方は...

 

変な人が寄ってくる スピリチュアル

変な人が寄ってくるスピリチュアルな理解

変な人が寄ってくる仕組みには、“引き寄せの法則”があります

同じ波動の同調や、潜在意識下にて求めることを寄せ付けます。

波動とは、万物全てが有するエネルギーの元となる振動エネルギーのことで、感情や想い、心理や精神状態など、存在する私達の現状表現として常に発されるエネルギーであり、オーラです。

波動には同調性と共鳴性があることから、同じ波動同士を引き寄せて水のように混ざり合う習性があります。

すると、高波動な人はポジティブな自分の状況に見合った現実が引き寄せられ、低波動な人はネガティブな状況が引き寄せられ、変な人が寄ってきたり、変な人に好かれる現実が起きます。

※波動の詳細は、自分の波動を知る方法│波動とはエネルギーであり存在の源であり自己表現 をどうぞ。

変な人が寄ってくることで困り、ネガティブな状態になる場合には、波動が低いことを意味します。

自らが低い波動を発することで同じ波動を引き寄せ、否定や批判、愚痴や泣き言が多くなっていきます。

自分の波動が低い場合、変な人を自ら引き寄せてしまう。

 

自分の鏡写しにて変な人が引き寄せられる

スピリチュアルとは別に、脳の認識による引き寄せがあります。

起きている現実のどこに着目して認識するかが、脳内にある認識をそのまま鏡のように目の前に広げる仕組みです。

変な人が寄ってくる場合、「うんざりする」という思考があったり、「変な人が嫌い」「言い寄ってくる人が苦手」「関わりたくない人がいる」などと思っていることを、そのまま現実として認識させます

 

潜在意識から変な人を求める情報を引き出す

さらに、潜在意識の反映による現実引き寄せにて、変な人を求めている可能性もあります。

自分の意識には顕在意識(脳内情報、短期記憶)と、潜在意識(想念による感情と情動のある記憶、長期記憶)と、スピリチュアルな超意識(宇宙全体のワンネスの意識)があります。

潜在意識は直観やひらめきをもたらす情報源で、自分の理解として蓄積された記憶があり、経験と知識の知恵と同時に、脳内の長期記憶となった情報が蓄積されます。

膨大な情報量を持っていて、潜在意識は自分の記憶の90%以上あるとも言われます。

潜在意識に呼びかけることで無意識に現実を引き寄せる仕組みがあり、自分が何度も求めていることや、心から欲する情報を引き寄せます。

変な人が寄ってくる場合、「自分を利用されたくない」「関わりたくない」「嫌な人」という思いを繰り返し抱くことで、「利用されたくないと思える現実」として実際に利用される現実を引き寄せます。

さらに、「関わりたくないと思う現実」として嫌な人が現れ、「自分を認めてほしい」「嫌われたくない」「否定されたくない」という思いを抱き続けることで、変な人から自分が求められたり、好かれたり、気を使って否定されずに済む現実が起きます。

無意識に引き寄せて現実として反映されるもので、常に頭の中にあることほど、引き寄せられるというものです。

以上が、スピリチュアルな理解による変な人が寄ってくる仕組みです。

※知らない人に話しかけられて利用される時は、【実はオーラ出てる!】知らない人に話しかけられる見えざる影響力 をご覧ください。

【実はオーラ出てる!】知らない人に話しかけられる見えざる影響力私達人間のコミュニケーションには、会話という音や、面々の表情だけではなく、感情の出し入れ、誤魔化しや演技の内情、行為や思考による雰囲気が...

 

変な人を引き寄せない方法

これまでの内容から、最後に変な人を引き寄せない方法をご覧ください。

もし、ご自身に合う方法があれば、ぜひ取り入れてみてください。

変な人を引き寄せない方法①:引き寄せている自覚

変な人を引き寄せないためには、どうして変な人が寄ってくるかの理解が最も大切です。

今起きている現実を受け入れることで次のステップに入りますので、これまでの話に思い当たる節があれば、自分が引き寄せていると自覚することで変な人は寄ってこなくなります。

この仕組みは、“自分を受け入れる”ことがポイントです。

受け入れは許しであり、自己の敬いです。変な人がどうとかは一旦ポイッと置いておきます。

自分としての存在にフォーカスをして、自分として生きることに集中します。

すると波動が変わります。

受け入れる行為には必ず愛が必要で、自分を愛して(敬い)大切にする意識を持つことで、波動は少しづつ高くなっていき、変な人の波動域から離れます。

変な人と波動の同調が起きなければ、引き寄せられることがなくなります。

 

変な人を引き寄せない方法②:気を使わない

気を使うことが自分を弱く見せ、狙うハイエナを寄せ付けます。

それは変な人の好む香水をつけて呼び寄せているようなイメージですので、香水をハイエナに投げつける、というのは冗談ですが、香水つけるのを止める感じ。

気を使う行為は波動がとても低いので、周囲の人に気を使わせます。

そのため、気を使うことを止めると周囲の人は喜びます。自他共にストレスフリー。

そして、変な人は嫌がります。

「演技しなければならない」「常に周囲を気に掛ける」というストレスがなくなり、本来の自分として関わる余裕が生まれます。

すると、弱く見えなくなります。
『弱く見せる香水』がなくなることで、クンクンしていた変な人は、「あれっ、どこ行ったの?!」と寄ってくることがなくなります。

 

変な人を引き寄せない方法③:意志を持つ

変な人は弱い人を狙いますので、強い意志を見せつけることで二度と寄ってこなくなります。

強さがなくても、“自分として生きる意志”を持つことで、変な人は自然と寄ってこなくなります。

自分として生きる決意をすることで気を使わず、誤魔化しもなく、周囲の目を気にして、体裁や偽善の取り繕いを必要としません。

それは、他者からの反応のために生きていたことを表し、他者への干渉を止める意味であり、「真実を見ずに誤魔化している自分」の自覚となります。

自分を主観にして主人公は自分、全ては自分を中心にして物事を認識します。

これは自律と主体性を意味し、自らが自らのことを喜ばそうとすることで意志を持てます。

すると波動は高まり、活力的で元気が出て、変な人とはさようならです。

 

変な人を引き寄せない方法④:自分の意見を持つ

自分として生きる際には自分の意見が必ずあります。

そのため、意見を持つことで意志を持つことにもなります。

自分の意見を持つ際には、肉体の感覚を感じ、頭で考え、心の気持ちを組み合わせます。

それは創造性であり妄想でもありますので、楽しくて喜びのある遊びのようです。

さまざまな情報を組み合わせることで自分の意見を作ることができるので、周囲の意見も何も気にせずに自分だけの認識を持つことに繋がり、自分の世界を持ちます。

波動も認識も変わり、自信と自尊がもたらされ、本来の強い人ならではの状態となり、変な人が引き寄せられることはありません。

※自分の意見を持つ方法は、自分の意見がなくても凹まない|いつでもどこでもできる考える方法 をご覧ください。

 

変な人を引き寄せない方法⑤:楽しい時間を増やす

最後の変な人を引き寄せない方法は、シンプルに楽しいと思うことをします。

リラックスでも喜びでも嬉しさでも、自分が楽しいと思えることです。

私であれば、虫を観察して話しかけることだったり、木を触ることや風を感じること。

これは人それぞれに全く違うので、気楽に考えての行動が大切です。

頭の中を楽しい思考にしたり、認識を変えることで潜在意識とのアクセスを変えて現実の引き寄せを変えることが目的で、そのためには、楽しいと思える時間を増やすのが重要です。

一日一回楽しい時間を五分設けます。その時間を必ず毎日味わい、休日はお金を使ってでも楽しいことをします。

仕事後は行きつけのカフェに行ったりと、その時間を少しずつ増やすと波動が高まり、引き寄せる内容も脳の認識も変わります。

物事への意識が変わり、変な人を引き寄せることはありません。

※楽しいことの探し方は、楽しいことがわからないのは見つける場所が違う│楽しいの意味が教える自分 をご覧ください。

楽しいことがわからないのは見つける場所が違う│楽しいの意味が教える自分楽しいことだけ考えて生きられれば、どれほど気楽で素敵なものか。 「それができたらねぇ」と過去の私は常々言っていました。 まし...

 

変な人が寄ってくる、引き寄せる まとめ

以上が、変な人が寄ってくる理由と原因、変な人を引き寄せない方法についてでした。

「自分を認めてほしい」「否定されたくない」「困りたくない」というのは変な人が持つ思考と同じですので、変な人と同調して引き寄せているかもしれません。

変な人が寄ってきて困る場合には、発している波動や認識や潜在意識へのアクセスが本意ではなく、自分としてのものではないことを教えます。

それは、本当は自分には意志があり、強さを持ち、そして大きく愛を持つ人である意味です。

愛を強く大きく持っていなければ、エゴに反応したり、起きている現実に困ることはありません。

なぜならば、起きている現実は例外なく全て自分が引き寄せて現実化しているからです。

そこに不調和があれば、関わる人や場所を変えても同じ現実がどこでも起きるので、自分を切り替えることで目の前から変な人はサーといなくなり、同じ空間にいても変な人は寄り付かず、不思議と関わらなくなります。

ここでの内容が自分を見つめる機会となれば幸いです。ぜひ、変な人との時間を終わらして、自分のために楽しく気楽にしてください。

本当の変な人とは凄く良い人ですので、ぜひ関わってみてください。

それでは、変な人が寄ってくる理由と原因にある心理とスピリチュアルについての話を終了します。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

【忘れていた人生の合図を電子書籍にて販売中!】

ふざけた人生哲学 幸せはムニュムニュムニュ

サラリーマンだった人間がおかしくなる。森での変人化計画と全貌。

一人での森生活、襲ってきた熊は忘れていた大事なことを思い出させてくれました。

自分を探し出す物語。自分を見失い、人生に疑問を抱き、違和感を感じる時こそ、本当の自分を見つけ出す変貌ストーリーが始まります。

自分らしく人生を生きるための経験と知恵を詰めた哲学を、小説として読む内容。

興味を感じた方は、ぜひ始まりの合図を受け取られてください。それはムニュムニュしています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です