人それぞれ

本当に優しい人に強い秘密がある|好かれも嫌われもするサポート役

優しい人には、愛がある、モテる、人が寄ってくる、動物に好かれる、素直と、さまざまに特徴がありますが、世の中には本当に優しい人がいます。

それは動物にでも植物にでもなく、対人への優しさを持ち、人との関わりにて見出される意味での、“本当に優しい人”です。

優しい人は何に対しても優しいのですが、本当に優しい人は人としての優しさを持ち、それは人同士でのみ理解して伝わり合う優しさです。

ここでは、本当に優しい人が必ず持っている“強さ”から、本当に優しい人の特徴と意味をご覧ください。

“本当に”の意味がわかる、“人だからこその優しさ”があり、動物に優しい人との大きな違いがあります。

人に対してだからこそ与えられる優しさを理解することで、人それぞれに本当に優しい人になる方法が見えてきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

それでは、「本当に優しい人とは何者か?」にある強さの秘密を見ていきましょう。

 

本当に優しい人とは

優しさとは人を敬う気持ち

優しい人が持つ“優しさ”とは『人を敬う気持ち』にて起きる行動に表れます。

それは、言い方を変えると『愛』という言葉になります。

優しい人は愛を持って人に接し、動物に接し、植物に接し、物に接しと、全てを敬いますので、対人関係も物持ちも良く、あらゆるものに囲まれます。

そんな優しさを持つ人は『優しい人』となりますが、『本当に優しい人』となる際には、優しさが“人から理解できるもの限定”と括りが作られ、動物や植物や物などの人以外を対象にした優しさとは異なります。

そんな本当に優しい人の優しさに目的は一つだけです。

優しさの一つの矛先に、人に対する全ての優しさが集約されている“大きな優しさ”となります。

それは、“幸せ作り”をサポートして、自ら幸せを作り出せる人になるための協力と助力をする優しさです。

 

本当に優しい人は幸せ作りのサポーター

本当に優しい人とは、人を敬う気持ちの矛先が、「目の前にいる人が、自分自身で自らの幸せを作り出せるようにしてあげること」に集中します。

そのため、人と接する際の優しさは、完全に接している人のためだけとなり、その人の成長を促すことに協力をします。

動物や植物に与えることのできない優しさ。
人にのみ優しさとして理解される“本当の優しさ”にて、接する人を敬う。

 

自分で喜びを作り出すためのサポートとガイド

幸せ作りのサポートをして、さらに、幸せを作り出せるようにガイドをします。

言い方を変えると、自ら喜びを生み出し、幸せを作る力を得てもらえるように、人それぞれの“自己の成長”を促します

幸せや喜びは人それぞれに違うので、優しさがその人のためなのかどうかは、優しさを受ける側にしかわかりません。

しかし、“愛”を持って接することで「心地悪い」と感じることはなく、愛のある人を敬う気持ちを持って関わることで、「心地良い」と感じることしかありません。

ですが、「心地良いことが果たして何になるのか?」というのが、人だからこそ持てる概念で、愛を一方的に与えることが人としての成長とは限らないことを含めた優しさがあります。

例えるならば、高級マッサージを受けて、「はぁ、天国♪」となることが、自分にとってどんな利益があるのかということで、一時的な快楽や満足になりますが、マッサージを受けることで、心地良さから数日するとまた受けたくなります。

その時にマッサージ屋がなくなっていたら別の店舗に行き、そこがなければ別の店舗へと続き、マッサージというビジネスがなくなった場合、別のことで自分を満足させようと、別の娯楽に走ります。

それは終わることのない欲望の世界へ入り、娯楽のために生きることとなります。

ネガティブにお伝えしていますが、そこに何も悪いことはありません。しかし、本当に優しい人は、「もしマッサージ屋がなくても自分で満足できるようにしてあげる」という気持ちを持ち、自分で喜びが作れるようにサポートとガイドをします

 

人の成長を促す

自ら喜びを作り出すことは、自分以外の他者や物質や周囲の環境を利用することで自分に喜びをもたらしてもらうのではなく、いつでもどこでも時間も場所も関係なく、自分がいれば喜びを作り出せることです。

それは、喜びや幸せを作ってもらうのではなく、作り出すことであり、受信的から発信的になることを意味します。

コンサートのオーディエンスとしてお金を払って楽しませてもらっていた状態から、ステージに上がる側になることです。

しかし、人の成長は人それぞれなので、観客のために演奏をする必要は一切皆無で、自分だけで楽しんだり、友人やパートナーを呼んだり、知り合いだけ呼んで聴いてもらっても、人のためにやっても、何でも自由です。

発信者となるために、“自己の成長”を促す協力と助力をするのが、『本当に優しい人』。

※本当に優しい人の持つ本当の愛がありますので、本当の愛とは無関心と紙一重|真実は生易しくない全てを包み込む宇宙 をご覧ください。

本当の愛を持つ人の特徴とスピリチュアル|無関心と紙一重な親愛の真実愛にはさまざまなルール設定をすることで、人それぞれに差や価値を付けることができます。 「あぁ、愛しの Mi Amor」とは、親愛な...

 

本当に優しい人の特徴

本当に優しい人のポジティブな特徴

本当に優しい人が人の成長を促すためには、自分が確立されている必要があり、自分が既に満たされている前提があります。

そこに、他者を敬う気持ちが生まれるので、初めに自分を心から愛しています

そして、人の成長をサポートして発信者となれるようにガイドするためには、さまざまな経験と学びを自らがする過去が必ずあり、多くの克服を乗り越えて今の姿として本当に優しい人になります。

人の成長を促して自らが喜びを作り出せるように促す優しさには、人間性や在り方の特徴が表れますので、本当に優しい人の特徴を順番にご覧ください。

 

1、人をよく観察して、相手の意見を聞く

人を敬う優しさを提供する際に、自分の我欲の解消で優しくして満足するわけではないので、優しくする目の前の人が“どういう人なのか”を観察して理解しようとします

相手を理解した上で、わからないことは直接意見を伺って理解を深め、最終的に真意としてその人のためとなる優しさを提供します。

 

2、人のために厳しい叱りも叱咤激励もする

人の成長のために行動をすることで、頭を撫でて甘やかすことではなく、人それぞれの人間性を理解した上で、厳しいことも、誰もが言わないことも言い、叱ります。

あくまで愛を持って人のためを想って叱り、さらに人によって励ましのために“叱咤激励”をします

  • 叱咤激励・・・強く励まして奮い立たせること

嫌われることもありますが、そういった役回りも成長に繋がるのであれば買って出ます。

 

3、長い目で俯瞰的に物事を観る

人の成長をサポートするためには、その人自身を知る必要があり、人間としての成長を促すので、「その場その場をどう凌ぐか」ではなく、俯瞰的に眺める意識があり、先をよむ力があります。

叱ることでその場では嫌われることもありますが、最終的には本人が自分のためになる気付きがあり、叱ってもらったことが成長に繋がる機会となるように、全ての点が線になるように物事を観ます。

 

4、自分が優しい自覚がない

「優しさを提供しています」という意識がなく、あくまで自分の喜びのため、または役割などとして、“人が成長して喜ぶことが自分の喜び”という人間性を持ちます。

そのため、心から自分のためとなり相手のためとなる一石二鳥な優しさとなり、誰もが得をする在り方です。

自分が満たされているがために他者を敬える前提があるので、自分を認めてほしい、褒めてほしいという自己肯定に繋がる材料を欲せず、優しいかどうかを気にしない特徴があります。

 

5、感受共感性が強い

本当に優しい人は、『エンパス』という特性があり、“敏感性”“感受性”“共感性”の三つを持ち、感覚に敏感で、他者の感情や心情を感じやすく、他者の気持ちを読み取り共感することを無意識にします。

そのため、人の痛みや辛さを感じ取りやすく、理解することができるので、人のことを敬う気持ちを強く持ちます。

※エンパスについての詳細は、エンパスの特徴は全部自意識の強さ|感受力にスピリチュアルな不思議 をご覧ください。

 

6、自分の意見、人の意見を尊重する

自分を確立していることで自分の意見を持ち、一人一人が持つ個々の世界を尊重します。

自分の世界や意見を尊重すると同時に、人の世界や意見を尊重するので、優しさの提供が、統一的な「みんなが喜ぶこと」という概念を持たず、目の前の人にとっての喜びを敬います。

そのため必ず、「あなたはどう思う?」と人の意見を聞くことをします。

 

7、押し付けと決め付けを持たない

自分の意見を主張せず尊重するので、他者に押し付けをすることがなく、さらに思い込みや決め付けにて、相手を一方的に判断することがありません

そのため、観察をするのですが感覚や感性にて感じ取って理解することを優先するので、思考的に相手を読み取ったり理解しようとしません。

言い方を変えると、脳で理解するのではなく、心で理解しようとします

 

8、動物や人が好き

動物や人と接することが好きで、生き物として喜びを求める意識があるものと接することを好みます。

成長を求める意志のある人を好み、自ら喜びを与えられるようにあえて関わろうとします。

同時に動物や子供や自然などの思考のないものを好み、心を主体にしている生き物と接することを好み、その際は開放的に自分をあらわにします。

※動物が知っている優しい人は、動物に好かれる人の特徴に見えない秘密|心地良さを放つオーラと落ち着き をご覧ください。

動物に好かれる人の特徴に見えない秘密|心地良さを放つオーラと落ち着き人に好かれる人に理由があるように、動物に好かれる人にも理由があり、それは人間以上に明確な特徴が表れます。 動物に好かれる人には共通...

 

9、生き物や物事への線引きがなく、重要度の大小がない

本当に優しい人は差別や区分けがなく、上下左右に分ける見方がありません。

人も動物も同じで、虫も植物も同じように敬います。

生き物や物事に対する重要度のレベル分けもないので、全てをフラットに見て、思考的に大切なもの、不要なもののタグ付けをせず、全てを同じように関わります

そのため、人と同様に物を大切にする特徴があり、物持ちが良く、同じ商品でも他の人よりも何年も使用でき、50年前の洗濯機、パソコンの買い替えがないなど、寿命の長いものが身の回りに多いです。

 

10、貰い物や助けてもらうラッキーが多い

人を助ける同様に助けてもらうことが多く、さらに貰い物が多いというラッキーな特徴があります。

困ることがあると、結局困らないことが同じように起きて、以前より恵まれていたり、新しい能力が付いて成長したりと、何かしらプラスへと繋がります

自然と貰い物の食べ物で溢れたりする幸運者です。

 

11、悪意なく口が悪い

本当に優しい人は、さまざまな経験を経ていることから、苦痛も苦悩も乗り越えてきており、心が汚れてエゴに覆われていた経験を持ちます

その上で、物事の差別も区分けもなく、自分を確立して自分の世界をもって物事を観るので、「ネガティブが悪い、ポジティブが良い」という思い込みも決め付けもなく、口が悪く言葉遣いが悪いことへも偏見がありません。

そして、過去のエゴに覆われていた際の名残りもあり、悪意なく汚い言葉を使います

遊びとして汚い言葉を使用する概念もあり、言葉遊びをする特徴もあります。

 

12、経験値が高く、恐怖を克服している

本当に優しい人は過去の経験の幅が広く、特に辛いことや苦しい経験が過去にあります。

その経験にあるのは共通して“恐怖”であり、恐怖を既に克服している特徴があり、物事を“受け入れる力”を持ちます

恐怖をも受け入れており、目の前のあるものをただそのままに受け入れて認め、怖いと思う自分もそのままに、怖くないと思う自分もそのままに、そして怖がる人を成長させるサポートとガイドへ繋がっていきます。

 

13、自己受容が強い

わかりやすい特徴となるのが、自己の受け入れが強いことで、同時に、肯定への興味がありません

自己受容としてあるがまま、そのままの今の自分を受け入れると同時に、他者も受け入れます。

しかし、肯定という、他との比較を基にする、「認める」「褒める」「評価する」「価値判断する」という概念が自分に対しても、他者に対してもありません。

自分のことは自分で受け入れることで認め、過去の自分や他者や社会性と比較して認めることはまずしません。

 

14、一人は尊敬する人がいる

本当に優しい人は、一人以上の自分が思う“本当に優しい人(または強い人)”がおり、その人を尊敬します。

尊敬する人の存在があることで、よりモチベーションとなり、他者に優しくする気持ちを抱き、優しさを失うようなことがあっても、その人を思い出して自分を奮い立たせる糧としたり励ましにする、とても大切な存在との関わりが過去にあります。

 

15、一人の時間を大切にする

本当に優しい人は自分を確立していることと、恐怖を乗り越える経験を持つことで、自然と一匹狼のように過ごすことがあります。

さらに、リーダーや団体を統括する立場になることが多いことで、一人で行動することも多く、一人でパッパと済ましていきます。

自分を大切にする意識を持っていることからも、集団での時間が多くても一人でいる時間を設けて、自らを見つめたり、ぼーっとする時間を大切にします。

以上が本当に優しい人に表れる特徴です。

良いように見える特徴があると同時に、欠点として見られる特徴も少なからずありますので、そちらもご覧ください。

 

本当に優しい人のネガティブな特徴

本当に優しいことで、それが欠点に見られる特徴もいくつか表れます。

 

1、常識が理解されないことがある

自分の世界を持って、さらに人の世界を尊重するので、物事の見方がフラットです。

常に線引きも差別も区分けもしないので、平等に人に接しますが、社会的な意見よりも何より優しさを提供する人を主体にするので、一般常識として理解されない言動をすることがあります。

例えば、動物と人を全く同じように尊重するので、命の重さも全く同じです。それは道でカラスがさようならでも、家族でも同じです。

常識が理解されないことがあり、“冷酷”に見られることがあります。

 

2、ネガティブな人に厳しくなる

本当に優しい人は自分自身が過酷な過去の時間にてネガティブな人として生きていた時間があります。

そして、その状況を克服してきたので、必ず“強さ”を持ちます

すると、過去の自分と同じようにネガティブな状態になっている人と鮮明に同調するため、「しっかりしろ!」という具合に、叱咤激励として厳しく奮い立たせる傾向があります。

しかし、その人を俯瞰的に捉えて尊重するので、あくまで優しさとして若干厳しさが加わるような状態です。

 

3、口が悪いので怖がられる

先入観や外見で判断する人には怖がられる傾向があります。実際に関わることで誤解は解けるのですが、関わる前の評価が低いです。

以上が、本当に優しい人のポジティブとネガティブな特徴です。

※本当に優しい人は人の心配をしません。偽善の優しさについては、他人の心配ばかりする人の心理と演技│心配なんてできない真実 をご覧ください。

他人の心配ばかりする人の心理と演技│心配なんてできない真実他人の心配をする行為は、人をおもい気にかける優しさのように見えますが、本質的な中身には全く違う意味があります。 人を心配する気持ち...

 

本当に優しい人は強い

強さが本当の優しさを生み出す

本当に優しい人の“本当”は、あくまで人にのみ認識できる解釈としての意味があります。

そのため、動物に接する際に本当に優しい人である必要がなく、動物に、「こんなんじゃ、50ⅿ走で世界一をとれないぞ!」と叱咤激励しても、「は、はぁ、そうですか…汗」となるかもしれません。

本当に優しい人となるためには、人を理解している前提があり、そのためには自分を確立して理解しています。

その“自分を知る”ために必ず強さが必要でして、強さとは“恐怖に負けない意志”のことです。

 

恐怖に負けない意志を持つことで強い人になる

強い人とは、筋肉量や忍耐力の肉体や精神の強さではなく、『心の強さ』となる、自分を確立する意志を持ちます。

それは、自分の恐怖に対峙して負けないことで、打ち勝とうとすることはなく、あくまで負けないことに意味があります

負けない意志は勝ち負けの概念を持たず、恐怖があればそれを受け入れ、恐怖がなければそのままという、“恐怖の受け入れ”にて克服をした意味です。

 

心の強さとなる“恐怖に負けない”、“自分の確立”、“敬いの愛”

本当に優しい人が強い理由に、次の三つがあります。

本当に優しい人の心の強さとは
  • 恐怖に負けない
  • 自分を確立する
  • 人を敬う愛

エゴに苛まれていた過去の経験が大切となり、恐怖に負けて自分を見失う経験を持ちます

そこから、自分を奮い立たせる経過があり、最終的に自分を知り、恐怖を克服することで自分への愛を知り、他者を敬う愛を知り、本当に優しい人となる流れがあります。

心の強さを持つことで、人それぞれを尊重して成長を促すサポートをする力を得て、ガイドをしながら人に優しさを提供することで、優しさを貰う人は愛を持って自分を大切にし、それは他者を愛して敬う成長へ繋がります。

その際に、自分を知り、自らが喜びや幸せを作り出せるように優しさにて協力するのが、本当に優しい人です。

※本当に強い人が持つ強さがありますので、本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿 をご覧ください。

本当に強い人の特徴はシンプル。肉体もメンタルも超越した地球の姿強さには人としての強さ、動物や虫などの生物の強さ、植物や自然としての強さなど、それぞれの世界の強さとなるものがあり、それは求めるものでは...

 

人に優しい人と動物に優しい人の違い

本当に優しい人は人にも動物にも同じように接するので、共に優しさを与えます。

しかし、人に対してのみ、“成長を促すための協力サポート”としての優しさを与えるので、本当に優しい人が人に優しいのと、動物に優しいことに違いが生まれます。

 

人に優しい人は人に感謝を抱かせる

人に優しい人の特徴は、人を嬉しくさせることです。

嬉しさには感謝の気持ちが含まれ、「ありがたい」と思えることを優しさにて提供します

そこには思考が含まれ、「自分のためになった」「自分の利益になった」と思えることをしてもらう優しさにて、感謝を抱きます。

その際に、“最大の利益”となる“自らが幸せを作れるように成長する”ことを与える優しさとなり、大きな嬉しさからの感謝の気持ちをもたらします

 

動物に優しい人に厳しさは不要

人間とは違う動物に成長が必要かどうかは人間が考えることではなくなります。

動物には安心感を与えることで動物に優しい人の特徴が表れ、愛の敬いに厳しさが不要になります。

そのため、人に優しい人と動物に優しい人には違いが表れ、動物に優しい人に強さは必要ありません

強いことに越したことはないかもしれませんが、わざわざ持つ必要はなく、強さでなく愛からの安心感を与えることで、動物に好かれる人となります

※動物に優しい人の特徴については、優しい人のスピリチュアルは動物が教える|人を想うと思うの違い をご覧ください。

動物が教える優しい人のスピリチュアル|人を想うと思うの違い優しさを持つ際には演劇が始まる思考舞台と、自分を敬ったスピリチュアルな自己表現があり、人を想うのか、人を思うのかの違いが明確に表れます。...

 

本当に優しい人は猫に好かれる傾向がある

動物には人としての強さを持って接することは必要ないのですが、本当に優しい人は猫に好かれる特徴があります。

それは、猫が好きになる理由に“強さの波動”があるかどうかを判断していることと、猫は強さを持つ人と一緒にいることに安心感を覚えるためです。

本当に優しい人は動物に好かれる特徴がありますが、その中でも特に猫と鳥に好かれる特徴があり、そこには動物本能と習性にある、“防衛本能”“攻撃性のない強さからの安心感”を求める特徴との合致があります。

また、本当に優しい人は自分が確立されて恐怖を克服していることから、一人で過ごす時間を大切にします。そこが猫と似ていることで共鳴が起きて猫に好かれる反応があります。

※猫に好かれる人の特徴については、猫に好かれる人と嫌われる人の秘密|波動と人間力から私達はいつも獲物 をご覧ください。

猫に好かれる人と嫌われる人の秘密|波動と人間力から私達はいつも獲物猫を観察すると、感覚機能と本能に忠実に行動をしていることがわかります。 ペットとして人と関わることの多い猫には、野生との違いや犬と...

 

本当に優しい人が強い理由 まとめ

優しい人が持つ特徴には共通して“敬いの愛”があります。

優しさにはさまざまに愛の与える形があり、敬いや安心感を与える愛、相手に喜びを与え利益を与える愛、嬉しさを与えて感謝を抱かせる愛、そして、自ら幸せになる力を与えられるように協力してサポートすることでの愛があり、本当に優しい人の特徴と他の優しさとの違いを明確に表します。

本当に優しい人は自分が確立されていることから、一人で過ごすことに違和感がなく、恐怖を受け入れていることで他者の成長を一緒に育み、ガイドする意識を抱きます。

それは、リーダーとして全体を統括して俯瞰する力となり、本当に強い人としても全体や一人一人を理解して能力発揮を促します

そこには、強さから他者に与える絶対的な安心感があり、存在自体が優しさとなる、人間性から人に認識される“本当の意味での優しい人”の正体となります。

全員に必要なものではなく、動物に優しい人のように強さを必要とせず、愛のある敬いや喜びを与える優しさは、素直さ、謙虚さ、思いやりとして大きな優しい人の特徴になります。

どんな優しい人でも必ず愛を持ちます。そこには共通して、“自分を愛する”前提があり、その上で人に優しくなれる結果となります。

本当に優しい人が周囲にいる際には、ぜひ助力を貰い、自らが優しさを抱けるようになる意志を持って接してみてください。

本当に優しい人はそのような成長を求める人を好み、一緒に成長をするためにサポートをしてくれます。

そして、本当に優しい人となる方は、ぜひ強さを養って人々のために、それは自分のためにという前提を忘れずに愛を与えてください。

そのように人と人が関わり、お互いの喜びとなり成長となり、影響し合いながらの共存や協調の世界となることを願い、本当に優しい人は強いという話を終了します。

役立つ内容であれば幸いです。
それでは、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です