人それぞれ

いつも笑っている人の過去に笑顔を作る心理|人間には正当な企みがある

ニコニコ笑っていることと、眉間にしわを寄せて怪訝にしていること、明らかに笑顔の方が人のためになり、自分のためにもなります。

しかし、いつも笑っている人は怖くて気持ち悪くて、何を考えているかわからない不気味さがあり、あまり良い印象を周囲に与えません。

笑顔を作る本人はいたって真面目に、一生懸命、自分のために笑顔を振りまいて生きる対処をしています。

そんないつもニコニコ笑っている人、一体何者なのか?

笑顔であることは良い印象を与えるものですが、いつも笑っている場合には良い印象を与えません。

ですが、笑顔であることには大きな効果があり、作り笑顔をすることには心理と過去の影響があり、特異な特徴が見られます。

いつも笑っている人を紐解くことで真意と心理にある大切なことが判明しますので、作り笑顔をする人とされる人のお互いの理解が育まれることを願い、特徴と心理の詳細をご覧ください。

いつも笑っている人の心理

いつも笑っている人の心理

ニコニコと笑顔を振りまき、平和な雰囲気をご提供。

そんな自分に違和感がなければ、そのように良き影響を周囲に与え、良い印象を持たれ、周囲から好かれます。

そんなことができる人は愛に溢れ、他者が喜ぶことが自分の喜びという慈悲と慈愛があります。

こんな生物、なかなか存在しません。

ですが、いつも笑っている人は日本には多くいるように思えます。

なぜ?愛の国?ジャパン?

いえいえ、そんなことはありません。冷え切ったストレス仮面社会、恐怖に飲み込まれ、苛まれる現実逃避国家ジャパンです。

愛に溢れた天使ではなく、いつもニコニコ笑顔な人とは何者なのでしょうか?現実的な人でしょうか?

笑顔とは表情の一つですので、無表情も同じく表情の一つです。

そのため、無表情だろうが笑顔だろうが怒りの鬼顔だろうが癒しのジジババ顔だろうが余裕のプライド顔だろうが、どれも同じ表情です。

どんな表情でも状況と状態に見合っていなければ、怒りながら笑っている人を見ているような違和感になり、何を考えているのかわからない怖さや気持ち悪さを周囲に与えます。

笑顔であればネガティブな印象は与えにくそうに思いますが、不思議で違和感を与えるのは、”いつも笑顔”ということです。

それは、いつも無表情、いつも怪訝顔のように、どんな表情でも奇妙さを醸し出します。

そんな表情の使い方に奇妙さを持ついつも笑っている人には、作り笑顔をする心理があります。

 

いつも笑っているのは嫌な思いをしないための対処

世の中とはとても面倒なところです。

さまざまなことを思考しながら過去と未来を行き来して、現実を見ない生き方をしている場合、目の前の人を見て、ありもしないことや勝手なことをあれこれ考えます。

そのため、表情一つで色々言ってきます。

笑顔だったら何か言い、怒れば何か言い、表情をなくせばこれまた何か言い、「一体何顔が欲しいんだい、あんた」と。

さらに、顔が綺麗だからブサイクだから、肉体が、ニキビが、傷跡が…一生終わりません。

常にあれこれ詮索するようにあれ見てこれ見て、ああ考えてこう考えて、めんどくせぇめんどくせぇ。

世の中の見方は人それぞれですが、そのように世の中を認識して、そのように面倒な人に囲まれている場合、なるべく深く関わらず、浅い関係を当たり障りなくする対処を考えたくなります。

それが、”いつもニコニコあはははは”です。

笑顔にはポジティブな印象が社会的にルール付けされているため、笑っておけば面倒な詮索がパターン化され、人の行動が予測でき、関わり方が整理されます。

人との関わりが容易になり、無用な揺さぶりがなくなります。ようは、「めんどくせぇ」と思うことが減ります。

 

いつも笑う人は人が怖い

作り笑いをする人の心理には、人との関わりに対する恐怖があります。

そのため、人との関わりにネガティブな印象が強く、「嫌な思いをするのではないか」という前提予測をして関わります。

人を怖いと思う心理から、人との関わりは初めからマイナススタートです。

なるべく人とは関わりたくはないのですが、社会のルールに従わないとこれまた批判や排他や攻撃をされることで嫌な思いをするので、常識人として生きて恐怖を味わわない対処が既にあり、当たり障りなく人と関わる制限を設けます。

そのため、好んで関わるとすれば危害を加えない人やペット、虫や自然となり、攻撃性のない人や無用な詮索をしない純粋で何も考えない人になります。

 

いつも笑っている人は頭が良い

過去の環境にて心理状態が作られます。

そのため、恐怖を抱える人間性には過去の理由があり、記憶があり、できるだけ嫌な思いをしないように生きる術を持ちます。

それは何も考えず、天真爛漫にあはははは、という能天気や幸せハッピーさんとは違い、生き血を吸い、反吐を吐き、階段からつき落とされるような過去の経験からの生き方であり、自ら生み出した対処法としていつも笑顔を作ります。

そんないつも笑っている人は、何を考えているかわからない印象を与え、人前ではニコニコしているのに、一人の時には無の中の無、スーと音が流れ、気付くと鳥肌になるような顔を携帯片手に携え、「見ぃたぁなぁ」と見てはいけないものを見たような気分にさせる。

見られてしまうのは少し詰めが甘いですが、ニコニコさんは頭が良い人です。

人との関わりの対処としていつも笑顔を作りますが、笑顔とは口角を上げて目を薄めたら完成ですので一瞬で作れます。

それは写真を撮る時に誰しもがしていることと全く同じです。それを人前でするだけですので、行為としては何もおかしいことはなく、笑顔を使用することで自分の望む、当たり障りなく、嫌な思いをせずに、物事を穏便に平和的に流すことができます。

嫌な思いをするとすれば、「なんかいつも同じ顔だね」「別の顔できないの」などのレパートリーの少ない反応をされるのみなので、対処も容易になります。

いつも笑って笑顔というのは完全に”対処法”なので、自分の望む関わり方を作る頭の良い考え方です。

 

いつも笑っている人のタイプ

いつも笑っている人といっても誰しもが同じような人ではありません。

当然、過去の環境があり、生活模様があり、人との関わりがあり、人生の歴史があります。

そのため、人それぞれにいつも笑って対処しようと思うきっかけや動機がありますが、笑顔を使用すると決めた人にはタイプが大きく二つに分類されます。

いつも笑っている人のタイプ

  • 弱気なニコニコさん・・・嫌な思いや恐怖を味わわない対処のために笑顔を使用する人。嫌なことがないゼロ地点が喜びで、ネガティブな精神状態の陰系(-)。
  • 強気なニコニコさん・・・我欲が強く、自己肯定するために人を利用する。自分にとっての利益を得て、自己価値を認識するために笑顔を使用するポジティブ過多の陽陽系(++)。

喜びに対する意味合いが両者全く異なり、弱気な陰系は恐怖を味わわないことが喜びで、マイナススタートからフラットになることが喜びの受け身です。

強気な陽陽系はチャクラ開き過ぎ状態で空回り、自己承認欲求にて自己価値を見出してそれを認識することが喜びであることから、他者を利用して周りが見えなくなる空転系です。

強気でいつも笑っている人は、笑顔の使い分けが極端で、周囲に裏表を見られようが気にしません。

自分の利益を得る対象には何があっても笑顔を振りまき、獲物をゲットするように行動し、利益が得られないとわかればあからさまに笑顔を使用しませんので、捕っては捨て、捕っては捨てを繰り返す人です。

タイプは異なりますが、共に恐怖への対処として笑顔を使用している共通点があり、自分にとっての喜びのために使用する”笑顔=アイテム”的な捉え方がある。

 

いつも笑っている人の特徴8選

ニコニコさんの概要をお伝えしたところで、次はより詳細を紐解くために特徴をご覧ください。

1、人への恐怖心が強い

一つ目は上記でもお伝えしました、人が怖いという心理状態です。

過去の経験から、人の攻撃性や排他性、毒性や危険性を知っており、なるべく人と親密な関わりを持たないように身を守る慎重さを持ちます。

そのため、人と関わらないように距離を取るか、人を物のように認識して自分のために使用する餌にするか、人間に対して両極端な見方をします。

 

2、理論派

計算式を用いて、常識やルールを方程式のように使用します。

そのため、笑顔を対処法として使用し、笑顔の使いどころ、見せ所、割合を理論的に考えて使用します。

ですが、本当は感覚派である深層心理があり、恐怖のある人間性から理論派になっている状態でもあるので、作り笑顔に慣れてくると理論も何も考えていなかったりします。

 

3.観察タイプ

いつも笑っている人は観察タイプの人間性や性質を持ちます。ポケモンみたいです。

周囲の洞察力や認識力が高く、人や状況を観ることが得意です。

そのため、人の情動や心情を感じやすく、繊細で傷つきやすく、他者には理解できないことでも感じ取る感受性が鋭いです。

鷲や鷹のように全体や一人一人の観察力が高いので、他者に比べて情報量が多く、無用なことまで認識してしまうことで人との距離を取りたくなります。

 

4、人に興味がない

そんなに人と関わりたいと思っていません。

そのため、できるだけ距離を取るか、または自分の利益のために利用するかになります。

人への良い印象が強くないために、自然と興味がなくなる過去があります。

 

5、自分の喜びを大切にする

誰でもそうですが、自分に辛い思いを課すことを拒みます。

いつも笑っている人は特にその意識が強く、我慢や忍耐に違和感や嫌悪を半端なく抱きます。

そのため、そのような経験をさせられることで人を嫌いになります。

その真相には自分を大切にする意志が強くあり、嫌な思いを自分にさせないためにも笑顔でそつなく事が過ぎるように対処します。

 

6、自分を偽る決意が強い

過去の経験にて、自分らしさの解放を完全に止めています。

そこには、確固たる強い決意があり、鎖で何重にも縛り付けたドアが心の奥底にあり、印を張って絶対に開かないつもりです。

それを押し通すためにも、人の内側の話や、深い話になることを避け、人の内情を知る気もないし興味もない。

自己表現がとても苦手になります。

 

7、優しい人

笑顔を選ぶことには真意があります。

人それぞれに表情は使い分けていますので、いつもイライラしている顔や、怪訝な顔、クールな装い、魚の死んだ目、不思議な雰囲気顔…など、多種多様にこの世には顔が準備されています。

その中でも”笑顔”という他者に良い印象を与え、悪い印象を与えない顔を選ぶことには深層心理としての本性が表れます。

そこには、当たり障りない顔という解釈もありますが、攻撃性のない真意があり、平和的で落ち着きのある状態を好む優しさがあります。

 

8、元々愛を持つ

笑顔を選ぶ大きな理由は、愛を持つ人だからです。

笑顔を作って振り撒く状態は、元々愛があったけど今はないことを意味します。

そのため、愛を欲する心理から笑顔を選び、人に嫌な印象を与えたくないと同時に、嫌われたくないと思います。

それは、「嫌な思いをさせないから私にも嫌な思いをさせないで」という恐怖への対処でもあり、「嫌わないで愛をちょうだい」という思いでもあります。

以上が、いつも笑っている人の特徴でした。

 

いつも笑っている人の過去

ここから、いつも笑っている人の過去を含めて、さらに紐解いていきます。

いつも笑っていると言われる

「なんだかいつも笑っているね」と嫌味で言われることがあります。

これは実は当然のことです。

なぜならば、作り笑顔が通用するのは、自分のことしか考えないで他者の存在を認識しないトンチンカンか、無能な豚野郎は言い過ぎましたが、自分の話だけして人の話を聞かないような人間のみです。

そんな例外を除いたほとんどの人は、誰しもが”違和感”を感じます。

なぜならば”笑顔”とはポジティブなものであり、高波動を発する振動を持つ行為だからです。

波動は振動数として行為や状態に対して自分から発され、無意識でも誰しもに伝播します。

そうとうな無神経以外には、偽りの作り笑顔は”違和感”としてネガティブな低波動が伝わり、「目の前には笑顔があるのになんで違和感を感じているんだろう」と少しでも引っ掛かる人には速攻ばれます。

すると、作り笑顔をされる側は嫌な気分になり、いつも笑っている人によって味わわされているので防御します。防衛本能です。

言い方を変えると、作り笑顔とは攻撃です。

 

いつも笑っていると言われるのは無意識に攻撃しているから

“作り笑顔”を振り撒くことは”気を遣う”ことと同じで、気を遣うことで目の前の人に低い波動を発し、「気を遣ってんだからわかれよ」「話しかけないで」などの真意を伝えて、逆に気を遣わせる行為になります。

無意識ですが、気を遣うとは気を遣わせる行為ですので、自分のために他者を利用する行為です。

作り笑顔とは気を遣う行為なので、目の前の人に無言のプレッシャーを与えます。

いつも笑っている人は人が怖いので一方的に被害者意識を持っています。そのため、自分が攻撃や迷惑をかけているとは微塵も思いませんが、実際には自分の思っていることとは全く違うことを相手に与えているのが事実です。

そのため、いつも笑っていることで与える違和感は、相手に防衛本能を駆り立てさせる無意識の攻撃となりますので、言いたくもなります。

いつも笑っていると言われる発言の内訳実情

「あなた、いっつも笑っているね」=「ちょっとあんた何なの!違和感与えてエネルギー奪ってんじゃないよ」

止めてあげてください。

 

いつも笑っている人の過去

笑顔を使用して対処しながら生きていきます。

本当はそんなことしたくありません。その行為が一番面倒です。

しかし、それを長年続けていくと仮面が定着して、無意識にいっつも笑顔になります。

私がそうでした。

いつも笑っている顔はアイテムであり”仮面”です。それはお祭りで買ってきて、そのまま夏休み気分で大人になった、というのは冗談ですが、過去に受けた心の傷にて仮面を付けました。自分の意志でです。

その過去があることで人を恐れるようになります。

 

過去の記憶が仮面を作る

仮面を被るようになる記憶はおそらく誰しもが持ちます。

日本という環境で社会性を持って生きていくことは、仮面を被らせる常識やルールがあります。

さまざまな世代が入り交じる社会では、常識や価値観の認識が違う人々が関わり合い、幼少期や生育過程にある教育や洗脳があるため、仮面を自然と被り、自分を守る対処を人それぞれにします。

そんな中でも、笑顔を選んで仮面を付ける人は、観察力があることや優しい人間性が基盤にあることで、自己防衛のために強く自分を偽る決意をします。

そんな決意をさせる過去の記憶には、人を恐れる攻撃や批判、過干渉による存在否定、価値否定、言い争いのある生活環境を何とかしようとした記憶や、怒りや悲しみの多い環境での自己防衛や他者救済としてニコニコ仮面を選びました。

そこには、当時の周囲の人に笑顔を与えて平和にしたかった優しさがあり、自分が犠牲になって解決しようとした慈悲があり、怒られないために笑顔で言うことを聞き続ける”良い子”でいようとした過去があります。

いつも笑っている人は優し過ぎました。人を思いやり過ぎました。愛を持つが故の優しさです。

※いつも笑う自分が作られる恐怖心については、恐怖との関わり方が重要|正体を知るとわかる恐怖必要説 をご覧ください。

恐怖との関わり方が重要|正体を知るとわかる恐怖必要説あはははは。楽しくて無我夢中、ワクワクしたからジャンプしてみたら、それは崖だった。 同じことに対して、恐怖を感じる人と感じない人が...

 

過去は一瞬で終わる

そんな過去があり、今があります。

しかし、いつも笑顔でいるのは自分のためです。

それを自覚して笑っていれば、周囲に違和感を与えることはありません。

しかし、過去の傷の対処として、自分の本意なく対処のためにやむを得ず笑顔を使用している場合、それは自分の思考と行動のギャップを作り、低い波動を発して自らの違和感の在り方を伝播させます。

過去の傷に囚われることで、今の自分の対処がブレ、自分のために周囲の人を利用することになり、そんな人間性が本当はないことから心苦しくなります。

しかし安心してください。

いつも笑っている仮面は長年付けていると自然と定着するような気がしますが、実は一瞬で取り外せます。

愛のある人と関わるとその仮面は一瞬で取れます。

それは、子供や動物などのありのままの存在です。

ありのままの自分で接してくる存在は、一切の攻撃性なく自分を一人の人間としてしっかり認識してくれます。

子供や動物、また、障害者と言われる人やダウン症の人など、心を持って純粋に自分として生きている人達と関わることで、自分の正体が一瞬で見えます。

見えると真意を自覚できます、仮面が良いのか悪いのか。悪いとしても対処として使用したいのかしたくないのか。

自覚して意志を持って行動することで自分の中で作り出す違和感がなくなり、周囲に嫌な印象を与えることがなくなります。

いつも笑っていることはとても良いことです。

自分の行動を認め、余裕があれば過去の記憶を認めることで、囚われることもなくなります。

違和感を自分の中で作らないことが大切で、「仮面を付けていつも笑っていることはアイテム使用中」と自覚して、自分で選択していることを認識することで、仮面の取り外しが可能です。

※笑顔を適当に使うためにも、自分を表現できない人の特徴と改善|苦手ならしなくていい本当の意味 をご覧ください。

自分を表現できない人の特徴と改善|苦手ならしなくていい本当の意味自分を表せなくても表したいと思える好きな人や、尊敬する人がいれば、その人には自己表現をしようとします。 それ以外の人、親でも兄弟で...

 

いつも笑っていることの良さ

最後に、いつも笑っていることの良さをお伝えして終了します。

この世は仮面社会であり、偽りジャパンサイコーとはよく言われたものです。

まぁ、そんなことは誰も言っていませんが、仮面を被ることに何も悪いことはありません。

自己防衛である自分を大切にする意志によって行われており、さまざまな仮面がある中でも”笑顔”を選ぶことにはとても素敵な人間性があります。

私自身仮面を被っていましたが、元々無表情が素の状態にニコニコ仮面を付けました。

作り笑顔だとしても、子供や動物と関わる時には素の無表情が出て、嬉しければもちろん笑顔になります。

そんなことを考えると、笑顔だろうが無表情だろうが素敵な素顔があろうが、大切なことはどれだけ”自分を守るか”への意識だと思います。

自分のために作り笑顔でいつも笑っているので、それを自覚することは開き直りではなく、自分のためになる良いことです。

さらに笑顔なので、周囲に違和感を与えなければ喜びを与えられます。自覚次第で真逆のものになります。

それならば、自分のためだと明確に認識して、作り笑顔のアイテムを使用する。

それが、自分のためにもなり周囲のためにもなる良いことだらけです。

そんな良さがいつも笑っていることにはあり、自覚と活用次第で悪い印象がいっきに変わります。

作り笑顔をされる側にとっても、いつも笑っているニコニコさんの実情や内情を知ることで、より関わりが容易になります。

関わりたくない人であれば関わる必要はなく、そこに干渉する必要はありません。また、直接言ってあげることもできます、「作ってるんなら、自分のためにニコニコするといいかもね」と。

それは悪意ゼロの干渉ではなく敬いとして、優しさを持って伝えることが大切です。

「わざわざ伝える必要はないでしょ」と思いきや、笑顔を選択した人間性を活用して、違和感を出さなければ最高の幸せマスコット誕生に。

お互いの理解が生まれると、より気楽で面倒のない人間関係が生まれます。

私達人間はそんなに面倒ではなく、結構良い感じの存在かもしれませんよ。

 

いつも笑っている人 まとめ

いつも笑っている人には過去があり、心理として笑うことを選択した記憶と人間性があります。

みんな誰しも仮面を被りたいものです。

「そんな中でもどうしてその仮面を被ったのか?」「どうして笑顔を選んだのか?」を知ることで、人間同士の詮索ではなくお互いのためになる共有や協調が生まれます。

フィルターを取るためにも自分のためにいつも笑っていることを自覚すると物事は真実の姿として見え始めます。

それは何かが変わったのではなく、フィルターを取ったということです。

その時にわかると思います。世の中はそんなに嫌ではないことを、嫌な人も関わりたくない人もいるけど、凄く素敵な人もいることを。

いつも笑っている人も、いつも笑っている人を見る側の人も、共に作り笑顔を理解することで、良い人間関係がお互いのために作られていきますよ。

そんな大切な存在である、いつも笑っている人についての話でした。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です